アンソニー賞(アンソニーしょう、The Anthony Awards )は、1986年からミステリの世界大会バウチャーコンにおいて推理作家らに贈られる文学賞アメリカ探偵作家クラブの創設者の1人であるアントニー・バウチャー(1911年 - 1968年)に因んで名付けられ[1]、毎年秋に異なる都市で開催される。


各年の結果 1980年代 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年
1990年代 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年
2000年代 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年
2010年代 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年
出典 - 外部リンク

部門編集

各賞は毎年行われるイベントの参加者らの投票で決まる。以下の部門以外に「ワイルドカード」賞も存在する。

  • 長編賞
  • 新人賞
  • ペーパーバック賞
  • 短編賞
  • 評論 / ノンフィクション賞
  • 特別賞

各年の結果編集

1980年代編集

1986年編集

1987年編集

1988年編集

1989年編集

1990年代編集

1990年編集

1991年編集

1992年編集

  • 長編賞 - ピーター・ラヴゼイ 『最後の刑事』
  • 新人賞 - スー・ヘンリー 『犬橇レースの殺人』
    • メアリー・ケイヒル "Carpool"
    • マーガレット・ラック "A Relative Stranger"
    • レベッカ・ローゼンバーグ 『果樹園殺人事件』
    • レスリー・ワッツ "The Chocolate Box"
    • グロリア・ホワイト 『フォート・ポイントの殺人』
  • 短編賞 - リザ・コディ英語版 「運のいい拾い物」
  • 評論賞 - マクシム・ジャクボウスキー英語版 "100 Great Detectives"
  • ワイルドカード賞

1993年編集

1994年編集

1995年編集

1996年編集

1997年編集

1998年編集

1999年編集

2000年代編集

2000年編集

2001年編集

2002年編集

2003年編集

2004年編集

2005年編集

2006年編集

2007年編集

2008年編集

2009年編集

2010年代編集

2010年編集

2011年編集

2012年編集

2013年編集

2014年編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

出典編集

  1. ^ Published Monday, Sep 19 2011, 21:48 BST (2011年9月19日). “'The Chill' wins Anthony Award for 'Best Graphic Novel' - Comics News”. Digital Spy. 2012年1月26日閲覧。

外部リンク編集