メインメニューを開く

アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ

アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラAlexandre Franca Nogueira1978年1月15日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身。Club de luta所属。元修斗世界フェザー級王者[1]

アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ
基本情報
本名 アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ
(Alexandre Franca Nogueira)
通称 ペケーニョ
帝王
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1978-01-15) 1978年1月15日(41歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
所属 コアント・テンポー・テインデ・アカデミーア
→ワールド・ファイト・センター
→修斗ブラジル道場
→Club de luta
身長 170cm
体重 65kg
階級 フェザー級
バックボーン ルタ・リーブリ
テーマ曲 The Sinking
ジェームズ・ホーナー
テンプレートを表示

修斗参戦当初はアレクサンドレ・フランサ・ノゲーラと表記されていたが、2001年1月にブラジル現地での呼称に合わせ現在の表記に変更されている。

ニックネームは「ペケーニョ」。ポルトガル語で「小さい」という意味である。得意技であるギロチンチョーク(フロントチョーク)を武器に、7年に渡り修斗世界ライト級王座を防衛していたことから「帝王」とも呼ばれる。

レオナルド・フランカ・ノゲイラは実弟。

来歴編集

修斗時代編集

1998年4月26日、Shoot the Shooto XXで当時無敗を誇っていた修斗ライト級(-65kg)王者朝日昇と対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。

1999年3月28日、初参戦となった修斗大石真丈と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

1999年9月5日、修斗ライト級(-65kg)チャンピオンシップで朝日昇と再戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2000年8月27日、巽宇宙との初防衛戦が行われ、ギロチンチョークで一本勝ちし、初防衛を果たした。

2000年12月17日、ステファン・パーリングにギロチンチョークで一本勝ち。

2001年5月、勝田テツオに判定負け。

2001年9月2日、勝田哲夫との2度目の防衛戦でもギロチンチョークで一本勝ち。

2001年12月16日、戸井田カツヤとの3度目の防衛戦ではギロチンチョークを一切使わず、3-0の判定勝ち。

2002年9月、阿部裕幸にKO負け。

2002年12月14日、4度目の防衛戦は7月にKO負けした阿部裕幸との再戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。リベンジを果たした。

2003年8月10日、5度目の防衛戦はステファン・パーリングとの再戦し、引き分けで王座を防衛した。

2003年12月14日、佐藤ルミナからフロントネックロックで一本勝ち。

2004年12月14日、門脇英基からギロチンチョークで一本勝ち。

2005年3月11日、ジョン・ホーキに判定勝ちし、6度目の防衛戦に成功。

HERO'S編集

2005年7月6日、HERO'Sミドル級(-70kg)世界最強王者決定トーナメント1回戦で所英男と対戦し、右バックブローでTKO負け。

2006年5月3日のHERO'Sミドル級(-70kg)世界最強王者決定トーナメント1回戦に出場予定であったが[2]、修斗の王座防衛戦リミットが迫っていたためHERO'S出場を辞退。5月12日に王座防衛戦でアントニオ・カルバーリョと対戦予定であったが、膝の負傷により欠場となり、王座を返上した[3]

2006年8月5日、HERO'Sで朴光哲と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2007年7月16日、HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦勝村周一朗と対戦。右フックでTKO勝ち。

2008年6月1日、WEC初参戦となったWEC 34でジョゼ・アルドと対戦し、パウンドでTKO負け。試合後の薬物検査でアナボリックステロイドの陽性反応が検出されたため、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分を受けた。

2009年10月30日、10年ぶりの開催となったVALE TUDO JAPAN 09リオン武と対戦し、パウンドでKO負け。

戦績編集

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 1 9 3 0 2 0
6 4 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× リオン武 4R 2:58 KO(左ストレート→パウンド) VALE TUDO JAPAN 09 2009年10月30日
× ジョゼ・アルド 2R 3:22 TKO(パウンド) WEC 34: Faber vs. Pulver 2008年6月1日
勝村周一朗 2R 1:55 KO(右フック) HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦 2007年7月16日
× 朴光哲 5分2R終了 判定0-3 HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝 2006年8月5日
× 所英男 延長R 0:08 TKO(右バックブロー) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2005年7月6日
ジョン・ホーキ 5分3R終了 判定3-0 修斗
【修斗世界ライト級チャンピオンシップ】
2005年3月11日
門脇英基 1R 3:34 フロントスリーパーホールド 修斗 15th Anniversary 2004年12月14日
佐藤ルミナ 1R 0:41 フロントネックロック 修斗 2003年12月14日
ステファン・パーリング 5分3R終了 判定1-1 修斗 世界三大チャンピオンシップ
【修斗世界ライト級チャンピオンシップ】
2003年8月10日
阿部裕幸 1R 3:53 スリーパーホールド 修斗
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
2002年12月14日
× 阿部裕幸 1R 4:37 KO(左フック) 修斗 TREASURE HUNT 08 2002年7月19日
戸井田カツヤ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT-
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
2001年12月16日
勝田哲夫 2R 2:45 フロントスリーパーホールド 修斗 SHOOTO TO THE TOP
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
2001年9月2日
× 勝田哲夫 5分3R終了 判定0-2 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年5月1日
ステファン・パーリング 2R 1:19 フロントスリーパーホールド 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年12月17日
巽宇宙 1R 1:57 フロントスリーパーホールド 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
2000年8月27日
大河内衛 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年4月2日
巽宇宙 8分3R終了 時間切れ VALE TUDO JAPAN '99 1999年12月11日
朝日昇 2R 3:29 フロントスリーパーホールド IV 修斗 the Renaxis 1999
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
1999年9月5日
大石真丈 1R 3:11 腕ひしぎ十字固め II 修斗 the Renaxis 1999 1999年3月28日
朝日昇 1R 1:06 フロントスリーパーホールド Shoot the Shooto XX 1998年4月26日

獲得タイトル編集

  • リオデジャネイロ州柔術選手権 青帯ペナ級 優勝(1995年)
  • 第4代修斗世界ライト級王座(1999年)

脚注編集

  1. ^ 当時はライト級(-65kg)王座
  2. ^ KIDは宮田と。ミドル級トーナメント開幕 BoutReview 2006年4月10日
  3. ^ ペケーニョ返上。カルバーリョ×リオンで王座戦 BoutReview 2006年5月7日

関連項目編集

外部リンク編集