ウィザリング・サーフェイス

ウィザリング・サーフェイス (Withering Surface)は、デンマークメロディックデスメタルバンド

ウィザリング・サーフェイス
Withering Surface
出身地  デンマーク
ストーストレム県 ネストヴェズ
ジャンル メロディックデスメタル
活動期間 1994年 - 2005年
2019年 -
レーベル ユーフォニアス・レコード
コプロ・レコード
スカーレット・レコード
マイティ・ミュージック
アヴァロン・レーベル
キング・レコード
ルビコン・ミュージック
メンバー ミカエル・H・アナスン (ボーカル)
アラン・ヴェデブリンク (ギター)
マルセル・レク (ギター)
イェスパー・クヴィスト (ベース)
モルテン・ライベッカー (キーボード)
ヤコブ・グンデル (ドラムス)
旧メンバー ジミー・クリステンセン (ギター)
ハインツ・シュルツ (ギター)
モルテン・ライベリ (ギター)
ヤコブ・ロゴルト (ギター)
カスパー・ボイエ・ラーセン (ベース)
ニコライ・ボルグ (ドラムス)

略歴編集

1994年10月にデンマークネストヴェズで結成。1995年8月にデモトラックをレコーディングし、4曲がデモ『Unique』としてリリースされた。この時点でのメンバーは、ミカエル・H・アナスン (Vo)、アラン・ヴェデブリンク (G)、ジミー・クリステンセン (G)、カスパー・ボイエ・ラーセン (B)、ヤコブ・グンデル (Ds)の5人だった。その後、1996年3月にユーフォニアス・レコードと契約するにいたった。

またこのころまでに、ジミー・クリステンセンが脱退し、ハインツ・シュルツ (G)が加入している。その後、すぐに1stアルバムのレコーディングを開始する。1stアルバムは当初、ヒポクリシーの中心人物のピーター・テクレンプロデューサーを迎えようとしたが、スケジュールが折り合わずメロディックデスメタルバンドのプロデューサーとして著名になっていたフレドリック・ノルドストロームがプロデューサーに迎えられた。1997年に1stアルバム『Scarlet Silhouettes』をリリースしデビューする。同アルバムには、当時イン・フレイムスイェスパー・ストロムブラード (G)がゲストで参加した。またアヴァロン・レーベルから日本盤がリリースされた。

リリース後、ハインツ・シュルツが脱退。2ndアルバム『The Nude Ballet』は、フレドリック・ノルドストロームとイン・フレイムスのアンダース・フリーデンのプロデュースでレコーディングされ、1998年にリリースされた。同アルバムのレコーディング後、バンドの活動拠点が首都・コペンハーゲンへと移りつつあったことを理由にヤコブ・グンデルが脱退している[1]

その後、ギタリストのマルセル・レク (G)が加入するも短期間で脱退した。また、ドラマーとしてニコライ・ボルグ (Ds)が加入した。2人目のギタリストはなかなか見つからず、セッションギタリストを立てて活動を継続する。その後、バンドメンバーの友人であったヤコブ・ロゴルト (G)がセッションメンバーを経て正式加入。更に新たにキーボーディストとしてモルテン・ライベッカー (Key)が加入。レーベルをコプロ・レコードに移して、2001年に3rdアルバム『Walking On Phantom Ice』をリリース。

3rdアルバムリリース後、モルテン・ライベッカーとニコライ・ボルグが脱退する。キーボーディストは補充されず、ドラマーもサポートメンバーを起用して活動を継続する。また、コプロ・レコードからスカーレット・レコードへ移籍している。2003年秋に4thアルバムのレコーディングに入るが、レコーディング前にサポートドラマーがバンドを離れてしまう。そのためニコライ・ボルグが復帰する。2004年に4thアルバム『Force The Pace』をリリースする。2005年に解散した[2]。後に、中心メンバーの一人であるヴェデブリンクは、この時期はメンバーがバラバラの状態で、活動を続けることが困難であったと振り返っている[1]。そのため、解散後に再結成の可能性を問われた際には、毎回その可能性を否定していたという[1]

解散後、メンバーは各々別のバンドで活動を続け、その中でもアナスン、ヴェデブリンクはトリウムというデスメタルバンドで活動を続けた。ヴェデブリンクは2009年にバンドを脱退したが、その後、元メンバーのグンデルがスタッフとしてトリウムの作品に参加[注釈 1][1]。この際、アナスンとグンデルの間でウィザリング・サーフェイスについて話題になり、この2人からからヴェデブリンクに再結成の話が持ち掛けられた[1]。この話にヴェデブリンクが応じ、ライヴバンドではなく、新たな作品をリリースすることを目的にバンドを再結成することに決まる[1]。ヴェデブリンクによれば、可能な限りオリジナルに近い編成での再結成を考えていたが、初期のギタリストについては、様々な理由によりコンタクトをとることが出来ず、結果として、1998年に短期間在籍したレクが再加入することとなった[1]。ヴェデブリンクは、インタビューでレクのことをウィザリング・サーフェイスで「最初の本格的ギタリスト」と表現している[1]。また、結成から2005年の解散までベーシストを務めたラーセンについても再結成の話を持ち掛けたものの、ヴォルビートでの活動で忙しく、ツアーやアルバムレコーディングのスケジュールを勘案し、再結成には不参加となった[1]。結局、グンデルとインヴォケイターで同僚のイェスパー・クヴィスト (B)が加入する運びとなった。最終的に、元メンバー5名[注釈 2]と新しいベーシストによる再結成となった[2]

2019年、公式に再結成が発表された[2]2020年2月末に復活作となるシングル『Leaves In the Stream』をマイティ・ミュージックからリリース[3]。同年6月には5thアルバム『Meet Your Maker』をリリース[4]

メンバー編集

現在のメンバー編集

  • ミカエル・H・アナスン (Michael H. Andersen) - ボーカル (1994 - 2005, 2019 - )
    ア・サン・トラヴァース、トリウム、コープス・ヴォミット、エンパイア・ドローンズでも活動。
  • アラン・ヴェデブリンク (Allan Tvedebrink) - ギター (1994 - 2005, 2019 - )
    ザ・カンディデイト、トリウムでも活動。
  • マルセル・レク (Marcel Lysgaard Lech) - ギター (1998, 2019 - )
    トリウムでも活動。
  • イェスパー・クヴィスト (Jesper Kvist) - ベース (2019 - )
    インヴォケイターラウンチーでも活動。
  • モルテン・ライベッカー (Morten Lybecker) - キーボード (1999 - 2001, 2019 - )
  • ヤコブ・グンデル (Jakob Møller Gundel) - ドラムス (1994 - 1998, 2019 - )
    インヴォケイターでも活動。

旧メンバー編集

  • ジミー・クリステンセン (Jimmy Christensen) - ギター (1994 - 1995)
  • ハインツ・シュルツ (Heintz Shultz) - ギター (1996 - 1997)
  • モルテン・ライベリ (Morten Ryberg) - ギター (1997 - 1998)
    トリウムでも活動。
  • ヤコブ・ロゴルト (Jacob Krogholt) - ギター (2001 - 2005)
  • カスパー・ボイエ・ラーセン (Kaspar Boye Larsen) - ベース (1994 - 2005)
    ザ・カンディデイト、ヴォルビートトリウムでも活動。
  • ニールス・ユルゲンセン (Niels Jørgenson) - ドラムス (1998)
  • ニコライ・ボルグ (Nikolaj Borg) - ドラムス (1999 - 2001、2003 - 2005)
    ア・サン・トラヴァース、トリウムでも活動。

ディスコグラフィ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2017年レコーディングされた、トリウムの4thアルバム『Blasphemy Awakes』にレコーディング・エンジニアとして参加した。
  2. ^ ただし、解散時のメンバーは2名のみで、他の3名は解散前に脱退していたメンバーである。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i Tvedebrink, Allan (2020年12月16日) (CDアルバム・ライナーノート). ミート・ユア・メイカー. インタビュアー:Rubicon Music. ルビコン・ミュージック. 
  2. ^ a b c Come-back On the 26th of February 2005... -”. Withering Surface Official Facebook (2019年10月26日). 2020年1月26日閲覧。
  3. ^ Our new single and video is out today”. Withering Surface Official Facebook (2020年2月28日). 2020年4月24日閲覧。
  4. ^ Proud to announce the "Meet Your Maker" album will be released on the 19th of June on ltd. blue LP, CD & digital”. Withering Surface Official Facebook (2020年4月15日). 2020年4月24日閲覧。

参考文献編集

  • 『Scarlet Silhouettes』ライナーノーツ
  • 『Force The Pace』ライナーノーツ
  • Encyclopedia Metallum (英語)