メインメニューを開く

ウインズ』(原題:Wind)は、1992年制作のアメリカ合衆国日本の合作映画。

ウインズ
Wind
監督 キャロル・バラード
脚本 ルディ・ワーリッツァー
原案 ジェフ・ベンジャミン
ロジャー・ヴォーハン
キンボール・リヴィングストン
製作 山本又一朗
トム・ラディ
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・フックス
出演者 マシュー・モディーン
ジェニファー・グレイ
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 ジョン・トール
編集 マイケル・チャンドラー
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年9月11日
日本の旗 1993年6月5日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,519,569[2]
テンプレートを表示

世界最大のヨットレースの大会アメリカスカップをモチーフとした映画。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮。また、山本又一朗がプロデューサーに名を連ねている。セイリング・シーンのテクニカル・アドバイザーに、世界的ヨットマンのピーター・ギルモアが参加している。

あらすじ編集

ヨットマンのウィル・パーカーはある日、富豪のモーガンからアメリカスカップのヨット・クルーへの参加を誘われる。かねてから憧れていたアメリカスカップへの出場が実現し、喜ぶウィルは訓練に没頭する。

そこへウィルのパートナーで恋人のケイトが、自分で作った小型ヨットを持ってやって来た。彼女をタクティシャンとして迎えたクルーは力をつけていくが、本番ではウィルがタクティシャンを勤めることになっていたため、ケイトは参加できず、クルーは敗戦してしまう。

半年後、ケイトのもとをウィルが訪れ、4年後のアメリカスカップ再挑戦の意志を伝える。それに興味を持ったハイザーを加え、さらにモーガンの娘アビゲイルから資金の提供を受けて、3人は新しいヨットを製作、アメリカスカップに再挑戦する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ウィル・パーカー マシュー・モディーン 堀内賢雄
ケイト・バス ジェニファー・グレイ 水谷優子
ジョー・ハイザー ステラン・スカルスガルド 牛山茂
モーガン・ウェルド クリフ・ロバートソン 小林修
アビゲイル・ウェルド レベッカ・ミラー 高島雅羅
ジャック・ネヴィル ジャック・トンプソン 大宮悌二
ジョージ ジェームズ・レブホーン

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集