インターナショナル・ハウス (ニューヨーク)

インターナショナル・ハウス英語: International House )はI-House(アイ・ハウス)とも呼ばれ、アメリカ合衆国ニューヨークにある、大学院生、学者、インターン生がそこで生活し、互いに学びあうことができるようにしている建物である。講堂では、これまでエレノア・ルーズベルトアイザック・スターンからサンドラ・デイ・オコナーネルソン・マンデラまでの有名人が講演をしている。

インターナショナル・ハウスの入り口
インターナショナル・ハウスのオーディトリウム
地図

I-Houseはジョン・ロックフェラー2世の寄付で1924年にイタリア風の建物として建設された。場所はマンハッタンモーニングサイド・ハイツ地区(ハドソン川側)のリバーサイド公園(Riverside Park)とサクラ・パークに面していて、住所は500 Riverside Driveである。1999年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されている。

インターナショナル・ハウスはコロンビア大学の比較的近くにあり、収容人数は700名で、約100か国の大学院生を収容している。ここに住む学生たちはコロンビア大学、ジュリアード音楽院アクターズ・スタジオニューヨーク大学などなど、マンハッタンに数多くある大学に通っている。[1]

ニューヨークのI-Houseが建てられたあと、第二次世界大戦前にはバークレーシカゴパリにもI-Houseが完成している。その後、米国フィラデルフィアハリスバーグサンディエゴワシントンD.C.オーストラリアメルボルンなど、カナダエドモントンニュージーランドオークランドイングランドロンドンに建てられたなどしている。

交通編集

最寄りニューヨーク地下鉄駅は「125丁目駅」である。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯40度48分50秒 西経73度57分43秒 / 北緯40.81389度 西経73.96194度 / 40.81389; -73.96194