めぐり逢ったが運のつき

めぐり逢ったが運のつき』(めぐりあったがうんのつき、原題:Cible émouvante)は、1993年フランスコメディ映画2010年イギリスで『ターゲット』としてリメイクされている。

めぐり逢ったが運のつき
Cible émouvante
監督 ピエール・サルヴァドーリ
脚本 ピエール・サルヴァドーリ
エレーネ・セビヨット(監修)[1]
製作 フィリップ・マルタン
出演者 ジャン・ロシュフォール
マリー・トランティニャン
音楽 フィリップ・エデルフランス語版
撮影 ジル・アンリフランス語版
編集 エレーヌ・ヴィアールドイツ語版
製作会社 Les Films Pelléas
Locofilms
M6 Films
フランス2シネマ
Sofica Investimage 4
Canal+
Procirep
配給 フランスの旗 AFMD
日本の旗 アルバトロス
公開 フランスの旗 1993年8月18日
日本の旗 1994年10月29日
上映時間 87分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

概要編集

厳格で由緒正しい先祖代々の殺しの名門家育ちで、エレガントに殺し家業を継ぐ老紳士にフランスの名優ジャン・ロシュフォール。間抜けな弟子にギヨーム・ドパルデュー。女詐欺師にマリー・トランティニャンという顔合わせの異色のライト・ブラックなクライムコメディ。

あらすじ編集

エレガントに殺しを行うヴィクトール・メナール。しかし、彼には殺し屋の名門に恥じないように口煩い母親に厳しく押さえつけられていて、内心は殺し家業にうんざりしている面があった。そんな時、殺しの現場を若者アントニーに見られてしまったが、後継者が必要なヴィクトールはアントニーを弟子にする。ヴィクトールは殺しのノウハウや哲学などみっちりと仕込むが、アントニーはものにはならない。そんなある日、2人はある女の殺害を依頼される。その女は詐欺師のルネだったが、手違いから彼女を逆に悪の組織から守る羽目になる。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ 映画 めぐり逢ったが運のつき”. allcinema. 2013年7月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集