メインメニューを開く

アントーン・ハックル(:Anton "Toni" Hackl、1915年3月25日 - 1984年7月10日)はドイツの軍人。最終階級は空軍少佐。第二次世界大戦ではドイツ国防軍空軍に所属し、数々の戦果を上げたエース・パイロットとして知られる。柏葉・剣付騎士鉄十字章受章者の一人である。

アントーン・ハックル
Anton Hackl
渾名 トニ(Toni)
生誕 1915年3月25日
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン王国
レーゲンスブルク
死没 1984年7月10日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
バイエルン州レーゲンスブルク
所属組織 War Ensign of Germany (1922–1933).svg ヴァイマル共和国軍陸軍 (1933 – 1935)
War Ensign of Germany (1938–1945).svg ドイツ国防軍空軍 (1935 – 1945)
軍歴 1933 - 1945
最終階級 少佐
テンプレートを表示

経歴編集

ハックルは1915年3月25日ドイツ帝国バイエルン王国レーゲンスブルクに生まれた。第二次世界大戦勃発当時、彼はドイツ空軍第77戦闘航空団(JG77)第II飛行隊所属の伍長であった[注釈 1]。1940年5月、JG77とともにノルウェーの基地へと移った彼は、翌月にイギリス空軍爆撃機ハドソンを2機撃墜し初の戦果を上げた。6月27日にはさらにハドソンを撃墜し、ノルウェーにいた期間中4回の空中戦で勝利している。

1941年7月、ハックル含めJG77は独ソ戦に参戦することになった。そして、彼はその年の終わりまでに27機の撃墜を記録した。1942年には彼はJG77第5中隊中隊長に任命された。その年の春までに彼は撃墜数を大幅に伸ばし、5月には総撃墜数51機の栄誉から騎士鉄十字章を受章するに至っている。7月に入ると、彼は僅かひと月でソヴィエト連邦ヴォロネジ州ヴォロネジ付近に於いて計37機を撃墜しており、そのうち7月21日7月23日にはそれぞれ一日で6機を撃墜している。8月にはさらに3機を撃墜し、総撃墜数100機を記録、そして8月6日には柏葉付騎士鉄十字章を受章した。彼の記録はその後も伸び続け、9月にはソ連軍戦闘機LaGG-3などを撃墜し総撃墜数が118機に達した。

その後JG77第II飛行隊はチュニジアへ異動したが、そこでもハックルは6機の撃墜を記録した。しかし1943年2月4日、戦闘機P-38との航空戦のさなか彼は重傷を負ってしまった。彼は数か月間の入院生活を余儀なくされ、戦線へ復帰したのは9月のことであった。復帰後、彼は配属が第11戦闘航空団(JG11)第III飛行隊へと変わり、ドイツの防衛が主な任務となった。10月1日から飛行隊長となった第III飛行隊でも彼は戦果を上げ、配属期間中に25機の撃墜を記録した。しかし1944年4月、アメリカ陸軍航空軍所属の戦闘機P-47との航空戦により再び重傷を負った。7月9日、彼は柏葉・剣付騎士鉄十字章を受章し、同じ月に第76戦闘航空団(JG76)司令に就任した。

10月8日、ハックルは165機撃墜により第26戦闘航空団(JG26)第II飛行隊長にも就任している。彼は1944年末までに総計172機の撃墜を記録した。1945年2月には、それまでの第300戦闘航空団(JG300)司令代理から正式に司令へと昇格した。彼はその後も24機の撃墜を上げたといわれるが、すべて非公式記録である。

ハックルは大戦中、合計出撃回数約1000回、撃墜機数192機(+非公式24機)を記録した[1]。撃墜機内訳は、131機が独ソ戦によるもの、6機がアフリカ戦線によるもの、残る55機が西部戦線によるものである。ハックルが配属されていた戦闘航空団(JG)別では、55機がJG11、10機がJG10、1機がJG300、124機がJG76に配属されていたころに撃墜した数である。さらに彼自身8回撃墜され、内4回負傷している。

1984年7月10日ドイツ連邦共和国バイエルン州レーゲンスブルクで死去。

叙勲編集

脚注編集

  1. ^ Bergström & Mikhailov 2001, p. 197.
  2. ^ a b Thomas 1997, p. 235.
  3. ^ a b c Scherzer 2007, p. 358.
  4. ^ Fellgiebel 2000, p. 209.
  5. ^ Fellgiebel 2000, p. 60.
  6. ^ Fellgiebel 2000, p. 44.

注釈編集

  1. ^ For an explanation of the meaning of Luftwaffe unit designation see Luftwaffe Organization
  2. ^ According to Scherzer on 7 August 1942.[3]
  3. ^ According to Scherzer on 12 July 1944.[3]

参考文献編集

  • Berger, Florian (1999) (German). Mit Eichenlaub und Schwertern. Die höchstdekorierten Soldaten des Zweiten Weltkrieges [With Oak Leaves and Swords. The Highest Decorated Soldiers of the Second World War]. Vienna, Austria: Selbstverlag Florian Berger. ISBN 978-3-9501307-0-6. 
  • Bergström, Christer & Mikhailov, Andrey (2001), Black Cross / Red Star Air War Over the Eastern Front, Volume II, Resurgence January–June 1942, California: Pacifica Military History. ISBN 0-935553-51-7.
  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1941 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6. 
  • Weal, John (1996). Focke-Wulf Fw 190 Aces of the Western Front. London, UK: Osprey Publishing. ISBN 1-85532-595-0.
  • Weal, John (1999). Bf 109F/G/K Aces of the Western Front. Osprey Publishing. ISBN 1-85532-905-0.
  • Weal, John (2001). Bf109 Aces of the Russian Front. Oxford, UK: Osprey Publishing Limited. ISBN 1-84176-084-6.
  • Weal, John (2011). Fw 190 Defence of the Reich Aces. Oxford, UK: Osprey Publishing Limited. ISBN 978-1-84603-482-4.
  • Frey, Gerhard; Herrmann, Hajo: Helden der Wehrmacht – Unsterbliche deutsche Soldaten (in German). München, Germany: FZ-Verlag GmbH, 2004. ISBN 3-924309-53-1.

関連項目編集