メインメニューを開く

メディアファクトリー新書

メディアファクトリー新書(メディアファクトリーしんしょ)は、株式会社KADOKAWAメディアファクトリーブランドカンパニーが発行していた新書レーベル。MF新書ともいわれた[1]

概要編集

2010年6月29日創刊[2]。 キャッチコピーは「『知る』はこんなに面白い! 」であった[3]

創刊にあたっては、「新書は、何かを学びたい時や新しい世界に触れたい時に読まれる一方で、趣味や娯楽など、遊び心を満たしたい時にも読まれる。新書は、社会や経済の最新の状況を確かめる時に読まれる一方で、恋愛などに活かす目的でも読まれる。このように、新書の守備範囲は非常に広く、様々な用途で読まれている。そうであるならば、もっと自由で、楽しく、大胆な新書を目指そう。これまでにない、新しい「エンタテインメント新書」をつくっていこう」といった思いが発せられた[4]

特徴として、心理学、歴史、アイドル、官能など、大人の知的好奇心を満たす様々なテーマを扱うこと、活字だけにとらわれず、写真やイラスト、漫画などを豊富に使用するなど、わかりやすさを重視すること、執筆陣は、大学教授、ジャーナリスト、医師、漫画家など、様々な分野の第一線で活躍する専門家であることの3つが挙げられていた[4]

2010年12月から、電子書籍版の発売も開始していた[5]

2014年、『[図解]電車通勤の作法』(田中一郎)が第4回エキナカ書店大賞を受賞していた[6]

2015年2月新刊より、KADOKAWAの他の新書レーベルだった、角川oneテーマ21(角川書店ブランドカンパニー)、角川SSC新書角川マガジンズ ブランドカンパニー)、アスキー新書アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー)と合わせ、レーベル名を角川新書に統一した[7]

創刊ラインナップ編集

創刊ラインナップは次のとおり[8]

  1. セクシィ古文(田中貴子・田中圭一)
  2. こんなに違う! 世界の国語教科書(二宮皓)
  3. アイドルと病(前田忠明)
  4. FBI式 人の心を操る技術(ジャニーン・ドライヴァ)
  5. なぜアヒル口に惹かれるのか(野村理朗)
  6. 睡眠はコントロールできる(遠藤拓郎・江川達也)

脚注編集

外部リンク編集