メインメニューを開く

アニぱら音楽館』(アニぱらおんがくかん)は、キッズステーションで放送されていたアニソン音楽番組。2017年12月2日第456回のラストライブを持って17年の歴史に幕を閉じた。

アニぱら音楽館
ジャンル アニソン音楽番組
出演者 影山ヒロノブ遠藤正明、その他
プロデューサー 因真一郎、竹内誉人(キッズステーション)、小野健吾(ビックノオ)
制作 キッズステーション
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年 -2017年12月2日
放送時間 毎月第一土曜 21時00分 - 22時00分
放送分 60分
回数 456
番組公式サイト

特記事項:
放送回数は2014年12月末現在のもので、内容は隔週で更新される。
放送回数は付かないことがあるため[1]、正確な回数ではない。

目次

概要編集

1998年に『ANIMEX倶楽部』内の1コーナーとして放送を開始した。翌年10月からは『アニメぱらだいす!』内に放送枠を移し、2001年2月からは単独番組として放送されている。同年10月には生演奏によるライブが主体のコーナー編成となっている。

毎回アニメソング歌手をゲストに招き、バンド演奏でのライブやレギュラーメンバーとのセッションのほか、トークが行われる[2]

2009年10月には、製作局のキッズステーションハイビジョン放送を開始することに合わせてハイビジョン制作に移行した。それまで唯一のネット局であったスターカラオケでの放送は同局がハイビジョン放送を行っていないため打ち切られた

2010年3月をもってラムズによる番組制作が終了し、翌4月から代わってビックノオが制作を担当している。

2014年2月にリニューアルし、レギュラーメンバーのサイキックラバーと黒崎真音が卒業[3]。atsuko(angela)、織田かおり、宮本佳那子、Geroが新たに加わった[4]

公開録画アニぱら音楽館 EXTREME LIVE)も9回開催しており、開催直後の放送内でその一部が放送された。

2016年4月より番組が1時間へと拡大、それに伴い放送時間も毎月第一土曜日の夜9時に変更された。

2017年12月2日第456回を持って放送を終了した[5]

放送局と日時編集

2016年4月現在。放送時刻は6時を基準とした[6]

2015年3月までは隔週で変更される内容が毎週4回、計8回放送されていたが、末期は放送時間が1時間へと拡大し、月に1回のみの放送となっている。なお、これまでに地上放送波で放送されたことは一度もない。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
日本全国 キッズステーション 2001年2月 - 土曜 21時00分 - 22時00分 (第一土曜のみ)

日曜 23時30分 - 24時00分

製作局。土曜 21時00分からの放送が初回。2016年4月より放送時刻が変更された。
スターカラオケ 2005年4月 - 2009年10月 木曜 15時30分 - 16時00分
木曜 23時00分 - 23時30分
日曜 24時00分 - 24時30分
木曜 15時30分からの放送が初回。第166回から放送開始。第278回で放送終了。
ニコニコ動画  2014年6月 - 金曜 24時00分更新 第396回から放送開始。

出演者編集

レギュラーメンバー編集

永遠の準レギュラー

過去のレギュラーメンバー編集

バンドメンバー編集

コーナー編集

主要スタッフ編集

その他の特記事項編集

過去のネット局のスターカラオケではランティスPT扱いでスポンサーとなり、番組内のCMが全てランティスから発売されているCDのものとなっており、番組終了後のステーションブレイクではPVが流れていた。これは、同局が原則としてスポットCMを放送しないためである。ただし、末期にはいずれも放送されなくなっていた。さらに、スターカラオケでは全ての番組でウォーターマークが表示されないため、これらを踏まえてスターカラオケでの放送分を視聴している人も少なくなかった。

関連項目編集

  • アニぱら音楽館 EXTREME LIVE - 同番組のレギュラー陣によるライブ。ゲストとして過去のレギュラーや準レギュラー、レギュラー陣と関わりの深いアーティストも加わる。
  • ラムズ - 2010年3月まで制作を担当。
  • アニメぱらだいす! - ラムズ制作の正式な兄弟番組で、1999年10月から2000年12月までワンコーナーとして当番組を放送していた。2010年3月に終了。
  • @Tunes. - かつて放送していた同種のアニソン系音楽番組で、影山や遠藤と同じJAM Projectのメンバー・奥井雅美が司会を務めていた。同じCS放送局アニメ専門チャンネルアニマックスで2008年10月から2009年9月まで放送していたが、放送日時がスターカラオケの日曜の放送と競合していた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ささきいさお50thスペシャル」、「アニぱら音楽館Z~水木一郎40thスペシャル~道の章」など
  2. ^ a b c d 「アニぱら音楽館」出演アーティストインタビュー特集”. oh. n3o. 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c キッズステーション「アニぱら音楽館」#387(1月24日初回放送)の見どころに迫る!”. oh. n3o. 2014年1月29日閲覧。
  4. ^ アニぱら音楽館チャンネル(アニ音スタッフ) - ニコニコチャンネル:音楽
  5. ^ そのため、アニメ専門チャンネルで放送されているアニソン番組は2018年現在AT-Xの「promo-X」のみとなっている
  6. ^ 24時以降に放送される内容は、厳密には放送日が翌日となる
  7. ^ アニぱら音楽館”. キッズステーション. 2014年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月2日閲覧。
  8. ^ 「アニぱら音楽館」水木一郎 アニソン・デビュー40周年特集 収録レポート&インタビュー”. エキサイト. 2011年11月24日閲覧。
  9. ^ a b キッズステーション「アニぱら音楽館」#339(3月6日初回放送)の見どころに迫る!”. oh. n3o. 2013年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月25日閲覧。

外部リンク編集