アルナ・シャンバグ

インドの看護師、性暴力の被害者

アルナ・シャンバグ英語: Aruna Shanbaug, 1948年7月1日2015年5月18日)は、インド看護師である。

Aruna Shanbaug
生誕Aruna Ramchandra Shanbaug
(1948-07-01) 1948年7月1日
インドの旗 インドカルナータカ州ハルディファ英語版
死没2015年5月18日(2015-05-18)(66歳)
インドの旗 インドマハーラーシュトラ州ムンバイキング・エドワード記念病院英語版
死因肺炎
国籍インド
職業看護師

概要編集

ムンバイキング・エドワード記念病院英語版 (KEM Hospital)に勤務していた1973年性犯罪の被害を受け、2015年に死去するまで植物状態にあった。

植物状態に陥ってから37年後の2011年安楽死に関するインドの議論の中において注目を集めたことでも知られる[1]

被害編集

アルナ・シャンバグは1948年7月1日に、インドカルナータカ州で誕生した[2][3][4]キング・エドワード記念病院英語版において看護師として働き、同病院の医師と婚約していた[5]

1973年11月27日の夜、24歳であった彼女は病院の地下室で更衣を行っていたところ、同病院の契約清掃員であったソハンラル・バルタ・ウォルミキ(Sohanlal Bhartha Walmiki)に性的暴行を受けた[6]。ウォルミキは彼女の首をを用いて強く絞め、彼女の頸動脈が遮断されたことにより、脳への血液供給がなされなくなった。この結果脳挫傷頸髄損傷皮質盲英語版などに至った[7]。彼女は翌朝の朝7時45分に別の清掃員によって発見された。

加害者編集

加害者のウォルミキは暴行強盗の容疑によって逮捕された。裁判の結果懲役7年の刑に処せられた。強姦痴漢、不自然な性行為といった罪状[注釈 1]では有罪判決を受けなかった。ウォルミキは1980年に刑期を満了し釈放された。

ジャーナリストであり人権活動家でもあるピンキ・ビラニ英語版は彼の追跡を試みたものの、キング・エドワード記念病院、ウォルミキが収監された刑務所、裁判を行った裁判所全てが彼の写真を保有していなかったため失敗した[9]。また彼はエイズもしくは結核によって釈放後に死去したという噂も存在した。

しかし、シャンバグの死後すぐの2015年5月29日ジ・インディアン・エクスプレス英語版は、ウォルミキが故郷の村に帰ったのちに義父の住むウッタル・プラデーシュ州のパルパ村(Parpa)で生存していることを明らかにした。ウォルミキはその地で結婚発電所にて働いていた。ウォルミキはジ・インディアン・エクスプレスのインタビューにおいて、「カッとなって(fit of rage)」事件を起こしたが、明確な記憶がないと前置きしたうえで、強姦は行っておらず、別の誰かによって行われたと主張した。なお事件当時のウォルミキは、立ち位置が上であったシャンバグとの関係が不調であり、休暇をとることを拒否されたことによって「口論及び身体的な戦い」があったと述べていた[10]

看護師のストライキ編集

彼女は事件後遷延性意識障害となり、勤務していたキング・エドワード記念病院で入院治療が行われていた。ムンバイ看護師はシャンバグ及び看護師の地位向上を求めてストライキを行った[11]。また1980年代には大ムンバイ市公団英語版(BMC)が彼女のベッドを移動させようと二度試みたものの、KEMのスタッフによって阻止された[12]

安楽死議論編集

2010年12月17日インド最高裁判所ピンキ・ビラニ英語版が提出したシャンバグの消極的安楽死[注釈 2]許可を求める請願書を受け取り、マハーラーシュトラ州政府とムンバイの病院に対して、シャンバグの健康状態に関する報告を求めた[13][14]2011年1月24日にはインド最高裁の指示のもと、3人からなる医学的な審議会が発足し、彼女が永久的な植物状態であると判断する基準の、ほぼ全てを満たしていると結論付けた[15]

2011年3月7日、インド最高裁判所は消極的安楽死を合法化するガイドラインを発表した[16][17]。そのガイドラインにおいて、生命維持中止決定は、両親、配偶者、その他の近親者、またはそれらがいない場合は「次の友人」(next friend)によってなされなければならないとした。これによってビラニは消極的安楽死を決定することはできなくなったが、「次の友人」としてKEMのスタッフが指名された。KEMのスタッフはシャンバグが生き続けることを望んでいたため消極的安楽死は行われなかったが、裁判所は彼らが消極的安楽死を行う許可を求めることが出来るようオプションを与えた。

私たちはビラニさんが行ったことを、批判したり軽蔑したりはしません。むしろ彼女の示した素晴らしい社会的精神に対して感謝の意を示します。また彼女の社会的運動を高く評価しています。私たちが言いたいことは彼女がいくら素晴らしくても、この38年間シャンバグをサポートし続けた私たちには敵わないということです。 — KEMのスタッフ、[18]:127-128

彼女の死編集

死亡する数日前にシャンバグは肺炎と診断された。集中治療室に移され人工呼吸器を装着されたものの、2015年5月18日の朝に亡くなった[1]。彼女の葬儀は42年間彼女をサポートし続けた病院のスタッフによって執り行われた[19]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ インド法では無期懲役に処せられる可能性のある罪状である[8]
  2. ^ 本人の同意なしに安楽死を実行すること。

出典編集

  1. ^ a b “Aruna Shanbaug: Brain-damaged India nurse dies 42 years after rape”. 英国放送協会. (2015年5月18日). オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201108134628/https://www.bbc.com/news/world-asia-india-32776897 2020年11月21日閲覧。 
  2. ^ “KEM nurses, dean celebrate Aruna Shanbaug’s birthday” (英語). Hindustan Times (ニューデリー). (2015年7月2日). オリジナルの2020年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201121062447/https://www.hindustantimes.com/mumbai/kem-nurses-dean-celebrate-aruna-shanbaug-s-birthday/story-8DmhiLrkma8ccczXozBpqK.html 2020年11月21日閲覧。 
  3. ^ “KEM Hospital celebrates Aruna Shanbaug's 64th birthday”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. (2012年7月2日). オリジナルの2018年7月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180723020056/https://timesofindia.indiatimes.com/city/mumbai/KEM-Hospital-celebrates-Aruna-Shanbaugs-64th-birthday/articleshow/13712413.cms 2020年11月21日閲覧。 
  4. ^ Maitri Porecha (2013年7月2日). “KEM celebrates Aruna Shanbaug's 65th birthday”. DNA India英語版. オリジナルの2019年2月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190211202243/https://www.dnaindia.com/mumbai/report-kem-celebrates-aruna-shanbaug-s-65th-birthday-1842559 2020年11月21日閲覧。 
  5. ^ “Rebirth for Aruna, say joyous Mumbai hospital staff”. デカン・ヘラルド英語版. (2011年5月7日). オリジナルの2018年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180630175308/https://www.deccanherald.com/content/143798/rebirth-aruna-say-joyous-mumbai.html 2020年11月21日閲覧。 
  6. ^ ピンキ・ビラニ英語版 (2003年9月10日). “Aruna is still on our conscience”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. オリジナルの2011年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110305230525/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2003-09-10/delhi/27217088_1_delhi-hospital-mumbai-hospital-kem-hospital 2020年11月21日閲覧。 
  7. ^ Saira Kurup (2006年5月7日). “Four women India forgot”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. オリジナルの2013年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131204151311/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2006-05-07/special-report/27825117_1_child-marriage-caste-medical-report 2020年11月21日閲覧。 
  8. ^ Indian Penal Code Section 377”. Indian Kanoon. 2020年11月21日閲覧。
  9. ^ “The rapes that India forgot”. 英国放送協会. (2013年1月5日). オリジナルの2020年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201028103519/https://www.bbc.com/news/world-asia-india-20907755 2020年11月21日閲覧。 
  10. ^ Pritha Chatterjee (2015年5月29日). “Aruna Shanbaug’s assailant is alive; tired of memories, I want to die, he says”. ジ・インディアン・エクスプレス英語版. オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201108101206/https://indianexpress.com/article/india/india-others/kem-nurse-aruna-shanbaugs-assailant-is-alive-tired-of-memories-i-want-to-die/ 2020年11月21日閲覧。 
  11. ^ Vansantha Surya (1998-07-20). “A cautionary tale”. Frontline英語版 15 (13). ISSN 0970-1710. https://frontline.thehindu.com/other/article30247685.ece 2020年11月21日閲覧。. 
  12. ^ “Aruna Shanbaug: Timeline”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. (2011年3月8日). オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121105005318/articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-03-08/mumbai/28668057_1_aruna-shanbaug-sc-reserves-judgment-kem 2020年11月21日閲覧。 
  13. ^ Soutik Biswas (2009年12月17日). “India court admits plea to end life of rape victim”. 英国放送協会. オリジナルの2011年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110313173950/http://news.bbc.co.uk/2/hi/8417549.stm 2020年11月21日閲覧。 
  14. ^ Rhys Blakely (2009年12月18日). “Judges consider comatose rape victim’s right to die”. タイムズ (ロンドン). オリジナルの2020年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201121093815/https://www.thetimes.co.uk/article/judges-consider-comatose-rape-victims-right-to-die-7w6kvwfl279 2020年11月21日閲覧。  (要登録)
  15. ^ Malathy Iyer; Shibu Thomas (2011年2月28日). “Aruna Shanbaug's brain shrivelled after 1973 sexual assault”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. オリジナルの2012年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120323185545/articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-02-28/india/28641570_1_aruna-ramachandra-shanbaug-human-brain-pinki-virani 2020年11月21日閲覧。 
  16. ^ “India court rejects Aruna Shanbaug euthanasia plea”. 英国放送協会. (2011年3月7日). オリジナルの2019年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191208055047/https://www.bbc.com/news/world-south-asia-12662124 2020年11月21日閲覧。 
  17. ^ Mark Magnier (2011年3月8日). “India’s Supreme Court lays out euthanasia guidelines”. ロサンゼルス・タイムズ (ロサンゼルス). オリジナルの2020年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200919002743/https://www.latimes.com/world/la-xpm-2011-mar-08-la-fg-india-euthanasia-20110308-story.html 2020年11月21日閲覧。 
  18. ^ Supreme Court decision on Aruna Ramachandra Shanbaug versus Union of India (PDF)”. インド最高裁判所 (2011年3月7日). 2020年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  19. ^ Ventuno (2015年5月18日). “Funeral of Aruna Shanbaug performed at KEM Hospital in Mumbai”. Biharprabha. オリジナルの2020年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200131005631/https://news.biharprabha.com/2015/05/last-rites-of-aruna-shanbaug-performed-at-kem-hospital-in-mumbai/ 2020年11月21日閲覧。 

関連項目編集

関連ポータルのリンク