アーチャー自走榴弾砲(アーチャーじそうりゅうだんほう、FH77BW L52、英語: ARCHER Artillery Systemスウェーデン語: Artillerisystem 08)は、スウェーデンノルウェーが共同で開発した新世代の自走榴弾砲である。

アーチャー自走榴弾砲
Archerside commons.jpg
種類 自走榴弾砲
原開発国  スウェーデン
運用史
配備期間 2009年-
開発史
開発期間 2003年(開発)[1]
製造業者 ボフォース
諸元
重量 33.5t[1]
全長 14.1m
全幅 3.0m
全高 3.3-3.9m
要員数 4名(操縦士1名、操作要員3名)

口径 155mm
銃砲身 8,060mm(52口径
反動 液気圧式駐退複座機
2段式マズルブレーキ
旋回角 左右85°
発射速度 8-9発/分(持続射撃)、3発/15秒(バースト射撃)
有効射程 30km(標準榴弾
40km(ベースブリード弾
60km(GPS誘導砲弾M982 エクスカリバー

主兵装 52口径155mm榴弾砲FH77B05
副兵装 コングスベルグ
プロテクター M151 RWS
行動距離 ?-500km
速度 65km
テンプレートを表示

概要編集

アーチャーは、ボルボ建設機械製の6×6(六輪駆動ダンプトラックA30Dのシャーシを基にし、荷台部分に52口径155mm榴弾砲FH77/Bを搭載した砲塔を搭載している。この砲塔は自動装填装置によって完全に無人化されており、砲塔に搭載された砲弾と発射薬の装填作業と射撃はすべてキャビンからの指示と操作に基づいて自動的に機械が行う。そのため、数分で何十発もの砲撃が可能となっている。また、GPSを内蔵した榴弾が発射可能となっており、長距離からの精密射撃も可能である。

キャビンには操縦士を含めて4名が搭乗しており、配置を開始してから砲撃を行い撤収するまでの一連の作業において一切キャビン外部に出る必要がなく、砲撃準備および撤収までの移行時間も約30秒以内と短縮化されている。運転席は厚さ8cmの防弾ガラスで覆われており、銃撃にも耐えうる。キャビンの屋根の上にはコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース製のプロテクター M151RWSを介してブローニングM2重機関銃が1挺搭載されており、これも車内からの遠隔操作で照準と射撃が可能である。

給弾は、アーチャーに横付けしたクレーンを備えた補給専用のトレーラーから補給。砲弾はクレーンの補助付きで運搬し、砲塔の右側から21発を装填。装薬はモジュラー式装薬補給装置を使用して転がすように運搬、砲塔の左側から126包を給弾する事が出来る。給弾は砲塔のハッチの窪みに入れた後にスイッチを押すと電動で中の弾倉に送り込まれる仕組みで、少人数かつ短時間(おおよそ8分以内)で迅速に作業を完了する事が出来る。

装輪型自走榴弾砲の比較
 19式  / アーチャー  カエサル  ATMOS  ダナ  ノーラ B-52  G6-52  A-222
画像                
全長 11.4m 14.1m 10m 9.5m(本体) 11.1m 11.0m 10.4m 15.936m
全幅 2.5m 3.0m 2.55m 2.55m(本体) 3.0m 2.95m 3.5m 3.24m
全高 3.4m 3.3-3.9m 3.7m ? 2.85m 3.45m 3.4m 3.29m
重量 25t以下 33.5t 17.7t 22t(参考) 29t 34t(K-I)
25t(K2)
46.5t 43.7t
最高速度 不明 65km/h 100km/h 80km/h(道路上)
30km/h(不整地)
80km/h 90km/h(道路上)
25km/h(砂利道)
15km/h(不整地)
85km/h 60km/h
乗員数 5名 3-4名 5名
(緊急時3名)
4-6名 5名 3-5名 3-5名 4-8名
主砲 52口径155mm 36.6口径152mm 52口径155mm
(砲室23Lまたは25L)
52口径155mm 54口径130mm
副武装 - プロテクターRWS×1 - - DŠKM 12.7mm重機関銃×1 7.62mm機銃
または7.62mm/12.7mm RCWS
- PKT 7.62mm機関銃
最大射程 不明 60km(M982) 50km(RAP弾) 41km(ベースブリード弾) 28km(ベースブリード弾) 58km(HE ERFB/RA-BB)
67km (HE V-LAP)
67km(M9703A1)
実験では73kmも記録
22km
発射速度 不明 8-9発/分 6-8発/分 4-9発/分 5発/分 6-12発/分 4発/分 12発/分
自動装填装置 不明 装填アシスト
装甲 不明
(キャビンのみ)

(完全防護はK-I,K2のみ)
備考 2019年現在試験中。
数値は試作車[2]
射撃準備・撤去は各30秒
全自動で装填・射撃可能
8分で全弾給弾可能
装薬は手動装填
タッチパネル照準装置
6x6や8x8のトラックを自由に選択可能 世界初の装輪式自走榴弾砲
砲塔は225°旋回可
砲塔は360°旋回可
背面には水平射撃可
対戦車誘導砲弾あり
沿岸砲として運用
砲の仕様は海軍艦艇と共通


関連項目編集

参考文献・サイト編集

外部リンク編集