アラン・パーソンズ・プロジェクト

アラン・パーソンズ・プロジェクトThe Alan Parsons Project)は、イングランド出身の音楽ユニット

アラン・パーソンズ・プロジェクト
The Alan Parsons Project
2017 The Alan Parsons Live Project - by 2eight - DSC6255.jpg
The Alan Parsons Symphonic Project - ドイツ・ニュルンベルク公演(2017年5月)
基本情報
別名 APP
The Alan Parsons Live Project
The Alan Parsons Symphonic Project
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
ポップ・ロック
活動期間 1975年 - 1990年
レーベル カリスマ・レコード
アリスタ・レコード
共同作業者 アンブロージアパイロット、レニー・ザカテク、キーツキャメル
公式サイト the-alan-parsons-project.com
メンバー アラン・パーソンズ
エリック・ウールフソン

同国の音楽クリエイター アラン・パーソンズエリック・ウールフソンによる、スタジオ制作だけのプロジェクトとして活動した。コンビ解消後アランは、これまでの作品をライブ演奏するプロジェクトを立ち上げている。

来歴編集

 
創設者アラン・パーソンズ(2017年)

ビートルズピンク・フロイドなどの作品を手掛けた「アビイ・ロード・スタジオ」のエンジニアであったアラン・パーソンズと、主にセッション・ピアニストやソングライターとして活動していたエリック・ウールフソンが、エドガー・アラン・ポーを題材にした共作に意気投合しプロジェクトが発足した。その作品は1stアルバム『怪奇と幻想の物語 - エドガー・アラン・ポーの世界』としてリリースされ、グラミー賞にもノミネートされるなど高い評価を得た。

その後もコンセプト・アルバムを主体とした作風で、コンスタントにアルバムを発表。プログレッシブ・ロックを彷彿とさせる壮大なスケールのサウンドでありながら、ポップで聴きやすい音楽を展開し、英米で大きな成功を手に入れた。主に、「アイ・イン・ザ・スカイ」(全米3位)、「ドント・アンサー・ミー」(全米15位)、「タイム」(全米15位)などのヒット曲がある。

名前の通り、あくまでもプロジェクト形式の音楽集団であることにこだわり、固定メンバーはアランとエリックの2人だけで、レコーディング毎に参加メンバーは変わっている。ただ、元パイロットのデヴィッド・ペイトンとイアン・ベアンソンの2人は準レギュラーのような形で、ほぼすべての作品に携わっている。

1987年までの活動期間中にアルバム10枚を制作。最後のアルバム『ガウディ』発表後、それぞれのソロ活動に専念。その後エリックはミュージカルや舞台音楽の世界に移り、アランと共作したミュージカルのロック・オペラ作品『Freudiana』を1990年に発表している。この作品を最後に、コンビを正式に解消した。

まったくコンサート活動を行わないユニットとしても知られていたが、解散後にアラン主導によるツアーを度々開催している。1990年に欧州のライブサーキット「Night of the Proms」にて、エリックを除くスタジオ制作の主要メンバーが揃い、アラン・パーソンズ・プロジェクト名義でライブ演奏を行った。そしてソロ・アルバム『オン・エアー』を引っ提げ、同名義ワールドツアーの一環で日本にも1997年に立ち寄っている。1999年にアランのソロ3作目『タイム・マシン』の発表に伴い、2度目の来日公演をアラン・パーソンズ・ライブ・プロジェクト名義にて行った。また2005年には、元ウイングスデニー・レインと共に3度目の来日公演を行った。

2009年12月2日、エリックが腎臓癌のため64歳で死去[1]

2014年、1979年に制作し1981年のリリースを計画しながら、お蔵入りしていた未発表アルバム『The Sicilian Defence』を、コンプリートBOX収録にて正式にリリース[2]。プロジェクト最後のスタジオ・アルバムとなる。

2016年のインタビューでアランは、「(オリジナルの)プロジェクトはエリックと自分二人だけのもので、アルバムコンセプトの多くは彼のアイデアだった」と語り、エリックとの共作以外で、プロジェクト名義による新規のスタジオ・アルバム制作は有り得ないことを示唆した[3]

メンバー編集

公式メンバー編集

主なスタジオ・メンバー編集

  • イアン・ベアンソン (Ian Bairnson) - ギター (1975年–1987年)
  • デヴィッド・ペイトン (David Paton) - ベース、ボーカル (1975年–1985年)
  • スチュアート・トッシュ (Stuart Tosh) - ドラムス (1975年–1977年)
  • ジョン・マイルス (John Miles) - ボーカル (1976年、1985年–1987年)
  • アンドリュー・パウエル (Andrew Powell) - キーボード (1976年–1987年)
  • レニー・ザカテク (Lenny Zakatek) - ボーカル (1977年–1987年)
  • スチュアート・エリオット (Stuart Elliott) - ドラムス (1977年–1987年)
  • ダンカン・マッケイ (Duncan Mackay) - キーボード (1977年–1979年)
  • クリス・レインボウ (Chris Rainbow) - ボーカル (1979年–1987年)
  • メル・コリンズ (Mel Collins) - サクソフォーン (1980年–1984年)
  • コリン・ブランストーン (Colin Blunstone) - ボーカル (1982年–1985年)
  • エルマー・ガントリー (Elmer Gantry) - ボーカル (1982年–1984年)
  • リチャード・コットル (Richard Cottle) - キーボード、サクソフォーン (1984年–1987年)
  • ローレンス・コットル (Laurence Cottle) - ベース (1985年–1987年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『怪奇と幻想の物語 - エドガー・アラン・ポーの世界』 - Tales of Mystery and Imagination (1976年)
  • 『アイ・ロボット』 - I Robot (1977年)
  • 『ピラミッド』 - Pyramid (1978年)
  • 『イヴの肖像』 - Eve (1979年)
  • 『運命の切り札』 - The Turn of a Friendly Card (1980年)
  • 『アイ・イン・ザ・スカイ』 - Eye in the Sky (1982年)
  • 『アンモニア・アヴェニュー』 - Ammonia Avenue (1984年)
  • 『ヴァルチャー・カルチャー』 - Vulture Culture (1984年)
  • 『ステレオトミー』 - Stereotomy (1985年)
  • 『ガウディ』 - Gaudi (1987年)

コンピレーション

  • Freudiana (1990年) - アランとエリックの共作によるロック・オペラ作品。当初は11枚目のアルバムとして制作を始めたが、ミュージカル向けに変更した
  • The Sicilian Defence (2014年) - 1981年発売を計画していた、1979年制作の未発表音源(コンプリートBOX収録)

脚注編集

  1. ^ アラン・パーソンズ・プロジェクトのエリック・ウールフソンが死去”. CDjournal (2009年12月4日). 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ アラン・パーソンズ・プロジェクトの11CD『The Complete Albums Collection』サンプラーが公開、幻のアルバム『Sicilian Defence』も収録”. amass (2014年3月28日). 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ アラン・パーソンズ「もうアルバムを作る意義すら感じない」”. BARKS (2016年7月9日). 2018年4月3日閲覧。

外部リンク編集