メインメニューを開く

プロフィール編集

スティーヴン・スピルバーグの『ジュラシック・パーク』を手掛けたことで有名なティペット・スタジオでアニメーターとして過ごした8年間から彼のキャリアは始まり、その後、群衆シミュレーションモーションキャプチャー、リギングの技術を学ぶためにWETAデジタル社に移ってからは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに携わり、ここで大きな経験を積んだ。そして、2003年からはムービング・ピクチャー・カンパニー(MPC)の社員として数多くのVFX映画に携わってきており、2010年代以降のMPCを代表するVFXスーパーバイザーとして知名度を上げている[1]

フィルモグラフィ編集

ティペット・スタジオ編集

パシフィック・データ・イメージズ(PDI)編集

  • 恋は嵐のように Forces of Nature (1999) アニメーション・スーパーバイザー

WETAデジタル編集

ムービング・ピクチャー・カンパニー(MPC)編集

脚注編集

  1. ^ Adam Valdez” [アダム・ヴァルデス] (英語). BarsVFX. 2016年10月1日閲覧。

外部リンク編集