メインメニューを開く

JNNニュース22プライムタイム』(ジェイエヌエヌニュースにじゅうにプライムタイム)は、TBS制作でTBS系列 (JNN) にて1987年10月5日から1988年9月30日まで放送されていたニュース番組である。なお、タイトルロゴ上では『ニュース22プライムタイム JNN』(ニュースにじゅうにプライムタイム ジェイエヌエヌ)と表記された。呼称では『ニュース22プライムタイムJNN』であり、時間短縮のためJNNを省略することがあった。

JNNニュース22プライムタイム
ジャンル 報道番組
出演者 森本毅郎
三雲孝江
中村秀昭
嶌信彦
松宮一彦
制作 TBS (JNN)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年10月5日 - 1988年9月30日
放送時間 月 ‐ 金曜 22:00 - 22:55
放送枠 TBSテレビ系列深夜ニュース枠
放送分 55

目次

概要編集

「報道のTBS」の面子とTBSの社運を懸けて、打倒『ニュースステーション』(テレビ朝日系)を目指してスタートした報道番組である。22時台の放送時間帯(プライムタイム)がそのまま番組タイトルの由来となっており、深夜枠からの脱却や色合いの違いを前面を押し出している。

メインキャスターは、『モーニングEye』のメインキャスターだった森本毅郎(元NHKアナウンサー)と、前番組の『ネットワーク』でもキャスターを務めた三雲孝江(当時はTBSアナウンサー)。サブキャスターにはスポーツアナウンサーの中村秀昭、スポーツキャスターには松宮一彦(いずれも当時はTBSアナウンサー)、コメンテーターには嶌信彦を起用した。

ただ、結局視聴率は『ニュースステーション』には勝てず、またキャスターの森本が「フライデー」に不倫現場を報じられ暫く謹慎する、スポンサーのリクルートコスモスリクルート事件に関連するなどミソがついてしまったこともあり、僅か1年で放送は終了。その後はJNNニュースデスク'88 → JNNニュースデスク'89へと衣替えするもこれも視聴率は低迷したことで、僅か2年でTBS系列は22時台のニュース番組から撤退することになる。

当初、本番組のキャスターには黒柳徹子の起用が予定されており、所属事務所からも了解を得られていたが、黒柳のキャスター就任のためには同じ生放送である『ザ・ベストテン』の司会はもとより他のレギュラー番組を全て降板せねばならないことや、仮にキャスターになったとすると常に久米宏と比較されて見られることに黒柳本人が難色を示したため、この話は流れてしまった[1][2][注釈 1]

また、当時朝日新聞社員だった筑紫哲也にもキャスター就任の打診があったが、朝日新聞傘下であり『日曜夕刊!こちらデスク』などで筑紫と関りの深いテレビ朝日が「引き抜きだ」としてTBSに猛反発、さらに筑紫本人も打診に前向きな姿勢を見せてしまったことから朝日新聞社内に波紋を拡げてしまい、遂には朝日・TBS両社のトップ会談[注釈 2]にまで発展したが、TBSが「無理押しは出来ない」と折れたことで立ち消えになった。この件がきっかけで筑紫はニューヨークに転勤、駐在時の1989年夏にTBSからの再度の打診を受け入れ朝日新聞社を退社、同年秋から『筑紫哲也 NEWS23』がスタートすることとなる[3][4]

出演者編集

メインキャスター(アンカーパーソン)
  • 森本毅郎(元・NHKアナウンサー)
  • 三雲孝江(当時・TBSアナウンサー、前番組『ネットワーク』から続投)[5]
サブキャスター(アシスタント)
スポーツキャスター
コメンテーター
ゲスト
レポーター

本番組のスタートに影響された主な番組枠編集

放送時間編集

平日 22:00 - 22:55(JST

  • ただし、水曜日と金曜日はナイター中継が延びた場合は最大30分遅れで開始することがあった。
TBS系列 月 - 金曜最終版のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
JNNニュース22プライムタイム
(1987年10月5日 - 1988年9月30日)
JNNニュースデスク'88
週末深夜より枠移動・改題
TBS系列 月 - 金曜22:00枠
JNNニュース22プライムタイム
(1987年10月5日 - 1988年9月30日)
JNNニュースデスク'88

参考文献編集

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。全国書誌番号:20288703NCID BA56123428OCLC 58532591
  • 筑紫哲也『ニュースキャスター』集英社〈集英社新書〉、2002年6月。全国書誌番号:20314470ISBN 4-08-720145-7NCID BA57253123OCLC 52093544
  • 山田修爾『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年12月25日。全国書誌番号:21536803ISBN 978-4-7897-3372-4NCID BA88930929OCLC 294938588
  • 中島清成『無名記者の挽歌』中央公論新社、2009年10月。全国書誌番号:21690360ISBN 978-4-12-004075-7NCID BA91856890OCLC 462791059
  • 黒柳徹子『トットひとり』新潮社、2015年4月。全国書誌番号:22584297ISBN 978-4-10-355007-5NCID BB18586983OCLC 1012741988

注釈編集

  1. ^ なお、黒柳は久米の厚意もあって『ニュースステーション』に数度ゲスト出演していた(自身のユニセフ親善大使としての活動報告や告知のため)。
  2. ^ 朝日側は一柳東一郎社長、TBS側は諏訪博会長(共に役職は当時)。なお諏訪は当番組の開始を決断した人物である。
  3. ^ 21:00 - 22:54。火曜20:00に移動し、『ザ・ロードショー』と改題。
  4. ^ 火曜19:00に移動。
  5. ^ 21:00 - 22:54。
  6. ^ 毎日放送制作。土曜23:00に移動し、『中村敦夫の地球発23時』と改題。
  7. ^ ここまで『金曜ドラマ』(一旦中断)

出典編集

  1. ^ 山田修爾『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年12月25日、205-208頁。
  2. ^ 黒柳徹子『トットひとり』新潮社、2015年4月28日、41-42頁。
  3. ^ 筑紫哲也『ニュースキャスター』集英社〈集英社新書〉、2002年6月19日、12-23頁。
  4. ^ 中島清成『無名記者の挽歌』中央公論新社、2009年10月25日、129-131頁。
  5. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。全国書誌番号:20288703。「三雲 孝江…TV「プライムタイム(87)」」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。全国書誌番号:20288703。「中村 秀昭…TV「プライムタイム(87)」」
  7. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、26頁。全国書誌番号:20288703。「松宮 一彦…TV「プライムタイム(88)」」
  8. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。全国書誌番号:20288703。「杉崎一雄…TV「プライムタイム<リポーター>(1987.10)」」
  9. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。全国書誌番号:20288703。「杉崎 一雄…☆87.10 テレビ「プライムタイム」リポーター」
  10. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。全国書誌番号:20288703。「田中良紹…TV「プライムタイム<リポーター>(1987.10)」」
  11. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。全国書誌番号:20288703。「田中 良紹…☆87.10 テレビ「プライムタイム」リポーター」