メインメニューを開く

まつげ: eyelash)は、まぶた(眼瞼)の端に生える体毛日本語の表記にはまつ毛まん毛睫毛などがある。

まつげは眉毛とともにの周辺に特に発達した体毛である。(眉毛はに独特のものではあるが)まつげのほうは、さまざまな哺乳類に生えており、さらにそれ以外の動物でもまつげがあるものがある。

一般的な体毛より太くて長さがそろっており、上下の眼瞼に3〜4列の幅をもって生えている毛で、上眼瞼の方が下眼瞼よりも長い。

睫毛にはなどの異物が目の中に入るのを防ぐ機能があり、上側がより発達するのもこの機能に関連していると考えられている。また(洞毛と同様に)神経系は まつげへのものの接触を感知し反射で眼瞼を閉じるなどの行動が引き起こされる。これは眼球を守るのに役立っている。

目次

人のまつげ編集

 
まぶたを開いて見上げるようにカメラを凝視している時の人の睫毛。下睫毛は細くまばらで、下方に伸びている。上睫毛はやや上向きにそり返り、太く密集しており、この角度からは(まぶたの曲面との関係で)目尻あたりが特に飛び出て見える。
 
やや下方を見ている状態(いわゆる「伏し目」)の睫毛

睫毛の長さは頭髪にくらべてかなり短いが、これはその成長期間が頭髪よりも短いためである[1]

上睫毛はそりかえるように曲がる性質がある[1]。 上睫毛は胎児が9週目の段階で生え始め、遅れて下睫毛が生え始める[1][2] 上まつげは4~5の(不完全な)列で成長し、下まつげは2~3列で成長する[1]。上まつげの本数の平均値は300~400本で、下まつげは100~150本である[1]。上まつげは、10~20本ごとに三角形状の(毛根の)グループをなす。下まつげは下方に、まるで滝のように伸びる[1]

上睫毛は上方に伸び、曲がり、下睫毛よりも色が濃く、長さは長く、密度が高い[1]。下睫毛は、上睫毛よりも細く、軽く、まばら、である[1]。上睫毛と下睫毛の双方は、まぶたが閉じられた時に、互いに絡まったりしないような位置関係になっている[1]

睫毛の長さは、一般に、上睫毛が8~12mmで、下睫毛は6~8mmである[1]。睫毛の成長期間は34 ∓ 9日(つまり人により異なり、平均で34日程度で、短くて25日、長くて44日程度の範囲)であり、生え換わり周期は90∓ 5 日(85~95日程度)である[1]。一日に伸びる長さは平均で0.12 ∓ 0.05 mm(0.07~0.17mm程度)[1]

睫毛の長さの2016年時点でのギネス世界記録は12.4cmで、中国の女性が得たものである[3]

色は髪の毛の色と必ずしも同一とはいえず、髪の毛よりもやや明るめの色になる傾向がある。

まつげの毛包は、眼瞼の脂腺や睫毛腺などのと関係している。

疾病編集

まつげに関する疾病等には主に次のようなものがある。

  • まつげが損失する"Madarosis"という症状がある。
  • 眼瞼縁炎はまぶたの縁の炎症。まつげを損失するケースがある
  • 睫毛重生は、いわゆる二重まつげで、複数の列から生えてきてしまう発育異常の一種である。
  • さかまつげ(「さかさまつげ」とも言う)は、まつげが眼球方向に発育してしまう症状である。まつげの毛先が角膜などを傷つける場合があり、日本では「逆さまの松の木」を絵馬に描き、奉納することにより治癒祈願をした[4][5]
  • 抜毛症・抜毛癖によりまつげを抜いてしまう場合がある。
  • 麦粒腫、いわゆる「ものもらい/めばちこ」は、眼瞼の脂腺や睫毛腺などの炎症によって起こる。

まつげは、プロスタグランジンF2α製剤の外用投与によって、本数や太さや長さの増大が見られることが知られており、美容目的に製剤が開発されている。

化粧・人工睫毛編集

 
メイクアップされたまつげ。

すべての文化に共通とはいえないものの、まつげが長いことが「女性らしさ」とされる文化は多く、人為的に長くまたは多く見せたい傾向があり、化粧もそれを目指すものが大半である。まつげを彩る化粧の発祥は青銅器時代にまで遡り、その時代にはコール(kohl)と呼ばれるマスカラの一種がすでにあった。

まつげの強調は目の強調とほぼ目的を同じにしており、マスカラ、アイシャドーアイライナーなどと組み合わせることによって総合的にアイメイクと呼ばれる。20世紀にはつけまつげがポピュラーになり、1960年代にそのブームはピークを迎えた。近年ではまつげを太く長く丈夫にする効果が期待できるという「まつげ美容液」とカテゴライズされる商品も市場に出回り始めた。

補助的な器具としてはアイラッシュカーラーという、まつげをはさんでカールさせ上方に先端を持っていくことであたかも目が大きいかのように見せ、マスカラのノリを良くする化粧道具がある[6]

いわゆる化粧の範疇からは外れるが、「まつ毛エクステンション」(「まつ毛エクステ」、「まつげエクステ」と略される場合もある)と呼ばれる、自前のまつげに人工毛などを装着し長さや数を増やす方法もある。もともとは髪の毛の技術であったパーマネントウエーブを施す方法もあるほか、植毛を美容整形として行う技術もある。

動物のまつげ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Damkerng Pathomvanich, Kenichiro Imagawa, Practical Aspects of Hair Transplantation in Asians. Springer, 2018年5月, ISBN 9784431565475. p.562.
  2. ^ 「まつげは7週目から8週目の胎児に生え始める」ともされる。
  3. ^ GuinnessWorldRecords"longest-eyelash"
  4. ^ 薬の博物館 『もうひとつの学芸員室-苦しい時の神頼み』
  5. ^ 人と薬の歩み 絵馬「逆松」/さかまつげの治癒
  6. ^ 「ビューラー」はあくまで花王や個人等の登録商標(第635164号の1ほか)であり、商標としてつくられた造語である。

関連項目編集