メインメニューを開く
画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2009年4月

イオンタウン古川(イオンタウンふるかわ)は、宮城県大崎市にある、イオンタウンが管理・運営するショッピングセンターである。

イオンタウン古川
ÆON TOWN FURUKAWA
店舗概要
所在地 989-6232
宮城県大崎市古川沢田字筒場浦15番外
座標 北緯38度35分51.4秒 東経140度58分19.8秒 / 北緯38.597611度 東経140.972167度 / 38.597611; 140.972167座標: 北緯38度35分51.4秒 東経140度58分19.8秒 / 北緯38.597611度 東経140.972167度 / 38.597611; 140.972167
開業日 1999年3月20日
正式名称 イオンタウン古川
施設所有者 イオンタウン株式会社
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 134,328 m²
商業施設面積 28,870 m²
中核店舗 ザ・ビッグ古川店
駐車台数 2,700台
前身 ロックタウン古川
商圏人口 約313,000人
最寄駅 陸羽東線 古川駅
最寄IC 東北自動車道 古川IC
外部リンク 公式サイト
ÆON TOWN
テンプレートを表示

沿革編集

ロック開発による当地への出店計画が明らかになったのは1996年であった。当初の計画は敷地面積10万7000平方メートル、店舗面積3万平方メートル規模で、1997年秋には開店を目指していた[1]。しかし実際に出店申請が行われたのは1997年3月で、敷地面積は14万平方メートル、店舗面積4万1063平方メートルと当初案より拡大、開店は1998年7月の予定とされた[2]。申請内容のまま認められれば県内最大のショッピングセンターとなるはずであったが[3]、地元商店会は出店に反対の姿勢を示し[4]、1998年2月には出店拒否の意向を盛り込んだ意見書を大規模小売店舗審議会東北審議部会に提出した[5]。しかし3月、審議部会は店舗面積を2万4093平方メートルに減らすことで出店を認める審判を出し[6]、10月には現地で起工式が行われた[7]

1999年3月、ジャスコ(当時)が運営する「マックスバリュ古川店」と、地元企業であるタカカツが運営する「タカカツホームプラス古川店」(のちに、「ホームセンターたかかつ古川店」に改称)、ましま家具店が運営する「ホームランドマシマ古川店」を核店舗として開業した[8][要出典]

開業後、入居店舗はさまざまな変遷を経た。核店舗の一つであるマックスバリュ古川店は2008年8月にイオンからイオンリテールに移管され、2010年2月にはイオンリテールからマックスバリュ南東北に移管されている。その後2011年7月にはザ・ビッグ古川店に業態変更した。タカカツ運営のホームセンターは、タカカツがホームセンター部門から撤退したことに伴い[9]、2008年6月より同部門の譲受先であるホーマックの店舗に転換し、「ホーマックスーパーデポ古川北店」になった。ホーマックが譲受してブランド転換した5店舗の中で、唯一のスーパーデポ店である。[要出典]ショッピングセンター自体も、2011年9月1日にイオン株式会社がロック開発株式会社のすべての株式を取得・100%子会社化して社名をイオンタウン株式会社に変更したことに伴い、施設名のロックタウン古川をイオンタウン古川に改称されている。

  • 1999年(平成11年)
    • 3月7日 - 「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭を開催。
    • 3月17日 - ソフトオープン[8]
    • 3月20日 - ロックショッピングタウン古川としてオープン。
  • 2003年(平成15年)2月1日 - ロックショッピングタウン古川からロックタウン古川に改称[10]
  • 2005年(平成17年)7月 - 「ホームランドマシマ古川店」を「Gアウトレット古川店」に改称。
  • 2008年(平成20年)
    • 6月1日 -「ホームセンターたかかつ古川店」を運営会社変更に伴い「ホーマックスーパーデポ古川北店」に転換。
    • 8月21日 - マックスバリュ古川店の運営がイオンからイオンリテールに変更。
  • 2010年(平成20年)2月21日 - マックスバリュ古川店の運営が、イオンリテールからマックスバリュ南東北に移管。
  • 2011年(平成23年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「ロック開発 古川に大型店出店 今月にも申請 来秋オープン目指す」『河北新報』平成8年(1996年)6月1日付朝刊9面。
  2. ^ 「「ロック開発」が古川に出店申請」『河北新報』平成9年(1997年)3月28日付朝刊22面。
  3. ^ 「古川ジャスコ系SC 面積41.3%減で結審 大規模小売店舗審部会」『日本経済新聞』1998年(平成10年)3月28日付地方経済面(東北B)。
  4. ^ 「「ロック」出店 反対を表明 古川商店会連合会」『河北新報』平成9年(1997年)5月9日付朝刊22面。
  5. ^ 「古川商議所 ロックショッピングタウン古川 「店舗面積ゼロに」 意見書まとめる 事実上の出店拒否」『河北新報』平成10年(1998年)2月8日付朝刊19面。
  6. ^ 「「ロック古川」の店舗面積 大店審、41.3㌫削減」『河北新報』平成10年(1998年)3月28日付朝刊9面。
  7. ^ 内藤陽「「ロック開発」が大型商業施設 古川で起工式 来春オープン」『毎日新聞』1998年(平成10年)10月28日付朝刊24面(宮城)。
  8. ^ a b 「巨大SCが開業 ロックタウン古川 スーパー核26店舗」『河北新報』平成11年(1999年)3月18日付朝刊21面。
  9. ^ 藤田祐子「タカカツ ホームセンター事業譲渡 ホーマックへ 住宅事業などに専念」『毎日新聞』2008年(平成20年)4月10日付朝刊21面(宮城)。
  10. ^ ロックタウン古川の変更届出について (法第6条第1項)
  11. ^ 〜ディスカウントストア「ザ・ビッグ」、県北エリアに初の出店〜 「ザ・ビッグ鹿島台店」「ザ・ビッグ古川店」2店舗同時リニューアルオープン!
  12. ^ 「消費者の節約に対応 大崎」『河北新報』平成23年(2011年)8月13日付朝刊18面。
  13. ^ イオンタウン古川

関連項目編集

外部リンク編集