メインメニューを開く

アフリカン・シンフォニー

アフリカン・シンフォニー (African Symphony) は、ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー (Van McCoy AND THE SOUL CITY SYMPHONY) の楽曲。演奏時間が3:00のものと、4:24(12’’Mix)のものがある[1]

概要編集

1974年に発表されたアルバム「ラブ・イズ・ジ・アンサー」(Love is the Answer) に収録されていた楽曲[1][2]である。 1975年にはヘンリー・マンシーニがアルバム「シンフォニック・ソウル」 (SYMPHONIC SOUL) のラストナンバーとして本楽曲を取り上げている。1977年には岩井直溥編曲・指揮、立正佼成会東京佼成ウインドオーケストラの演奏による吹奏楽版[3]がアルバム「ニュー・サウンズ・イン・ブラス第5集」に収録され、楽譜も出版されたことによって広く認知されることとなった。

日本国でさらに広くこの曲が知られるきっかけになったのは、1987年智辯学園和歌山高等学校硬式野球部が第69回全国高等学校野球選手権大会に初出場した際、同校吹奏楽部顧問の吉本英治がアレンジして応援曲として採用した事による[4]。以後智辯学園和歌山高等学校が野球甲子園大会の常連・強豪校となったのを機に、他校の応援にも採用されるようになり、2007年の第89回全国高等学校野球選手権大会では代表49校中33校が、2008年の第90回全国高等学校野球選手権大会では代表55校中50校が応援曲に採用しており[4]高等学校野球の応援曲として高い人気を誇っている。

オリジナル版はベストアルバム「アフリカン・シンフォニー」(2008年)に収録され、吹奏楽版は上記「ニュー・サウンズ・イン・ブラス第5集」に収録されたものの他、再録音されたニュー・サウンズ・スペシャル〜25周年記念盤〜(1997年)や「ブラバン甲子園2」に収録されるなど定番曲となっている。2014年にはオリジナル版が「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」(TBSテレビ。ローカルセールス枠のため放送されない地域が多い。)のテーマ曲に採用されている。

この曲は、香港の4大音楽賞の一つで香港電台主催の「十大中文金曲頒獎音楽会」のテーマ曲でもある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Amazon.co.jp Van McCoy AND THE SOUL CITY SYMPHONY|Love is the Answer
  2. ^ ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニー|アフリカン・シンフォニー - JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント公式サイト。FM東京系で日曜日の22:00より放送されていた、日本ビクター(現・JVCケンウッド)提供の番組「ビクターオーディオサロン ザ・ミュージック」でオープニングテーマ曲に使われていた。
  3. ^ オリジナル版より全音低い。
  4. ^ a b 川原千夏子、金成隆一 (2008年8月16日). “甲子園、「アフリカン」が大ヒット 50校が演奏”. asahi.com. http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY200808160159.html 2011年5月25日閲覧。 

外部リンク編集