メインメニューを開く

アフトゥバ川ロシア語: Ахтуба, ラテン文字表記: Akhtuba / Achtuba)は、ロシアを流れるヴォルガ川水系河川で最大の派川である。

アフトゥバ川
アフトゥバ川
アフトゥバ川
水系 ヴォルガ川
延長 537 km
平均の流量 153 m³/s
流域面積 -- km²
水源 ヴォルガ川
水源の標高 -- m
河口・合流先 カスピ海
流域 ロシア
テンプレートを表示

ヴォルゴグラード市のすぐ上流でヴォルガ川の左岸(東側)から分かれ、ヴォルガ川本流と平行にヴォルゴグラード州アストラハン州を流れ、ヴォルガ川三角州およびカスピ海へと流れる。かつての分流点はヴォルガ水力発電所のある人工湖ヴォルゴ湖に沈んでいる。現在のアフトゥバ川は、ヴォルゴ湖ダムの下流に造られた長さ6.5kmの運河を起点としている。

アフトゥバ川のほとりや近くにある街には、分流点にあるヴォルシスキーをはじめ、レニンスク、ズナメンスク、アフトゥビンスク、ハラバリなどがある。中世まではアフトゥバ川やヴォルガ最下流の流れるキプチャク草原テュルク系遊牧民族の世界であり、モンゴルが築いたジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の首都で中世有数の大都市バトゥ・サライもアフトゥバ川沿いのハラバリ付近にあったと考えられる。

ヴォルガ川とアフトゥバ川に挟まれた地域はヴォルガ=アフトゥバ平原と呼ばれる氾濫原で、ロシア有数の野菜生産地である。特にロシアで消費されるスイカの主要な産地でもある。