メインメニューを開く

アール・ゾイ[1]Art Zoyd)は、1969年に結成されたフランスのバンド。フリー・ジャズプログレッシブ・ロック、前衛的なエレクトロニカをミックスしている。

アール・ゾイ
Art Zoyd
別名 Art Zoyd 3
Art Zöyd
出身地 フランスの旗 フランス ヴァランシエンヌ
ジャンル プログレッシブ・ロック
ロック・イン・オポジション
サウンドトラック
活動期間 1969年 -
共同作業者 ユニヴェル・ゼロ
公式サイト www.artzoyd.net

ディスコグラフィ編集

  • 『都市が燃える日の為の交響曲(オリジナル・ヴァージョン)』 - Symphonie pour le jour où brûleront les cités (1976年) ※初出は「Art Zoyd 3」名義
  • 『オデッセイの為の音楽』 - Musique pour l'Odyssée (1979年) ※旧邦題『オデッセイ』
  • 『未来なき世代』 - Génération sans futur (1980年) ※旧邦題『終末の世代』
  • 『都市が燃える日の為の交響曲(リレコーディド・ヴァージョン)』 - Symphonie pour le jour où brûleront les cités (1981年) ※旧邦題『都市が焼け落ちる日のシンフォニー』
  • 『ファブ・カトル(第四局面)』 - Phase IV (1982年) ※旧邦題『フェイズIV』
  • 『心配な空間』 - Les espaces inquiets (1983年) ※旧邦題『不吉な空間』
  • 『天国と地獄の結婚』 - Le mariage du ciel et de l'enfer (1985年) ※ローラン・プティのバレエのための音楽
  • 『ベルリン』 - Berlin (1987年)
  • 『吸血鬼ノスフェラトゥ』 - Nosferatu (1990年) ※F・W・ムルナウの映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』のための音楽
  • Marathonnerre I (1992年)
  • Marathonnerre II (1992年)
  • 『ファウスト』 - Faust (1996年) ※F・W・ムルナウの映画『ファウスト』のための音楽
  • Häxan (1997年)
  • 『ユービック』 - u.B.I.Q.U.e. (2001年) ※フィリップ・K・ディックの小説『ユービック(Ubik)』をベースとしている[2]
  • Expériences de Vol (2002年)
  • Metropolis (2002年) ※フリッツ・ラングの映画『メトロポリス』のための音楽
  • 『涙の荒野』 - le champ des larmes (2006年)
  • AZO-Hourbette-Toeplitz-Branca (2007年)
  • La chute de la Maison usher (2008年)
  • 『アイキャッチャー:カメラを持った男』 - Eyecatcher - Man With A Movie Camera (2011年)
  • Armageddon - Opérette Pour Robots (2012年)
  • 44½: Live and Unreleased Works (2017年) ※ボックス・セット (CD12枚、DVD2枚、ブックレット2冊、ポスター2枚)
  • Phase V (2018年)

脚注編集

  1. ^ アート・ゾイド」の表記もある。
  2. ^ Art Zoyd – Ubique”. JazzLoft. 2013年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。

外部リンク編集