メインメニューを開く

ぺそら漬け(ぺそらづけ)とは、野菜ナスを漬けた漬物である。

概要編集

ナスをに付けて色を抜いた後に、唐辛子でナスを本漬けしたものである。山形県の北村山地域の名産として知られ、発祥は北村山郡大石田町とされる[1]。何回もナスを漬け替えるところから"まめ漬"とも呼ばれる[1]

歴史編集

ぺそら漬けの誕生の由来はいくつか存在する[2]

  1. 大石田に住んでいた嫁がナスをすぐ漬けずにの水の中に放り込み、数日後に見るとナスが脱色して白っぽくなっていた。脱色したナスを唐辛子と塩で漬けたことから誕生した。
  2. の漬物の材料はナスしかなく、普通の漬け方では保存することがきでず、唐辛子と塩を使って船中食とし、それが広まった。
  3. 舟運に積んだナスが、大石田町を流れる最上川の水を被って色落ちしてできた。
  4. 最上川が氾濫し、水を被った結果ナスの色が抜けてしまった。そのナスを処分するのはもったいないとのことから、唐辛子などを入れて漬けた。

ぺそら漬けの名前の由来は、食感がぺちょらっとしていたところからとされる[1]。"ぺそら"の言葉の意味としては、も素気もない食物のことを差し、水がしみ込むこと、柔らかくなることも総称してぺそらと言われる[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 味よしぺちょら(ぺそら漬け) 山形県大石田町発祥”. さくべオンラインショップ. 2017年2月16日閲覧。
  2. ^ a b 山形新幹線 沿線の旅路