ターゲット (2010年の映画)

ターゲット』(原題: Wild Target)は、2009年に製作、2010年に一般公開されたイギリスアクションコメディ映画1993年フランス映画めぐり逢ったが運のつき』を現代のイギリスを舞台に翻案したリメイクである。2009年11月6日にアメリカン・フィルム・マーケット英語版で初上映された[2]。日本ではビデオスルーとして、2011年12月2日にDVDが発売された。

ターゲット
Wild Target
監督 ジョナサン・リン
脚本 ルシンダ・コクソン英語版
原作 ピエール・サルヴァドーリ
めぐり逢ったが運のつき
製作 マイケル・ローズ
マーティン・ポープ
製作総指揮 スティーヴ・クリスチャン
マーク・サミュエルソン
ジョアン・ストーカン
ナイジェル・トーマス
シャーロット・ウォールズ
ナイジェル・グリーン
フィリップ・マルタン
出演者 ビル・ナイ
エミリー・ブラント
ルパート・グリント
音楽 マイケル・プライス
撮影 デヴィッド・ジョンソン
編集 マイケル・パーカー
製作会社 Magic Light Pictures
CinemaNX
Isle of Man Film
Entertainment Film Distributors
Matador Pictures
Cinema Four
Regent Capital
配給 イギリスの旗 Vue Entertainment
フランスの旗 Rézo Films
公開 イギリスの旗 2010年6月18日
フランスの旗 2010年7月7日
上映時間 98分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 $3,453,043[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

腕利きの殺し屋であるビクターは、ギャングの依頼で詐欺師・ローズの殺害を試みるが、相次いで失敗に終わる。その上、次第に標的であるはずのローズを女性として意識し始めた彼は、ある時彼女を助けてしまう。そして彼は偶然にも事件に巻き込まれたトニーと共に、ギャングたちから逆に追われる身となってしまうのだった。

キャスト編集

先祖代々の殺し屋。生真面目。
詐欺師で泥棒。奔放。
ふとしたことからビクターの助手兼弟子となった青年。
ビクターの母親。殺し屋の家業の存続を懸念。
ギャングのボス。
ファーガソンがビクターの代わりに雇った殺し屋。
ディクソンの間抜けな相棒。
ファーガソンの手下。役立たずのデブ。
贋作師。ナショナル・ギャラリーの絵画修復技術者。

参考文献編集

  1. ^ a b Wild Target”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月1日閲覧。
  2. ^ Wild Target (2009) - Release Info” (英語). IMDb. 2013年7月21日閲覧。

外部リンク編集