メインメニューを開く

アストンマーティン・ヴァルカン(Aston Martin Vulcan)は、 アストンマーティン2015年に発売したスポーツカー。なお、サーキット専用車のため、公道走行は不可。

アストンマーティン・ヴァルカン
2015-03-03 Geneva Motor Show 3522.JPG
製造国 イギリスの旗 イギリス
デザイン マレック レイクマン
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 7.0L 自然吸気 V12 DOHC
駆動方式 FR
最高出力 811ps以上
変速機 6速シーケンシャル
サスペンション プッシュロッド式
全長 4,807mm
全幅 2,063mm
車両重量 1,350kg以上
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ヴァルカンはアストンマーティンのクリエイティブ・オフィサー、マレック レイクマンによってデザインされ、現在のモデルヴァンテージDB9One-77からアストンマーティンのインスピレーションを得ている。 ヴァルカンは24台のみ生産され、日本円でおよそ2億6000万円で販売されていた。

仕様編集

そのエンジンは、 カーボンファイバーボディのアルミ合金製シャシーに取り付けられた7.0Lの自然吸気型 V12エンジンで、7750 rpmで820 馬力(611kW; 831 P.S.馬力)、6500で590lbft(800N⋅m) rpm。 ヴァルカンにはカーボンセラミックブレーキ、カーボンファイバー製のプロペラシャフト、スリップディファレンシャル、Xtrac 6速シーケンシャルギアボックス付きのマグネシウム製トルクチューブが装備されている。乾燥重量は1,350kg(2,980ポンド)。 ヴァルカンはミシュランパイロットスポーツカップ2タイヤを使用している。 ディファレンシャルスリップディファレンシャルと炭素繊維プロペラシャフトを備えたマグネシウムトルクチューブが含まれている。 カーボン・セラミック・ブレーキのにより前部では380mm(15インチ)、後部では360mm(14インチ)である。

エンジンパワーは、第1オプションが500 hp(373kW; 507馬力)、第2オプションが675 hp(503kW; 684馬力)、そして最後のオプションが820 hp(611kW; 831PS)。

クルマにはアンチダイブジオメトリを備えたレース由来のプッシュロッドサスペンションが搭載されており、 ダンパーとアンチロールバーの前後を調整可能なMultimatic社のダイナミックサスペンションスプールバルブ(DSSV)や、ドライバーが調整可能なアンチロックブレーキ、可変トラクションコントロールによって補足されている

フェラーリFXXフェラーリ599XXフェラーリFXX-KマクラーレンP1 GTRのように、ヴァルカンは工場でサーキットのイベントを運転するために承認されなければならない。 しかし、それらの車とは異なり、顧客は車を自分で保つことができる。

ヴァルカン AMR Pro編集

ヴァルカンのAMR Proパッケージは、2017年のGoodwood Festival of Speedで発表された。 このパッケージには、ガーニーフラップ付きのデュアルエレメントリヤウイング、大きなダイブプレーン、サイドホイールアーチルーバー、ステアリングレスポンスを向上させるように設計されたターニングベーンが装備されており、車の性能を向上させるための空力部品が追加されている。 これらの改良により、自動車のダウンフォース性能が27%向上している。 大部分の圧力が車の中心に向かっていることから、バランスが47/53の重量分布で改善された。

車は同じV10と同じV12を持っている。同じ820馬力(611kW、831PS)です。 6速トランスミッションの変速比は、加速を改善するために短く変更されている。

すべての車はアストンマーティンのQ部門によってAMR Pro仕様にアップグレードされている。

カスタム車編集

"ヴェルデ・イサカ"編集

アストン・マーティン・ヴァルカンは、所有していた顧客の一人によって「ヴェルデ・イサカ」(ランボルギーニの緑色塗装)に塗装された。 この車は生産24台の内#14で、200マイル未満で運転され、オークションで270万ポンドで売却された。

公道車仕様編集

Aston Martin Vulcanは、英国のエンジニアリング会社、 RML Groupによって一連の変更を経て道路法的に作られた。 この特別な車は道路のために合法化される唯一のヴァルカンである。 道路規制を満たすためにいくつかの変更が行われなければならなかった。 グループは車全体を修正するのに18ヶ月かかった。

地上高を確保するために車高を上げ、 背面のLED「ブレード」は、半径管理のためのプラスチック製のライトハウジングで覆われている。 モダンなアストンマーティンデザインのインスピレーションのもと、2つのフロントインテグレートヘッドライトが追加された。 ライトのスタイリングは、ヴァルカンの工場照明を模している。 フロントスプリッターは、より力強い空力のために空気力学的な側面に置かれた車のフェンスが取り除かれており、カーボンファイバースプリッターの長さも短くなっている。

7.0Lの自然吸気されたV12は排気ガスのためにリマップされ、冷却システムはより良い温度制御のために別のユニットに置き換えられている。 クルマのギア比が変更され、通常のヴァルカンよりも簡単に発進できるようにクラッチが変更された。 スプリングレートとダンパー率が変更され、車での走行が容易になるように車高の上昇が追加された。 ステアリングロックは、より多くのステアリングロックを可能にし、より大きな旋回半径を与えるように制限されていない。

ヴァルカンのサイドミラーは、通常のヴァルカンのミラーガラスが道路規制に適合しておらず、ミラー一体型のインジケータを含んでいないため、 アストンマーティンDB11のミラーに代わって交換された。 すべての窓は道路規制に適合する特定のユニットに交換され、 ワイパーとワッシャージェットが追加された。 リヤバンパーは、プレートライトとリフレクターと一緒にEuro-spec ナンバープレートを取り付けることができるように変更された。 後部ウィングプレートの端には方向指示器用のアンバーライトストリップがあり、燃料キャップが改造されている。 インテリアは、視認性を考慮して座席(元々はヘッドサポート付き)が変更されており、ハンドルは大幅に変更されている。 ドアはセントラルロックで、車にはイモビライザーキーがある。

エンジンは通常のヴァルカンと同じ出力である。

RMLによると、この特別な車の所有者は、彼らが望むたびにレーシングスペックに戻すことをグループに求めることができる。

脚注編集