アンブラックメタル

アンブラックメタルUnblack Metalクリスチャン・ブラックメタル)は、歌詞やアートワークでキリスト教を賛美する一方で、音楽的にはブラックメタルのスタイルをとっているジャンル[1]。ブラックメタルの先駆者、特に第二世代のバンドは反キリストの立場をとっていることが普通であるため、このジャンルの誕生は議論を呼ぶことになった。多くのブラックメタルバンドのもつ特徴である邪悪さや個人主義的、人間不信的な思想がキリスト教と矛盾するのではないかとも言われている[2]

アンブラックメタル
Unblack Metal
様式的起源 ブラックメタルクリスチャン・メタル
文化的起源 1990年代前半、ヨーロッパオーストラリア
使用楽器 ボーカルギターベースドラムキーボードシンセサイザー

目次

概要編集

誕生した正確な時期については意見が分かれている。オーストラリアのバンドHordeが1994年に発表したアルバムHellig Usvartにおけるアンブラックメタルのコンセプトとホーリー・アンブラックメタルという言葉はメディアの関心をひくことになった[3]。ホーリー・アンブラックメタルと言う言葉はダークスローンが2ndと3rdで使用したスローガンである"アンホーリー・ブラックメタル"をもじったものである[4]。一方で、1990年に結成されたノルウェーのバンドAntestorはすでにThe Defeat of Satanを1991年にリリースしている。しかし、後の1994年に発表したアルバムMartyriumで彼らはブラックメタルへと方向を転換している。

アンブラックメタルはブラックメタルシーンの中でキリスト教を好意的に描く集団だと見なされている。楽曲の特徴としては速いテンポ、叫び声、トレモロピッキングを用いて高音域を強調したディストーションギター、ツーバスを使うドラミング、通常とは異なった曲構成などブラックメタルと同様のものが挙げられる。

アンブラックメタルバンドの中にはサタニズムを批判する歌詞を書くものもいる。オーストラリアのHordeはその代表である[5]。このテーマは1990年代の中頃によくみられるものだった。1990年代の後半になると、哲学イデオロギーを扱った歌詞が増えていった。そのなかには改宗救済信仰の戦いの話や、聖書の引用が含まれたものも多い。アンブラックメタルバンドがブラックメタルをプレイする理由には、ブラックメタルを純粋に音楽の一ジャンルとして評価しているというものから、ブラックメタルシーンに福音をもたらすというものまで存在する[5][6]

歴史編集

1990年代初頭編集

1994年にレコーディングされ、発表されたオーストラリアのバンドHordeのデビューアルバムHellig Usvartが史上初のアンブラックメタルアルバムだとされる。ただ、唯一のメンバーであるAnonymousは「Hordeの前にも似たようなバンドはいたよ。ノルウェーにでさえね。」といい、1990年に結成されたAntestorについて言及している。Antestorは1993年以前はCrush Evilというデスドゥームバンドだった。デビューアルバムであるMatyriumも1994年にレコーディングされており、アンブラックメタルの音楽性へとシフトしている。だが、当時のレーベルとの問題により、2000年まではオフィシャルに発表されなかった[7]メイヘムユーロニモスはCrush Evilを脅して解散させようとしていたが[8]、1993年にヴァルグ・ヴィーケネスによって殺害されてしまった。

Hellig Usvart(ノルウェー語でHoly Unblack)はブラックメタルシーンで激しい論争の的になり、Nuclear Blast Recordsにはメンバーの名を公表しないと殺害する、との脅迫文が送られてきた。のちに、MortificationとParamaeciumの元ドラマーであったJayson Sherlockが唯一のメンバーであったことが判明した[9]メディアはこの論争に俄かに興味津々となった。1995年の6月6日に、ノルウェーの週刊紙モルゲンブラーデは、アンブラックメタルに関する記事を出した。それによれば、Hordeのアルバムは「ノルウェーのブラックメタル・ムーヴメントに対して突如現れた風刺」だという。Antestorもインタビューされており、ヴォーカリストのKjetil Molnesは「私たちは自分たちのことをブラックメタルだと考えていますが、それは音楽の形式としてです。イデオロギーとか信条とかじゃあないんです。」と答えている[3][10]

スウェーデンのバンドAdmonishは1994年ごろ結成された。スウェーデンで初のアンブラックメタルバンドである[11]。彼らは自らのウェブサイト上で自分たちのスタイルを「クリスチャン・ブラックメタル」と表現したことで有名になった。この件もアンダーグラウンドシーンで議論を巻き起こし、アンチ・Admonishのウェブサイトまで立ち上げられるほどであった[11]。公式には2005年までなんのリリースもなかったが、メタル・ハマーマガジンは1990年代のブラックメタル特集で、Admonishを「クリスチャンブラックメタルバンドを代表するバンドのひとつ」と表現していた[11]

論争編集

キリスト教か否かでブラックメタルバンドをわけることを「とても無意味だと感じる」とする論者もいる[12]。しかし、HordeやAntestorなどの初期のバンドは自分たちの音楽性を"ブラックメタル"と表現することを拒絶している。ジャンルがサタニズムと強く結びついているように感じられるのが理由だという。Hordeは自分たちの音楽性を"ホーリー・アンブラックメタル"と呼び、Antestorは"ソロウ・メタル"と表現するのを好んでいる[13]。ドキュメンタリーLight in Darkness – Nemesis Divinaを撮ったStefan Rydehedはインタビューで「クリスチャン・ブラックメタルのミュージシャンは自分たちをブラックメタルシーンの一員と考えているが、なかなか受け入れられていない。他のブラックメタル・ミュージシャンからもだが、社会や、一般のクリスチャンからも認められていないんだ。」と語っている[14]

現在活動している多くのアン・ブラックメタルバンドは、ブラックメタルはもはや思想的なムーヴメントではなく、単なる音楽ジャンルになったと考えており、そのため自分たちの音楽性をブラックメタルと表現している[15]。例えば、スウェーデンのCrimson MoonlightのヴォーカリストSimon Rosénはあるインタビューで「まず、私たちの音楽をアン・ブラックメタルだとかホワイト・メタルとは呼びたくはありません。私たちはブラックメタルをプレイしているのですよ。」と述べている[16]。Ultimate Metalでのインタビューで、彼は自身の考えを更にこう説明している。

全ての音楽ジャンルは今や中立的なものになったと考えています。つまり、音楽ジャンルそれ自体が"悪"になることはないということです。そういったことは目的がどうかによりますよね。その音楽を選んだ理由とか歌詞が扱うテーマは何かとか。説明のための一例を挙げてみましょうか。殺人者の手にある刃物は人を殺すことが出来ますが、ドクターの手にある刃物は人を救うことが出来ます。さあ、刃物自体が悪だって言えるでしょうか?それは違うでしょう。どう使うかによるんです。音楽をどのような目的で使いたいかを決める力は私たちの手の内にこそあるんです。私たちが自分たちを"ブラックメタル"だと言うと、多くのブラックメタルファンがいい顔をしないのは知っています。それに関して不快な思いをさせているのであれば、残念です。でも、私たちにとって、ブラックメタルは一つの音楽ジャンルでしかないんです。Veil of Remembranceを聴いてみてください。そして、それが何というジャンルなのか私に教えてくださいよ[15]

一方で、ブラックメタルシーンに属する多くの人は"クリスチャン・ブラックメタル"をある種の撞着語法だと捉えている。イギリスのドキュメンタリーMurder Music: A History of Black Metalでは、インタビューを受けた全ての人が、ブラックメタルはクリスチャンになり得ないと答えている[17]。"クリスチャン・ブラックメタル"という語は、ブラックメタル・ミュージシャン達から嘲笑を含んだ反応を受けている。たとえば、イギリスのバンドSabbatのMartin Walkyierは「"クリスチャン・ブラックメタル"? 何をするっていうんだ?教会でも建てんのか?修復でもするって言うのかよ?(笑)」と答えている[17]

主なバンド一覧編集

Band Country Formed Notes
Admonish Sweden 1994 [18]
Antestor Norway 1991 [19]
Armageddon Holocaust Indonesia 1999 [20]
Arvinger Norway
Blood Covenant India 2005 [21]
Crimson Moonlight Sweden 1997 [22]
Drottnar Norway 1996 [23]
Frost Like Ashes USA 2001 [24]
Horde Australia 1994 [25]
Kekal Indonesia 1995 [26]
Lengsel Norway 1995 [27]
Sanctifica Sweden 1996 [28]
Slechtvalk Netherlands 1997 [29]
Vaakevandring Norway 1999 [30]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ Kapelovitz, Dan (February 2001). “Heavy Metal Jesus Freaks - Headbanging for Christ”. Mean Magazine. http://www.kapelovitz.com/christianmetal.htm 2007年9月6日閲覧. "And where secular Black Metal thrived, so did its Christian counterpart, Unblack Metal, with names like Satanicide, Neversatan, and Satan's Doom." 
  2. ^ Kittil Kittilsen, Beat the Blizzard
  3. ^ a b MusikkOpp-ned oppnedkors!” (Norwegian). Morgenbladet. Oslonett (1995年2月6日). 2007年12月19日閲覧。
  4. ^ Erasmus. Horde Interview. Retrieved 2007-10-23.
  5. ^ a b "So the album was created with a prophetic, free, submissive, obedient, reverent, anti-Satan and Christian mindset." – Horde: Interview with Son Of Man Records (retrieved 2007-11-30).
  6. ^ "Our songs deal with personal challenges as well as on spiritual struggles." - Pål Dæhlen: Interview with CrossOver.
  7. ^ Michael Bryzak. Liner notes of The Defeat of Satan / Despair. Endtime Productions. 2003.
  8. ^ Eithun, Bård G. "Faust" (1990-1993, correct date unknown). “Mayhem Interview”. Orcustus zine. Blackmetal.nu. 2007年8月29日閲覧。
  9. ^ Waters, Scott. Horde. Retrieved 23 October 2007.
  10. ^ EvilVasp. “Horde - Hellig Usvart”. Necromancy. Open Publishing. 2008年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月19日閲覧。
  11. ^ a b c Morrow, Matt (2005年5月26日). “Admonish Interview”. The Whipping Post. Open Publishing. 2007年9月9日閲覧。
  12. ^ Lahtonen, Jussi (2005年10月25日). “White Metal” (Finnish). Sue Rock Punk Metal Zine. 2007年9月7日閲覧。 “Jotkut ovat vaivautuneet kikkailemaan semanttisesti nimeämällä tyylit uudestaan life metaliksi ja Anti-black metaliksi, mikä tuntuu melko turhalta. (Some [Christian metal fans] have bothered to come up with semantical gimmicks and rename the genres [death metal and black metal] as life metal and Anti-black metal, which feels rather pointless.”
  13. ^ Morrow, Matt (2001年). “Antestor - The Return of the Black Death”. The Whipping Post. Open Publishing. 2007年8月29日閲覧。
  14. ^ Pentagrimes. Light in Darkness -- Nemesis Divina: An interview with Stefan Rydehed. Whose Are the Objections. 09-13-2008.
  15. ^ a b Jordan, Jason (2005年). “Crimson Moonlight - At Their Most Brutal”. Ultimate Metal webzine. Ultimatemetal.com. 2005年5月15日閲覧。
  16. ^ Mei, Valerio. Crimson Moonlight. White Metal.
  17. ^ a b Shash Media & Rockwrold TV, Murder Music – Black Metal document. Inverviews: Luscious Rene. Interviewees: Mantas (Venom), Dani Filth, Sabbat, Satyricon, Black Widow, Dimmu Borgir, Mayhem, and Immortal. Retrieved 2007-10-23. 2007.
  18. ^ Sharpe-Young, Garry. “Admonish”. MusicMight. 2009年8月25日閲覧。
  19. ^ Born, R. “Antestor”. MusicMight. 2009年8月25日閲覧。
  20. ^ Armageddon Holocaust”. MusicMight. 2012年3月15日閲覧。
  21. ^ Blood Covenant (band)”. 2009年12月21日閲覧。
  22. ^ Born, R. “Crimson Moonlight”. MusicMight. 2009年12月21日閲覧。
  23. ^ Sharpe-Young, Garry. “Drottnar”. MusicMight. 2009年8月24日閲覧。
  24. ^ Sharpe-Young, Garry. “Frost Like Ashes”. MusicMight. 2009年8月25日閲覧。
  25. ^ Sharpe-Young, Garry. “Horde”. MusicMight. 2009年8月25日閲覧。
  26. ^ Mean Deviation: Four Decades of Progressive Heavy Metal. Bazillion Points Books. (2010). p. 342. http://books.google.com/books?id=8ZwZcZ2X5ToC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 2011年8月6日閲覧。. 
  27. ^ Sharpe-Young, Garry. “Lengsel”. MusicMight. 2009年8月24日閲覧。
  28. ^ Sharpe-Young, Garry. “Sanctifica”. MusicMight. 2009年8月24日閲覧。
  29. ^ Born, R. “Slechtvalk”. MusicMight. 2010年1月5日閲覧。
  30. ^ Sharpe-Young, Garry. “Vaakevandring”. MusicMight. 2009年8月15日閲覧。

外部リンク編集