メインメニューを開く

山本 又一朗(やまもと またいちろう、1947年10月25日 - )は、日本映画プロデューサー鹿児島県出身。トライストーン・エンタテイメント代表取締役。水島 力也(みずしま りきや)の筆名脚本家としても活動している。日本以外では、マタ・ヤマモトMata Yamamoto)として知られる。

やまもと またいちろう
山本 又一朗
別名義 水島力也、マタ・ヤマモト
生年月日 (1947-10-25) 1947年10月25日(71歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県
職業 映画プロデューサー脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1970年 -
事務所 トライストーン・エンタテイメント

目次

略歴・評価編集

さいとう・プロダクションを退職後、23歳の時にハリウッドプロデューサーに出会い、映画製作の道に進むことを決める。1970年代の当初には、漫画家の小山ゆうのマネージャーをしていた[1]が、その後テレビドラマ『子連れ狼』(日本テレビ系)などの企画・プロデューサーを担当。1970年代後半から1990年代前半にかけて実写アニメ映画を問わず『太陽を盗んだ男』、『がんばれ!!タブチくん!!』、『ベルサイユのばら』(実写版)、『ゴルゴ13』(アニメ映画)、『小説吉田学校』、『MISHIMA』、『ザ・オーディション』、『愛・旅立ち』などの作品を製作・発表した。

一方、1993年に、映画制作・マネジメント会社であるトライストーン・エンタテイメントを設立し代表取締役に就任。米国ロサンゼルスに Urban Vision Entertainment を置く。

担当作品編集

映画編集

製作編集

プロデューサー編集

企画編集

  • 鬼輪番(1974年)
  • 神田川(1974年)

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

脚注編集

  1. ^ 『いきなり新連載2』(JICC出版局、1993年2月20日発行)掲載の小山ゆうのインタビューによる。
  2. ^ “ゴルゴ13”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=316 2016年5月5日閲覧。 

外部リンク編集