メインメニューを開く

イヤペル地震スペイン語: Terremoto de Illapel de 2015)は、2015年9月16日午後7時54分(日本時間17日午前7時54分)、チリ中部イヤペル[1][4](イジャペル[3])西の沖合で発生したマグニチュード(M)8.3の地震である[1][5][4]

イヤペル地震(2015年)
アメリカ地質調査所による震源付近の地図
本震
発生日 2015年9月16日
発生時刻 19時54分 (UTC-3)
震央  チリ中部コキンボ州チョアパ県イヤペルの西55kmの沖合[1] (地図)
震源の深さ 25.0 km
規模    Mw8.3
津波 コキンボで4.8m
バルパライソで1.8m[2]
被害
死傷者数 死者12人[3]
被害総額 家屋損壊528棟[3]
被害地域  チリ
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

震源地付近では、本震の後2時間弱の間に、M4.9以上の余震が少なくとも12回発生した[4]

同国史上6番目の強さを記録し、太平洋沿岸地域には津波警報が出され100万人が避難した[3]コキンボ州非常事態宣言が発令された[3]

津波は太平洋沿岸各地に到達し、チリのコキンボで4.8m、フランス領ポリネシアヌク・ヒバ島で1.4m、アメリカ合衆国ハワイ州ヒロで0.9m、日本岩手県久慈港で0.8mを観測した[6][7]

脚注編集

関連項目編集


外部リンク編集