メインメニューを開く

アリアンスフランセーズフランス語Alliance Française、略称:AF)は、フランス政府に公認・助成を受けた[1]フランス語フランス文化の教育を行う非営利団体である。1883年に創設され、フランス全土に28校、世界138カ国に1000校以上の規模を誇る[2]

Alliance française
設立年 1883年
設立者 ルイ・パスツール, フェルディナン・ド・レセップス, ジュール・ヴェルヌ, エルネスト・ルナン, 出版者Armand Colin
種類 文化促進事業
位置
貢献地域 世界規模
製品 フランス文化フランス語の教育
ウェブサイト www.alliancefr.org

各地のアリアンス組織はそれぞれ独立した自治法人性を維持しながら、フランス語とフランス文化を促進している[3][4]

目次

歴史編集

 
1884年におけたアリアンスフランセーズの最初の著書
 
アリアンスフランセーズ財団本部、及びパリイル=ド=フランス
 
1920年代マニラで設立したアリアンスフランセーズ、極東最古の支部

アリアンスフランセーズは、当時の首相ジュール・フェリーとPhilippe Berthelot、Jean Jules Jusserand、フェルディナン・ド・レセップスルイ・パスツールジュール・ヴェルヌエルネスト・ルナン, Félix Charmetant、出版者Armand Colinらの支援を受け、外交官ポール・カンボン英語版の主導で1883年7月21日、パリ7区サンジェルマン大通り215番地で創設された[5]。パリ・イル=ド=フランス校は、教室が手狭になり、20世紀前半からパリ6区ラスパイユ大通り101番地に所在し、近隣フルーリュス通り34・35番地に拡張した。2007年になって、財団本部もラスパイユ大通りの同地に移転した。

設立の趣旨や目的は、1870年の普仏戦争の敗戦で失われたフランスの影響力を教育や文化の啓蒙によって回復する事がねらいであった[5]

受賞歴編集

受賞対象:アリアンス・フランセーズ(フランス)、ダンテ・アリギエーリ協会(イタリア)、ブリティッシュ・カウンシル(イギリス)、ゲーテ・インスティトゥート(ドイツ)、 セルバンテス文化センター (スペイン)、カモンイス院 (ポルトガル)
受賞理由:「一部の組織は100年以上の歴史を持ち、各大陸の何百万人もの人々にそれぞれの各国の言語を教えるだけでなく、文学と芸術的伝統や西洋文明の基礎となる人間的価値観と倫理観を広く知らしめ、ヨーロッパの文化遺産の保護と育成に貢献している」[6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集