アドルフ・シュライヤー

アドルフ・シュライヤー(Christian Adolf Schreyer、1828年7月9日 - 1899年7月29日)はドイツの画家である。東欧や中東の馬に乗った人物の絵を得意とした画家である。

アドルフ・シュライヤー
Adolf Schreyer
Adolf schreyer.jpg
<small作者不詳の肖像画
生誕1828年7月9日
Flag of the Free City of Frankfurt.svg 自由都市フランクフルト・アム・マイン
死没1899年7月29日
ドイツの旗 ドイツ帝国,クローンベルク・イム・タウヌス

略歴編集

フランクフルト・アム・マインで、ワイン商人の息子に生まれた。15歳からフランクフルトの美術学校(Staatliche Hochschule für Bildende Künste)で、ヤーコブ・ベッカーやパッサファント(Johann David Passavant)に学んだ。短期間、デュッセルドルフ美術アカデミーミュンヘン美術院、シュトゥットガルトの美術学校でも学びながら、1854年までフランクフルトで学んだ。1854年から1856年までオーストリア陸軍に志願し、クリミア戦争に出征した。その後ドイツの貴族、マクシミリアン・カール・フォン・トゥルン・ウント・タクシスのハンガリー、ルーマニア、ロシアへの旅に同行した。その後、パリ、ブカレストなどを旅し、1857年末にフランクフルトに戻った。

アントン・ブルガー(Anton Burger)やヤーコプ・フュルヒテゴット・ディールマン(Jakob Fürchtegott Dielmann)らによって作られたクローンベルク・イム・タウヌスの芸術家村を訪れた後、1861年にパリなどフランスに住み、そこからアルジェや中東を旅した[1]オリエンタリズムの流行のもとで、同時代に中東の風景を描いたオイゲン・ブラヒト(Eugen Bracht)とともに人気を得ることになった。

1872年にクローンベルクに家を買って、夏はクローンベルクで過ごし、冬はパリで過ごすようになった。1895年にクローンベルクの名誉市民に選ばれた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Adolf Schreyer”. kronberger-maler.de. 2018年7月22日閲覧。

参考文献編集

  • Constantin von Wurzbach: Schreyer, Adolph. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 31. Theil. Kaiserlich-königliche Hof- und Staatsdruckerei, Wien 1876, S. 301–305 (Digitalisat).
  • Schreyer, Adolph. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des neunzehnten Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Dresden 1898, Band 2, S. 653