メインメニューを開く

ようかんパンは、液状のようかんを用いた菓子パンの一種。

主に、横割りしたコッペパンの間にホイップクリーム(他:カスタードクリームバタークリームなど)を挟み、液状のようかんをエクレアのようにコーティングしたもので、北海道で食される代表的な菓子パンである。

目次

概要編集

ようかんパンは北海道を代表する菓子パンの一つでもあり、その人気は根強い。種類は主に、コッペパンタイプ・ツイストタイプ・ロールパン・正四角形のパンが存在。一時期大手メーカーより全国発売されていたことがあるが、定着はしなかった。しかし近年になって様々なメディアによってようかんパンが取り上げられ、ご当地パンとして人気が急上昇している。新たに商品開発に参入する企業も現れるほどである。

静岡にも同じく「ようかんぱん」という名の菓子パンが存在する。こちらはドーナツ形に形成されたあんパンに羊羹がかかっており、中央部の穴にホイップクリームを詰めたもので、北海道のものと関連性はない。

主な製造メーカーとパン編集

  • ロバパン - 「ようかんドーナツ」:背割りのコッペパンでバタークリームを使用。
  • 山崎製パン - 「サンスネーク」:コッペパンタイプ。
  • 日糧パン - 「ロングスワニー」「ジャンボようかんロール」:コッペパンタイプ。・「ようかんツイスト」:ツイストパンタイプ。
  • HOKUO - 「ようかんちゃん」:独自の形状、サイコロ型のようかんパン
  • セイコーマート - 「ようかん&クリーム」:丸型のパンで横割りしたパンにカスタードクリーム。

逸話など編集

  • その形態から、パッケージが開封された状態で提供されると、チョコレートがコーティングされたチョコレートパンと混同されやすい。騙された経験がある北海道民も多い[要出典]
  • たっぷりチョコ掛けのように見える風貌とは違い、中のホイップクリームのおかげもあり甘ったるさがなく、羊羹部分もチョコほど溶け易くないので(糖分により『ベトベト感』はややあるが)指につくこともない。和洋折衷どらやきなどで、餡どら焼きにホイップクリーム入りが登場しているが、北海道に昔からこのパンがあった分、その珍奇さは薄れたとも言える[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]