この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はダ・シウヴァ、第二姓(父方の姓)はオリヴェイラです。

ジョゼ・アルドJosé Aldo1986年9月9日 - )は、ブラジル男性総合格闘家アマゾナス州マナウス出身。ノヴァウニオン所属。元UFC世界フェザー級王者。UFC世界バンタム級ランキング3位[2]。元WEC世界フェザー級王者。

ジョゼ・アルド
José Aldo, UFC 189 World Tour London.jpg
2015年、ロンドンにて
本名ジョゼ・アウド・ダ・シウヴァ・オリヴェイラ・ジュニオール
(José Aldo da Silva Oliveira Júnior)
生年月日 (1986-09-09) 1986年9月9日(35歳)
出身地ブラジルの旗 ブラジル
アマゾナス州マナウス
通称ジュニオール
(Júnior)
ザ・キング・オブ・リオ
(The King of Rio)[1]
国籍ブラジルの旗 ブラジル
身長170 cm (5 ft 7 in)
体重61 kg (134 lb)
階級バンタム級 (2019年 - )
フェザー級 (2004年 - 2019年)
ライト級 (2005年)
リーチ178 cm (70 in)
スタンスオーソドックス
チームノヴァウニオン
フアス・バーリトゥード
トレーナーアンドレ・ペデネイラス
ランクブラジリアン柔術 (黒帯)
ルタ・リーブリ (黒帯)
現役期間2004年 -
総合格闘技記録
試合数38
勝利31
ノックアウト17
タップアウト1
判定13
敗戦7
ノックアウト4
タップアウト1
判定2
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 ブラジリアン柔術
世界柔術選手権
2001 リオデジャネイロ
青帯
64kg級
ブラジル選手権
2003 リオデジャネイロ
紫帯
64kg級
UFC世界王者時代のアルド

概要編集

王者時代には「総合格闘技フェザー級世界最強」「フェザー級絶対王者」と評価され、UFCの王座を7度、WECの王座を2度に渡り防衛し、パウンド・フォー・パウンド最強の有力候補にも挙げられていた。2015年にコナー・マクレガーに敗れるまで10年間無敗という驚異的な戦績を誇り、UFC公式が作成したアルドのバイオグラフィーは「偉大なブラジル人MMAファイターの総合目録を作るとしたら、ジョゼ・アルドを含まないわけにはいかない。彼は誰の目から見ても王者であり、スポーツの神である」と称している[3]

来歴編集

マナウスファヴェーラで貧しい家庭に生まれる。幼少時代はサッカーに勤しみ[4]、セミプロ選手として活躍していたが、喧嘩に巻き込まれることが多く、自己防衛の為にカポエイラを始めた。ブラジリアン柔術のコーチに勧められ14歳の時にブラジリアン柔術を始めると、17歳の時に総合格闘技で一旗揚げることを決心しリオデジャネイロに移住。マルコ・ロウロペドロ・ヒーゾに師事し[5]2004年に17歳で総合格闘技デビューし、2005年には修斗米大陸フェザー級(60kg)2位にランクされた[6]

2005年11月25日、Jungle Fight 5でルシアノ・アゼベドと対戦し、チョークスリーパーで2R一本負け。キャリア8戦目で初黒星を喫した。

2007年7月27日、初参戦となったパンクラス昇侍と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年編集

2008年6月1日、WEC初参戦となったWEC 34でアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラと対戦し、パウンドで2RTKO勝ち[7]。11月5日、WEC 36でジョナサン・ブルッキンズと対戦し、パウンドで3RTKO勝ち[8]

2009年編集

2009年1月25日、WEC 38でローランド・ペレスと対戦し、左ジャブを放ったペレスにカウンターの右膝蹴りでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。3月1日、WEC 39でクリス・ミックルにTKO勝ち。6月7日、WEC 41カブ・スワンソンと対戦し、左右の飛び膝蹴りで開始8秒のTKO勝ち[9]

2009年11月18日、WEC 44のWEC世界フェザー級タイトルマッチでマイク・トーマス・ブラウンに挑戦し、2RにバックマウントからのパウンドでTKO勝ち。王座獲得に成功し、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10][11][12]

2010年編集

2010年4月24日、WEC 48のWEC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者ユライア・フェイバーと対戦。フェイバーの打撃をほぼ受けることなく、右ローキックで脚にダメージを与えて何度も転倒させると、3Rには右ハイキックでフェイバーをぐらつかせて3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した[13][14]

2010年9月30日、WEC 51のWEC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者マニー・ガンブリャンと対戦。タックルにあわせたカウンターの右アッパーを効かせ、バックからのパウンドで2RKO勝ち。2度目の王座防衛に成功した[15][16]

2010年10月28日、UFCがWECを統合することが発表され、11月20日に新設された初代UFC世界フェザー級王者に認定された[17]

2011年編集

2011年1月1日、UFC 125のUFC世界フェザー級タイトルマッチでジョシュ・グリスピと対戦予定であったが、アルドの負傷欠場により試合は中止となった[18][19]

2011年2月下旬からオランダへと渡り、アンディ・サワー率いるチーム・サワーとメジロジムにて打撃特訓を行った。この際、サワーから打撃を教わる一方で、サワーに総合のテクニックなどを教えるなど、お互いに協力し合った。

2011年4月30日、UFC 129のUFC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者マーク・ホーミニックと対戦。キックボクシングの北米王座を獲得しているホーミニックをスタンドの攻防で圧倒しパンチで2度ダウンを奪い、5Rに急にスタミナ切れを起こしたものの3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[20][21]。試合後、試合の1週間前に足のつま先の傷から細菌が感染して抗生物質を投与していたが、その抗生物質が効かなかったことでアルドが本調子でなかったことをチームメイトが明らかにした[22]

2011年10月8日、UFC 136のUFC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者ケニー・フロリアンと対戦。終始フロリアンの持ち味を潰しつつ、パンチを的確に当て続けて3-0の5R判定勝ち[23]。2度目の王座防衛に成功した。フロリアンは「アルドのローキックは人生で受けた蹴りで一番痛かった」と語り、この試合で負った右脚の怪我が引退の要因の一つとなったとも語っている。

2012年編集

2012年1月14日、母国ブラジルリオデジャネイロで開催されたUFC142のUFC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者チャド・メンデスと対戦。バックを取ったメンデスに振り返りながらの左膝蹴りでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。3度目の王座防衛に成功した。試合直後には走ってオクタゴンから飛び出し観客席にダイブするパフォーマンスを行った。

2012年7月21日のUFC 149のUFC世界フェザー級タイトルマッチでエリック・コクと対戦予定であったが、アルドの負傷欠場によりUFC 153に延期になった[24]。しかし今度はコクが負傷欠場し、代役に元UFC世界ライト級王者フランク・エドガーが抜擢された[25]。しかし今度は交通事故に巻き込まれたアルドの負傷欠場が発表され試合はUFC 156に延期された[26]

2013年編集

2013年2月2日、UFC 156のUFC世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者フランク・エドガーと対戦。テイクダウンを奪われてもすぐに立ち上がり、パンチと右ローキックを効かせ続けて3-0の5R判定勝ち。4度目の王座防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年8月3日、UFC 163のUFC世界フェザー級タイトルマッチでフェザー級ランキング5位の挑戦者ジョン・チャンソンと対戦。4Rに右ストレートを放ったチャンソンが肩を負傷し、直後にテイクダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。5度目の王座防衛に成功したが、アルドは試合中に右足を骨折した[27]。当初は同大会でアンソニー・ペティスと対戦する予定であったが、ペティスの負傷欠場によりチャンソンとの対戦に変更された。

2014年編集

2014年2月1日、UFC 169のUFC世界フェザー級タイトルマッチでフェザー級ランキング2位の挑戦者リカルド・ラマスと対戦し、スタンドの攻防でラマスを完封して3-0の5R判定勝ち。6度目の王座防衛に成功した。

2014年10月25日、UFC 179のUFC世界フェザー級タイトルマッチでフェザー級ランキング1位の挑戦者チャド・メンデスと2年10カ月ぶりに再戦。1Rに左フックと右ストレートで2度ダウンを奪い、以降は一進一退の打撃戦を繰り広げて3-0の5R判定勝ち。7度目の王座防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年編集

 
アルドとマクレガー

2015年7月11日のUFC 189のUFC世界フェザー級タイトルマッチでフェザー級ランキング3位のコナー・マクレガーと対戦予定だったが、6月30日にアルドの肋骨の負傷により延期された。

2015年12月12日、UFC 194のUFC世界フェザー級王座統一戦で暫定王者コナー・マクレガーと対戦。前進したところにカウンターの左フックでダウンを奪われ開始13秒のKO負け。約10年ぶりの敗戦を喫し、7度に渡って防衛してきた王座から陥落した。

2016年編集

2016年3月2日、リーボックとスポンサー契約を結んだ[28]

2016年7月9日、UFC 200のUFC世界フェザー級暫定王座決定戦でフェザー級ランキング2位のフランク・エドガーと3年5ヶ月ぶりとなる再戦。下がりながら鋭いパンチを的確に当てつつ、エドガーが11度にわたり試みたテイクダウンを完璧に捌ききる驚異のテイクダウンディフェンス能力を見せ1度もテイクダウンを奪われることなく、3-0の5R判定勝ち。暫定王座獲得に成功し、試合後には観客席のコナー・マクレガーに再戦をアピールした。

2016年11月26日 UFC 206マックス・ホロウェイ vs. アンソニー・ペティスがフェザー級暫定王座決定戦となったことに伴い、コナー・マクレガーのフェザー級王座が返上され、アルドは暫定王者から再びフェザー級正規王者に返り咲いた。

2017年編集

2017年6月3日、UFC 212のUFC世界フェザー級王座統一戦で暫定王者マックス・ホロウェイと対戦。1Rと2Rはスタンドの攻防で攻勢に立つも、3Rに足が止まったところに右ストレートでダウンを奪われパウンドでTKO負け。王座統一に失敗し、正規王座から陥落した。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年12月2日、UFC 218のUFC世界フェザー級タイトルマッチで王者マックス・ホロウェイに挑戦予定だったフランク・エドガーが負傷欠場したため、代役でアルドがホロウェイに挑戦。前回同様序盤はスタンドの攻防でペースを掴むも、3Rから動きが落ちるとホロウェイに盛り返され、最後はパウンドでTKO負け。王座奪還に失敗し、自身初の連敗を喫した。

2018年編集

2018年7月28日、UFC on FOX 30でフェザー級ランキング4位のジェレミー・スティーブンスと対戦。1R中盤にパンチラッシュを仕掛けられる場面があったもののすぐに立て直し、1R終盤に左ボディーブローでダウンを奪い、追撃のパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、連敗を2でストップした。なお、アルドがノンタイトルマッチ、3Rの試合を行ったのはおよそ9年ぶりである。

2019年編集

2019年2月2日、UFC Fight Night: Assunção vs. Moraes 2でフェザー級ランキング5位のヘナート・モイカノと対戦。2Rに左フックを効かせ、追撃のスタンドパンチ連打でTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年5月12日、UFC 237でフェザー級ランキング4位のアレクサンダー・ヴォルカノフスキーと対戦し、0-3の判定負け。キャリア初の判定負けとなった。

2019年12月14日、バンタム級転向初戦となったUFC 245でバンタム級ランキング1位のマルロン・モラエスと対戦し、僅差で1-2の判定負け。

2020年編集

2020年7月11日、UFC 251のUFC世界バンタム級王者決定戦でバンタム級ランキング3位のピョートル・ヤンと対戦し、5RにパウンドでTKO負け[29]。王座獲得に失敗した。

2020年12月19日、UFC Fight Night: Thompson vs. Nealでバンタム級ランキング15位のマルロン・ヴェラと対戦。ボディブローと右ローキックを効かせ、グラウンドではバックマウントを奪取するなど全局面で優勢に立ち、3-0の判定勝ち。バンタム級初勝利を飾った。

2021年編集

2021年8月7日、UFC 265でバンタム級ランキング9位のペドロ・ムニョスと対戦し、スピーディーなパンチのコンビネーションとローキックで試合のペースを掴んで3-0の判定勝ち。

2021年12月4日、UFC on ESPN: Font vs. Aldoでバンタム級ランキング4位のロブ・フォントと対戦。フォントの手数とプレッシャーに手を焼いたものの、パンチで2度ダウンを奪い、グラウンドのポジショニングで優勢に立ち続けて3-0の5R判定勝ち。3連勝を飾った。

ファイトスタイル編集

卓越したスピードとテクニックを持つストライカーであり、キレのある右ストレートやフック系のパンチに加えて、強烈な右ローキックやテンカオなどの蹴り技を得意としている。また、高いテイクダウンディフェンスの能力を持ち、テイクダウンディフェンス成功率は90%を誇る。自らテイクダウンを狙うことは少ないが、テイクダウン成功率においても54%と高い数値を持つ。

人物・エピソード編集

  • 幼少期にバーベキューピットによって負った左頬の傷が由来し「スカーフェイス」と称されることがある。
  • 若い頃は何度もオランダまで出向いてキックボクシング特訓をしており[30]、アルドを指導したK-1シュートボクシング世界王者アンディ・サワーは「彼は既にオランダ式ファイトスタイルを身につけているから、10段階評価で7+を与えられるレベルだ」とアルドの打撃レベルを高く評価した[31]
  • サッカー好きであり、格闘技を始める前はサッカー選手だったほどの腕前で[32][33]、2014年12月にブラジルでサッカーの飢餓撲滅チャリティーマッチに出場した際には、ネイマールをヒールリフトで抜き去った[34]
  • 2017年に、マナウスの貧しい家庭に生まれてからスラム街で食べ物にすら困る中でトレーニングを続け、UFCでチャンピオンになるまでのサクセスストーリーを描いた伝記映画『Mais Forte que o Mundo: A História de José Aldo(世界よりも強く)』が公開された[35]
  • 2019年12月27日、アメリカの総合格闘技老舗サイトMMAJunkieが選定する『2010年代のMMAファイターTop 10』で9位に選ばれた[36]
  • 山本"KID"徳郁宇野薫らは2009年に「2009年当時、WECで最も勢いと爆発力があるファイター」と認めていた[37][38]
  • 既婚者であり、一人娘がいる。

戦績編集

総合格闘技 戦績
38 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
31 17 1 13 0 0 0
7 4 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ロブ・フォント 5分5R終了 判定3-0 UFC on ESPN 31: Font vs. Aldo 2021年12月4日
ペドロ・ムニョス 5分3R終了 判定3-0 UFC 265: Lewis vs. Gane 2021年8月7日
マルロン・ヴェラ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Thompson vs. Neal 2020年12月19日
× ピョートル・ヤン 5R 3:24 TKO(パウンド) UFC 251: Usman vs. Masvidal
【UFC世界バンタム級王座決定戦】
2020年7月11日
× マルロン・モラエス 5分3R終了 判定1-2 UFC 245: Usman vs. Covington 2019年12月14日
× アレクサンダー・ヴォルカノフスキー 5分3R終了 判定0-3 UFC 237: Namajunas vs. Andrade 2019年5月12日
ヘナート・モイカノ 2R 0:44 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Assunção vs. Moraes 2 2019年2月2日
ジェレミー・スティーブンス 1R 4:19 TKO(左ボディブロー→パウンド) UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2 2018年7月28日
× マックス・ホロウェイ 3R 4:51 TKO(パウンド) UFC 218: Holloway vs. Aldo 2
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2017年12月2日
× マックス・ホロウェイ 3R 4:13 TKO(パウンド) UFC 212: Aldo vs. Holloway
【UFC世界フェザー級王座統一戦】
2017年6月3日
フランク・エドガー 5分5R終了 判定3-0 UFC 200: Tate vs. Nunes
【UFC世界フェザー級暫定王座決定戦】
2016年7月9日
× コナー・マクレガー 1R 0:13 KO(左フック) UFC 194: Aldo vs. McGregor
【UFC世界フェザー級王座統一戦】
2015年12月12日
チャド・メンデス 5分5R終了 判定3-0 UFC 179: Aldo vs. Mendes 2
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2014年10月25日
リカルド・ラマス 5分5R終了 判定3-0 UFC 169: Barao vs. Faber
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2014年2月1日
ジョン・チャンソン 4R 2:00 TKO(パウンド) UFC 163: Aldo vs. Korean Zombie
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年8月3日
フランク・エドガー 5分5R終了 判定3-0 UFC 156: Aldo vs. Edgar
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年2月2日
チャド・メンデス 1R 4:59 KO(膝蹴り) UFC 142: Aldo vs. Mendes
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2012年1月14日
ケニー・フロリアン 5分5R終了 判定3-0 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2011年10月8日
マーク・ホーミニック 5分5R終了 判定3-0 UFC 129: St-Pierre vs. Shields
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2011年4月30日
マニー・ガンブリャン 2R 1:33 KO(右アッパー→パウンド) WEC 51: Aldo vs. Gamburyan
【WEC世界フェザー級タイトルマッチ】
2010年9月30日
ユライア・フェイバー 5分5R終了 判定3-0 WEC 48: Aldo vs. Faber
【WEC世界フェザー級タイトルマッチ】
2010年4月24日
マイク・トーマス・ブラウン 2R 1:20 TKO(パウンド) WEC 44: Brown vs. Aldo
【WEC世界フェザー級タイトルマッチ】
2009年11月18日
カブ・スワンソン 1R 0:08 TKO(跳び膝蹴り→パウンド) WEC 41: Brown vs. Faber 2 2009年6月7日
クリス・ミックル 1R 1:39 TKO(スタンドパンチ連打) WEC 39: Brown vs. Garcia 2009年3月1日
ローランド・ペレス 1R 4:15 KO(膝蹴り→パウンド) WEC 38: Varner vs. Cerrone 2009年1月25日
ジョナサン・ブルッキンズ 3R 0:45 TKO(パウンド) WEC 36: Faber vs. Brown 2008年11月5日
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 2R 3:22 TKO(パウンド) WEC 34: Faber vs. Pulver 2008年6月1日
昇侍 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年7月27日
ファビオ・メロ 5分3R終了 判定3-0 Top Fighting Championships 3 2007年5月2日
チアゴ・ミヌー 5分3R終了 判定2-0 Gold Fighters Championship 1 2006年5月20日
× ルシアノ・アゼベド 2R 3:37 チョークスリーパー Jungle Fight 5 2005年11月25日
ミッキー・ヤング 1R 1:05 TKO(パンチ連打) FX3: Battle of Britain 2005年10月15日
フィル・ハリス 1R TKO(ドクターストップ) UK-1: Fight Night 2005年9月17日
アンデルソン・シウヴェリオ 1R 8:33 ギブアップ(サッカーボールキック) Meca World Vale Tudo 12 2005年7月9日
アリターノ・バルボーザ 1R 0:20 KO(サッカーボールキック) Rio MMA Challenge 1 2005年5月12日
ルイス・ジ・パウラ 1R 1:54 肩固め Shooto Brazil 7 2005年3月19日
ウドソン・ホシャ 1R終了時 TKO(ドクターストップ) Shooto Brazil: Never Shake 2004年10月23日
マリオ・ビゴラ 1R 0:18 KO(ハイキック) Eco Fight Championship 1 2004年8月10日

獲得タイトル編集

  • 第4代WEC世界フェザー級王座(2009年)
  • 初代UFC世界フェザー級王座(2010年)
  • UFC世界フェザー級暫定王座(2016年)
  • 第3代UFC世界フェザー級王座(2016年)

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(4回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザナイト(2回)
  • WEC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • SHERDOG ファイター・オブ・ザ・イヤー(2009年)
  • SHERDOG 殿堂入り(2014年)
  • ESPN ファイト・オブ・ザ・イヤー(2014年/チャド・メンデス戦)

ペイ・パー・ビュー販売件数編集

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2017年12/02_12月2日 UFC 218: マックス・ホロウェイ vs. ジョゼ・アルド 2 023_23万件
2017年06/04_6月4日 UFC 212: ジョゼ・アルド vs. マックス・ホロウェイ 016_16万7千件
2015年12/12_12月12日 UFC 194: ジョゼ・アルド vs. コナー・マクレガー 120_120万件
2014年10/25_10月25日 UFC 179: ジョゼ・アルド vs. チャド・メンデス 2 018_18万件
2014年02/01_2月1日 UFC 169: ジョゼ・アルド vs. リカルド・ラマス 023_23万件 セミファイナルに出場
2013年08/03_8月3日 UFC 163: ジョゼ・アルド vs. ジョン・チャンソン 018_18万件
2013年02/02_2月2日 UFC 156: ジョゼ・アルド vs. フランク・エドガー 033_33万件
2012年01/14_1月14日 UFC 142: ジョゼ・アルド vs. チャド・メンデス 021_21万5千件
2011年10/08_10月8日 UFC 136: ジョゼ・アルド vs. ケニー・フロリアン 022_22万5千件
2010年04/24_4月24日 WEC 48: ジョゼ・アルド vs. ユライア・フェイバー 017_17万5千件

出演編集

映画編集

  • Like Water (2011)

脚注編集

  1. ^ Jose Aldo: Appreciating The King Of Rio Fightful 2020年12月30日
  2. ^ [1] UFC公式サイト
  3. ^ ジョゼ・アルド UFC公式サイト
  4. ^ Jose Aldo: Dark Horse at 145 Pounds? WEC OFFICIAL SITE 2008年10月3日
  5. ^ 「シャオリンの活躍と、柔術最強軍団の現在 アンドレ・ペデネイラス」 『GONKAKU』No.5、2007年10月号
  6. ^ 米大陸ランキング 修斗ガゼットBLOG版
  7. ^ Alexandre Franca Nogueira vs. José Aldo TAPOLOGY 2008年6月1日
  8. ^ José Aldo vs. Jonathan Brookins TAPOLOGY 2008年11月5日
  9. ^ That Time Jose Aldo's Flying Knee KO'd Cub Swanson in 8 Seconds Flat Bleacher Report 2017年6月1日
  10. ^ WEC 44 bonuses: Aldo, Roller, Swanson and Franchi earn $10,000 awards MMA Junkie 2009年11月18日
  11. ^ 【WEC44】アルド、WEC6連続一本勝ちで王座奪取 MMAPLANET 2009年11月19日
  12. ^ WEC 44 Results: Jose Aldo Stuns Mike Brown To Win Featherweight Title Bleacher Report 2009年11月18日
  13. ^ 【WEC48】アルドがユライア下し、力の差を誇示 MMAPLANET 2010年4月25日
  14. ^ WEC 48 Results: Jose Aldo Dominates Urijah Faber To Retain Featherweight Title SBNATION 2010年4月25日
  15. ^ 【WEC51】強すぎる王者アルド、またも完全無欠の防衛 MMAPLANET 2010年10月1日
  16. ^ WEC 51 Results: Jose Aldo Retains Featherweight Title With KO Of Manny Gamburyan SBNATION 2010年9月30日
  17. ^ UFC&WEC一本化、バンタム級王者は「最高の気分だ」 MMAPLANET 2010年10月29日
  18. ^ 【UFC125】MMA2011は五味隆典×グイダでスタート MMAPLANET 2010年12月31日
  19. ^ 【UFC125】初UFC世界フェザー級戦、挑戦者は秒殺王子 MMAPLANET 2010年11月4日
  20. ^ UFC初のスタジアムショーで2大“絶対王者”が防衛に成功 MMAPLANET 2011年5月2日
  21. ^ UFC 129 RESULTS: JOSE ALDO DEFENDS TITLE IN A HARD FOUGHT BATTLE MMA Weekly 2011年4月30日
  22. ^ UFC 129: Aldo’s Coach Confirms He Was Fighting an Infection, Credits Hominick Bloody Elbow 2011年5月5日
  23. ^ UFC 136 Results: Jose Aldo Decisions Kenny Florian Bloody Elbow 2011年10月8日
  24. ^ Jose Aldo-Erik Koch Title Bout Postponed; Urijah Faber-Renan Barao to Headline UFC 149 sherdog.com 2012年6月9日
  25. ^ Edgar to replace Koch for UFC 153 title fight vs. Aldo mmajunkie.com 2012年8月31日
  26. ^ Jose Aldo Regrets UFC 153 Withdrawal, Still Wants to Fight Frankie Edgar[リンク切れ] mmajunkie.com 2012年9月11日
  27. ^ X-ray confirms Jose Aldo broke his foot during UFC 163 win MMA Fighting 2013年8月4日
  28. ^ Former UFC champion Jose Aldo inks two-year deal with Reebok Bloody Elbow 2016年3月2日
  29. ^ 【UFC】ピョートル・ヤン、アルドを粉砕しバンタム級新王者に”. eFight 【イーファイト】 (2020年7月12日). 2020年11月2日閲覧。
  30. ^ みどころ UFC142[リンク切れ] UFC WORLD
  31. ^ http://twitter.com/souwerpower82/status/40116158850007040
  32. ^ UFC公式プロフィールUFC公式サイト
  33. ^ Jose Aldo Says Quit Worrying and Take in the Beauty of the World Cup FIGHTLAND
  34. ^ UFC champ Jose Aldo blows by Brazilian star Neymar in soccer match FOX Sports
  35. ^ 『世界よりも強く』感想(ネタバレ)…UFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドの伝記映画”. シネマンドレイク (2017年5月4日). 2017年5月4日閲覧。
  36. ^ Top 10 MMA fighters of the 2010s MMAJunkie 2019年12月27日
  37. ^ kamipro』 No.132
  38. ^ GONKAKU』 2009年4月号

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
マイク・トーマス・ブラウン
第4代WEC世界フェザー級王者

2009年11月18日 - 2010年10月28日

次王者
王座廃止
前王者
王座新設
初代UFC世界フェザー級王者

2010年11月20日 - 2015年12月12日

次王者
コナー・マクレガー
前王者
王座新設
UFC世界フェザー級暫定王者

2016年7月9日 - 2016年11月26日

次王者
王座廃止
空位
前タイトル保持者
コナー・マクレガー
第3代UFC世界フェザー級王者

2016年11月26日 - 2017年6月3日

次王者
マックス・ホロウェイ