メインメニューを開く

アヴランシュ(仏語:Avranches)はフランスノルマンディー地域圏マンシュ県にある都市

アヴランシュ
Blason ville fr Avranches (Manche).svg

FranceNormandieAvranchesHotelDeVille.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノルマンディー地域圏
(département) マンシュ県
(arrondissement) アヴランシュ郡
小郡 (canton) アヴランシュ小郡
INSEEコード 50025
郵便番号 50300
市長任期 ダヴィド・ニコラ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes du canton d'Avranches
人口動態
人口 7 950人
2011年
人口密度 1,767人/km2
住民の呼称 Avranchinais
地理
座標 北緯48度41分06秒 西経1度21分20秒 / 北緯48.685度 西経1.355556度 / 48.685; -1.355556座標: 北緯48度41分06秒 西経1度21分20秒 / 北緯48.685度 西経1.355556度 / 48.685; -1.355556
標高 平均:108 m
最低:7 m
最高:108 m
面積 市: 4,5km2
アヴランシュの位置(フランス内)
アヴランシュ
アヴランシュ
テンプレートを表示

地理編集

マンシュ県の南岸に位置する。モン・サン・ミシェルを見下ろすの上にある町である。

由来編集

アヴランシュとは、ケルト人の一部族アブリンカトゥイ族(ラテン語表記:Abrincatui、fr:Abrincates)に由来する。ラテン語のaberは河口を意味し、catuiとは戦士を意味する。すなわち、『河口に住む戦士』となる。

歴史編集

5世紀終わりに司教座が設置されたが、9世紀以降激化したヴァイキング襲来によって、司教座は近郊のドル=ド=ブルターニュへ移された(10世紀に司教座が復活するが、1801年コンコルダートで再度廃止され、クタンス司教座と統合された)。中世のアヴランシュは、イングランドプランタジネット朝とフランス・カペー朝係争地であった。

ユグノー戦争さなかの1562年、ユグノー軍による攻撃でアヴランシュは荒廃した。

1639年の製造に関わる庶民たちが時の宰相リシュリュー政権に反抗し、ヴァ=ニュ=ピエの反乱(fr:Révolte des va-nu-pieds)が起きた(モン・サン・ミシェル近郊の湾では太古から塩の製造が盛んであった)。リシュリューは王軍を差し向けてアヴランシュを制圧、住民を虐殺し反乱の首謀者らを処刑した。

交通編集

アヴランシュは、カーンレンヌ間の交通路に位置する。

著名な出身者編集

姉妹都市編集

ギャラリー編集

外部リンク編集