アラビア海(アラビアかい)は、インド洋の北西部、アラビア半島インドとの間の海域。

アラビア海の地図

面積約3,862,000 km2[1]、平均水深2,734 m[1]、最大水深4,652 m[2]、最大幅約2,400 kmである。インダス川が最大の流入河川。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる[1]。アラビア海に面する国はインド、パキスタンオマーンイエメンソマリアモルディブである[1]。代表的な島にソコトラ島(イエメン)、クリアムリア諸島(オマーン)、マシーラ島(オマーン)、ラクシャディープ諸島(インド)がある[1][2]

古代ローマではエリュトゥラー海英語版と呼ばれた[1]。紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も中東の原油を運ぶタンカー欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある[3]

範囲編集

国際水路機関は、アラビア海の境界を以下のように定めている[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Arabian Sea”. Encyclopedia Britannica. 2021年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月10日閲覧。
  2. ^ a b アラビア海とは”. コトバンク. 2020年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月10日閲覧。
  3. ^ ソマリア沖・アデン湾における海賊問題の現状と取組”. 外務省 (2020年6月25日). 2021年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月10日閲覧。
  4. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2021年8月10日閲覧。
  5. ^ The World's Most Isolated and Distinct Whale Population? Humpback Whales of the Arabian Sea”. 2020年5月26日閲覧。

関連項目編集