ほっとないとHOKKAIDO

北海道放送のテレビ番組

ほっとないとHOKKAIDO』(ほっとないとほっかいどう・Hot Night HOKKAIDO)は、北海道放送にて放送されたテレビ番組である。

ほっとないとHOKKAIDO
ジャンル 情報番組/バラエティ番組
出演者 #出演者参照
製作
制作 北海道放送
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
ほっとないと22
放送期間1986年10月7日[1] - 1987年9月22日[2]
放送時間火曜日 22:00 - 22:54
ほっとないとHOKKAIDO
放送期間1987年10月6日[3] - 1996年3月26日[4]
放送時間火曜日 19:00 - 20:00
(1987年10月6日 - 1992年9月29日)
火曜日 20:00 - 20:54
(1992年10月6日 - 1993年3月23日)
火曜日 19:55 - 20:54
(1993年4月6日 - 1996年3月26日)
ほっとないとHOKKAIDO 快傑調査室
放送期間1996年4月16日[5] - 1997年9月16日[6]
放送時間火曜日 20:00 - 20:54
ほっとないとHOKKAIDO クイズここが考えどこ
放送期間1997年10月14日[7] - 1998年3月17日[8]
放送時間火曜日 20:00 - 20:54
テンプレートを表示

概要編集

1986年10月7日に『ほっとないと22』として放送開始。毎週火曜22時の放送だったが、JNN系列の自主編成時間帯(TBSでは『そこが知りたい』)に放送していたため、1987年10月より19時に時間帯移動となり『ほっとないとHOKKAIDO』にタイトルを改めた。

1992年10月、バラエティ番組「ムーブ」開始に伴い、火曜20時に枠移動。安定した視聴率を獲得していたが、1998年3月をもって放送終了。その後はTBSの同時ネット(『見ればなっとく!』)となり現在に至る。

スポンサーは道内全域向けと道内各局別をあわせたものとなっており、テロップ表示していた札幌局以外の地域では各局毎でブルーバックまたはグリーンバックでスポンサーが表示されていた(TBSからの特別番組による休止の場合の当該時間帯は道内全域向けのスポンサーのみ放送し、道内各局別のスポンサーCMは休止となっていた)。

番組内容編集

「22」時代は「地域密着番組」を謳い文句に放送していた。「HOKKAIDO」になってからは初期は「22」時代同様「地域密着番組」だったが、後に視聴者参加のクイズ番組(電話により解答。当初は「知っTELねっと」というサブタイトルが付いていた)にリニューアル。ちなみに電話をかける条件としては、番号の末尾だけではなく、市外局番にも条件が定まっており、「011の地域(札幌市江別市・広島町(現:北広島市)・南幌町」と「011以外の地域」に分かれていた。なお、電話による解答権は2人までとなっていた。また、正解した場合は「ほっと」「ないと」「HOKKAIDO」と書かれた3つのボックスの中から1つ選ぶが、中に入っている賞品は問題ごとに位置が入れ替わっている(賞品そのものは週替りで登場するが、名産品から家電品まで多種多様だった)。

末期(1996年頃)は『ほっとないとHOKKAIDO 快傑調査室』として視聴者からの依頼を元に様々な謎や疑問を解決する番組が中心となっていた[9]

最末期(最後の半年間)は『ほっとないとHOKKAIDO クイズココが考えどこ』として再びクイズ番組となった。

余談だが、クイズ番組として放送されていた時、「011以外の地域」に解答権がある問題で、スタッフの確認ミスから「011の地域」の視聴者に解答権を与えてしまった。しかも司会・キャスターも確認ミスをして解答を聴いてしまった。その人は正解したものの、クレームの電話が相次ぎ、エンディングで『その時の問題が「011以外の地域」の視聴者に解答権があった』ことを理由にプレゼントの権利を無効にして、視聴者プレゼントに回すという異例の措置がとられたことが一度ある。その後同じようなことが再びあったが、司会・キャスターは住所を書いたメモを見た時点で「この問題での解答権がないんですよ。」と言って電話を切ってもらったという。

放送時間編集

(出典:[10]

放送期間 番組名 放送時間(日本時間
1986.10.07 1987.09.22 ほっとないと22 火曜 22:00 - 22:54(54分)
1987.10.06 1992.09.29 ほっとないとHOKKAIDO 火曜 19:00 - 20:00(60分)
1992.10.06 1993.03.23 火曜 20:00 - 20:54(54分)
1993.04.06 1996.03.26 火曜 19:55 - 20:54(59分)
1996.04.16 1997.09.16 ほっとないとHOKKAIDO 快傑調査室 火曜 20:00 - 20:54(54分)
1997.10.14 1998.03.17 ほっとないとHOKKAIDO クイズココが考えどこ

出演者編集

  • 小川和幸(アナウンサー)「快傑調査室」レポーター
  • 桜井宏(アナウンサー)最末期「クイズここが考えどこ」司会
  • 島森則夫(当時はアナウンサー、現在はニュースデスク担当)中期のクイズ番組と「快傑調査室」司会
  • 藪淳一(当時はアナウンサー、現在は大学講師兼幼稚園理事長)
  • 渡辺陽子(アナウンサー)
  • 沢口孝夫(当時はアナウンサー)「22」時代からの初期
  • 中村浩美(ジャーナリスト) 「22」時代からの初期 
  • 浅野英美(当時はアナウンサー)「快傑調査室」レポーター
  • 卓田和広(アナウンサー)「快傑調査室」レポーター
  • 猪田弘美(当時は大学生、プレゼントガイド)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1986年(昭和61年)10月7日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1987年(昭和62年)9月22日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1987年(昭和62年)10月6日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1996年(平成8年)3月26日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1996年(平成8年)4月16日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1997年(平成9年)9月16日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1997年(平成9年)10月14日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1998年(平成10年)3月17日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1996年(平成8年)4月16日付朝刊、32面。
  10. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1986年(昭和61年)10月 - 1998年(平成10年)3月、テレビ欄。
北海道放送JNN 火曜 22:00 - 22:54
前番組 番組名 次番組
そこが知りたい
(1982年10月19日 - 1986年9月16日)
【同番組のみTBS製作かつ同時ネット】
【6か月中断後、土曜 13:00 - 13:55に移動】
ほっとないと22
(1986年10月7日 - 1987年9月22日)
JNNニュース22プライムタイム(火曜)
(1987年10月6日 - 1988年9月27日)
※22:00 - 22:55
【同番組よりTBS製作かつ同時ネット】
北海道放送(JNN) 火曜 19:00 - 20:00
JNNニュースコープ(火曜)
※18:30 - 19:20
【20分縮小して継続】
やったぜ!加トちゃん
※19:20 - 19:30
ガキ大将がやってきた
※19:30 - 20:00
【以上、3番組ともTBS製作かつ同時ネット】
ほっとないとHOKKAIDO
(1987年10月6日 - 1992年9月29日)
ムーブ三宅裕司のぎゃっぷウォーズ
(1992年10月13日 - 1993年3月23日)
※19:00 - 19:54
【同番組よりTBS製作かつ同時ネット】
番組案内
(1992年10月13日 - 1993年3月23日)
※19:54 - 20:00
北海道放送(JNN) 火曜 19:55 - 20:00
番組案内
(1992年10月13日 - 1993年3月23日)
※19:54 - 20:00
ほっとないとHOKKAIDO
(1993年4月6日 - 1996年3月26日)
バクバクHBC
※19:54 - 20:00
北海道放送(JNN) 火曜 20:00 - 20:54
学校があぶない
(1992年8月4日 - 9月22日)
【同番組までTBS製作かつ同時ネット】
ほっとないとHOKKAIDO
(1992年10月6日 - 1996年3月26日)

ほっとないとHOKKAIDO 快傑調査室
(1996年4月16日 - 1997年9月16日)

ほっとないとHOKKAIDO クイズココが考えどこ
(1997年10月14日 - 1998年3月17日)
見ればなっとく!
(1998年4月14日 - 1999年3月16日)
【日曜 10:00 - 11:00より移動、
かつ6分縮小して継続】
【同番組よりTBS製作かつ同時ネット】