メインメニューを開く

ウィリアム・ペン (イングランド海軍)

ウィリアム・ペンの肖像、ピーター・レリー画(1665年 - 1666年)

ウィリアム・ペンSir William Penn1621年4月23日 - 1670年9月16日)は、清教徒革命イングランド内戦)期から王政復古期のイングランドの海軍軍人(提督)。フィラデルフィア市を建設したウィリアム・ペンの父である。

生涯編集

第一次イングランド内戦英語版議会派に属し、イングランド共和国成立後は海軍で活動、1651年から1652年にかけて戦隊を率いて海上で抵抗する王党派カンバーランド公ルパートを追跡する作戦に従事、第一次英蘭戦争イングランド海軍に従軍し司令官ロバート・ブレイクの次席指揮官に任命された。初めケンティッシュノックの戦い英語版(1652年)に参戦、ブレイクが重傷を負い前線から離脱、代わって司令官となったジョージ・マンク(後のアルベマール公)に引き続き従いポートランドの戦い英語版ガバードの戦い英語版シェヴェニンゲンの戦い英語版(1653年)でも戦隊を指揮した[1][2]

1655年には護国卿オリバー・クロムウェルの命令で艦隊を指揮して西インド諸島へ遠征、翌1656年ジャマイカを占領、イングランド領とした。またブレイクやマンクと共に海軍改革を提唱、クロムウェルに商船と戦闘艦を混用して艦隊を編入することを禁止することを提言したり、新たな戦術を考案し単縦陣として採用、第一次英蘭戦争で威力を発揮した[1][3]

1660年の王政復古の際には戦列艦ネイズビー(同年にロイヤル・チャールズと改名)で、亡命中だったチャールズ2世をイングランドに迎え入れた。1660年、ペンはサミュエル・ピープスの同僚である海軍理事官に任命された。ピープスとサンドウィッチ伯爵エドワード・モンタギュー(海軍理事局でのピープスの後援者)同様、ペンは王政復古で地位を守り通した「穏健な」議会派であった[1][4]

王政復古後のペンの生活は、隣人ピープスの日記から知ることができる。ペンとピープスはあまり仲が良くなかったらしく、ピープスは日記に些細なことをあげつらったペンの言動に腹を立てたこと、内心憎しみ合う関係でも外面はお互い仲良くしなければならないことを苦痛に感じていることを書いている。時がたつにつれ次第に関係は変化し、ピープスは1662年の日記に病み上がりのペンが役所で張り切るさまを見て、自分も仕事に熱中して彼を追い越すことを誓うと書き、1666年ロンドン大火でペンと一緒に火事から財産や書類を庭へ埋めたことなどを書いている[5]

第二次英蘭戦争英語版では、王弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)の旗下、1665年ローストフトの海戦で艦隊長を務めた。一方、戦術ではルパート(王政復古でイングランドに帰国していた)とマンクとの間で論争を起こし、ヨーク公とペンは単縦陣維持、ルパートとマンクは個艦の自由行動を重視、両方の主張を織り込んた艦隊戦術準則および追加準則をヨーク公が制定するのは1673年である[6]

1670年、49歳で死去。イングランド南西部出身のペンはブリストルの聖メアリ・レドクリフ教会(St Mary Redcliffe)に埋葬されている。舵の柄と甲冑は、戦闘で捕獲したボロボロになったオランダ船の幟と共に展示されている。

脚注編集

  1. ^ a b c 小林、P486。
  2. ^ 小林、P166、P184。
  3. ^ 小林、P181、P188 - P190。
  4. ^ 臼田、P24。
  5. ^ 臼田、P24 - P27、P53 - P55、P133。
  6. ^ 小林、P49 - P50、P199。

参考文献編集