メインメニューを開く

A5 (Audi A5)は、ドイツの自動車メーカーアウディが製造・発売する中型乗用車アウディ・A4(4代目)のクーペ仕様として、2007年に公開・発売された。ドイツ南部にあるアウディのインゴルシュタットの工場で生産されたモデルの一つである[1]

目次

初代編集

アウディ・A5
クーペ3.2FSIクワトロ
フロント
リア
販売期間 2007年 -
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
2ドア カブリオレ
5ドア ハッチバック
エンジン 1.8L 直4 DOHC TFSI 160PS/25.5kgf·m
3.2L V6 DOHC FSI 265PS/33.7kgf·m
2.7L V6 TDI 190PS/40.8kgf·m
3.0L V6 TDI 240PS/51.0kgf·m
4.2L V8 DOHC FSI 354PS/44.9kgf·m
駆動方式 FF/4WD
変速機 6速MT、7速DCTCVT
サスペンション 前: 5リンク
後: トライペゾイダル・リンク
全長 4,625mm
全幅 1,854mm
全高 1,372mm
ホイールベース 2,751mm
車両重量 1,535kg
先代 アウディ・80クーペ
アウディ・A4カブリオレ
-自動車のスペック表-

概要編集

4代目アウディ・A4(B8型)からの派生車種である。アウディ・80をベースとしたアウディ・クーペが絶版となった1996年以降、初めての4シータークーペとして2007年にデビューした。そのスタイリングは2003年ジュネーブショーに出品された「アウディ・ヌヴォラーリ」に近く、そのデザインはイタリア人デザイナー、ワルテル・デ・シルヴァ(Walter de'Silva)[2]、もしくは和田智による作品[3]とされる。

エンジンは、ガソリンエンジンが1.8L直4TFSI170PSと、3.2L V6FSI265PSの2種と、ディーゼルエンジンが2.7L V6TDI190PS、3.0L V6TDI240PSの2種の計4種。これらのエンジンは従来どおり縦置きに搭載されるが、その位置は3代目アウディ・A4(2007年モデル)に対し約100mm後方に移動され、重量配分の改善が計られている。新たに設計されたプラットフォームは「MDS」と呼ばれ、2007年8月に発表された4代目アウディ・A4と共通である。

トランスミッションは、6速MTと7速SトロニックDCT)、マルチトロニック(CVT)が搭載されている。

日本での販売編集

  • 2008年2月 - 3.2L V6モデルが発売された。販売のターゲットは「年収1,500万円以上の富裕層」であり、年間販売台数の目標は700台であるとされた[4]
  • 2009年4月22日 - 2.0L直噴ターボエンジンと7段Sトロニックが搭載された A5 2.0TFSIクワトロが追加された。
  • 2009年8月25日 - 2010年モデルより小型ドアミラーとLEDリアコンビネーションランプが採用された。またアウディサイドアシストがアダプティブクルーズコントロールとのセットオプションで設定された。
  • 2009年12月22日 - HDDナビゲーションシステムが標準装備された。

A5 カブリオレ編集

派生車種として、オープンカーであるA5カブリオレが2009年より追加販売された。アウディ・A4(2代目)カブリオレの後継モデルにあたる。

日本市場へは同年7月、3.2FSIクワトロが導入された。価格は784万円からであり、販売の約8割が東京という、都市部偏重の需要予想が明らかにされた[5]。前身となるモデルとしてA4カブリオレがあったが、日本ではモデルサイクル途中の2006年から販売中止となっていた。

2013年より、大相撲本場所の優勝パレードカーとして使用される。名古屋場所以外の5つの場所で使用される予定である[6]

2015年からは千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)のリリーフカーとしても使われている。

A5 スポーツバック編集

ドイツで2009年9月から発売された4ドアクーペであるA5スポーツバックが、日本においても2010年1月13日より発売が開始された。

なお2.0TFSIにSトロニックとクワトロを組み合わせた1グレードでの展開となっている。 価格は575万円である。(Sラインの設定あり)

2代目編集

脚注編集

外部リンク編集