メインメニューを開く

Canis anthus は2015年に Klaus-Peter Koepfli らが提唱した食肉目イヌ科イヌ属。従来キンイロジャッカルに分類されていた食肉類のうち、アフリカに生息しているものを指す。Koepfli らが命名した英語名はAfrican golden wolf[2]。『CNN.co.jp』ではアフリカキンイロオオカミ[3]、『ナショナルジオグラフィック』ではアフリカンゴールデンウルフ[4]と翻訳されている。Koepfli が所属しているスミソニアン保存生態学研究所英語版はイヌ属では150年ぶりの新種だと述べている[5][6]

アフリカンゴールデンウルフ
アフリカンゴールデンウルフ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: イヌ属 Canis
: アフリカンゴールデンウルフ C. anthus[1]
学名
Canis anthus (F. Cuvier, 1820)
和名
アフリカンゴールデンウルフ[1]
英名
African golden wolf

分布編集

西アフリカエチオピア南部からエジプトにかけて生息していることが確認されている[7]

人間との関わり編集

いくつかの論文では、家畜を襲う主な害獣の1つとされている[8]

研究史編集

エジプトのジャッカル C. a. lupaster は従来キンイロジャッカルに分類されていた[9]。だが、1880年にインドのオオカミ C. l. pallipes と頭蓋骨が類似していることが指摘されるなど、タイリクオオカミ C. lupus と形態学的に類似点がみられるとの研究報告が複数あり[9]、タイリクオオカミの亜種だとする意見もあった[10]。2011年、2012年のC. a. lupasterミトコンドリアDNAを解析した論文も、他のキンイロジャッカルよりタイリクオオカミに近いと報告していた[11][12]

2015年、Koepfli らはアフリカとユーラシアに生息しているキンイロジャッカルは100万年以上前に分岐しているとして、2つの独立した種とみなすべきだと主張した[10]。また、ユーラシアの分類群の学名を Canis aureus としてEurasian golden jackalという英語名を提案し、アフリカの分類群の学名および英語名として Canis anthus (African golden wolf) を提案した[13]

C. anthus という学名はこの分類群の中で最初に記載されたセネガルのキンイロジャッカルにつけられたものだったが[13]、この学名には異論もある。2017年、Viranta らは論文中でこの種を African wolf と呼び[14]、1820年に記載されたC. anthus正基準標本とされているセネガルのメスの標本はヨコスジジャッカルの可能性があると主張した[7]。これが事実であれば、C. anthus が最初に公式に記載されたのは1847年ということになる[7]。Viranta らは C. anthus が種の定義に問題のある疑問名であるとして、Canis lupaster を本種の学名として用いた[7]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集