メインメニューを開く

ウェディング・バトル アウトな男たち

ウェディング・バトル アウトな男たち』(ウェディングバトル アウトなおとこたち、Why Him?)は2016年に公開されたアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画である。監督はジョン・ハンバーグ、主演はジェームズ・フランコブライアン・クランストンが務めた。

ウェディング・バトル
アウトな男たち
Why Him?
監督 ジョン・ハンバーグ
脚本 ジョン・ハンバーグ
イアン・ヘルファー
原案 ジョン・ハンバーグ
イアン・ヘルファー
ジョナ・ヒル
製作 ジョナ・ヒル
ダン・レヴィン
ベン・スティラー
ショーン・レヴィ
製作総指揮 ジェームズ・フランコ
ジョン・ハンバーグ
ジョージア・カカンデス
出演者 ジェームズ・フランコ
ブライアン・クランストン
メーガン・ムラーリー
ゾーイ・ドゥイッチ
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 クリス・カチキス
編集 ウィリアム・ケアー
製作会社 21ラップス・エンターテインメント
TSGエンターテインメント
レッド・アワー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年12月23日
上映時間 111分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $52,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $118,102,725[3]
テンプレートを表示

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2018年6月6日にDVDが発売された[4]

ストーリー編集

スタンフォード大学に通うステファニー・フレミングは恋人のレアード・メイヒューを自宅に招いていた。その頃、ステファニーの父親であるネッドは友人や家族に55歳の誕生日を祝福されていた。遠方に暮らすステファニーからも祝福されて感極まるネッドだったが、見知らぬ男が娘の背後を横切ったのを見て仰天してしまった。

恋人の存在がバレてしまったため、ステファニーはレアードと家族を引き合わせることにした。レアードはゲーム会社の社長であり、大豪邸に住んでいた。レアードはフレミング一家に自宅を案内したが、その際にネッドの妻(バーブ)の容姿を褒めたことが彼の癪に障ることとなった。レアードの下品な言葉遣いもネッドの気に入らなかったが、彼は背中に一家へのクリスマスカードをタトゥーとして彫り込むなどの奇行を連発してネッドのさらなる不興を買った。

ネッドがステファニーに「レアードと別れなさい」と言ったところ、ステファニーはチャンスをくれと懇願するのだった。その後、レアードとネッドは森を散策することになった。歩いている途中、レアードは突然「娘さんを僕に下さい」とネッドに言ってきた。完全に虚を突かれたネッドは「ダメだ」とはっきり言うことができなかった。

フレミング一家はレアードが主催するクリスマス・パーティーに参加することになった。ネッドの会社が経営難に陥っていることを知ったレアードは「クリスマスプレゼント」と称して借金の肩代わりを申し出た。経営者としてのネッドはその申し出に大喜びしていたが、彼には男・家長としてのプライドがあった。そのため、ネッドは「馬鹿にするな」とレアードに殴りかかった。ステファニーとバーブは男たちの振る舞いにほとほと愛想を尽かしてしまった。気まずい雰囲気のまま、一家はレアードの自宅を後にすることとなった。

フレミング一家はステファニー抜きでクリスマスを祝うことになったが、祝いの席とは思えないほど重苦しい雰囲気に包まれていた。そんな中、ヘリコプターのプロペラ音がどこからともなく響いてきた。

出演編集

カメオ出演編集

製作編集

2014年11月18日、ジョン・ハンバーグとイアン・ヘルファーが新作コメディ映画の脚本を執筆していると報じられた[5]2015年2月27日、ジェームズ・フランコが本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があった[6]。8月、カリフォルニア州の映画協会が本作に540万ドルの税制優遇を適応すると発表した[7]。25日、ブライアン・クランストンの出演が決まった[8]。12月8日、ブライス・ダラス・ハワードジョーダナ・ブリュースターメラニー・ロランらの起用が見送られた末に、ゾーイ・ドゥイッチが主人公の恋人役に起用されたと報じられた[9]。2016年1月12日、グリフィン・グラックがキャスト入りした[10]。13日、メーガン・ムラーリーが本作に出演するとの報道があった[11]。19日、キーガン=マイケル・キーの出演が決まった[12]。2月5日、ザック・パールマンが本作に出演することになったと報じられた[13]

2016年2月、本作の主要撮影ロサンゼルスで始まった[14]

公開・興行収入編集

当初、本作は2016年11月11日に全米公開される予定だったが、後に公開日が同年12月23日に延期されることとなった[15][16]

本作は『パッセンジャー』、『アサシン クリード』、『SING/シング』と同じ週に封切られ、公開初週末に1100万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[17]、その予想は的中した。2016年12月23日、本作は全米2917館で公開され、公開初週末に1100万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[18]

評価編集

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには142件のレビューがあり、批評家支持率は39%、平均点は10点満点で4.9点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ウェディング・バトル アウトな男たち』は錚々たるキャストを揃えているが、全体としては変な作品に仕上がっている。奇妙な笑いを提供してくれるが、父親と婚約者の対決という使い古されたテーマに新しいものを加えることはなかった。」となっている[19]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は39/100となっている[20]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[21]

出典編集

  1. ^ ウェディング・バトル アウトな男たち”. 2018年4月19日閲覧。
  2. ^ 2016 Film Study”. 2018年4月19日閲覧。
  3. ^ Why Him?”. 2018年4月19日閲覧。
  4. ^ ウェディング・バトル アウトな男たち 2枚組”. 2018年4月19日閲覧。
  5. ^ John Hamburg Launches Production Company, Inks Overall Deal With 20th TV”. 2018年4月19日閲覧。
  6. ^ James Franco in Talks for Comedy ‘Why Him?’ (EXCLUSIVE)”. 2018年4月19日閲覧。
  7. ^ California Film Tax Credits Go to ‘Conjuring 2,’ ‘Chicken Soup for the Soul’”. 2018年4月19日閲覧。
  8. ^ Bryan Cranston To Star With James Franco In ‘Why Him’”. 2018年4月19日閲覧。
  9. ^ Zoey Deutch Joins Bryan Cranston, James Franco in Comedy 'Why Him?' (Exclusive)”. 2018年4月19日閲覧。
  10. ^ Griffin Gluck Joins Bryan Cranston-James Franco Pic ‘Why Him’”. 2018年4月19日閲覧。
  11. ^ Megan Mullally Joins Bryan Cranston & James Franco In ‘Why Him’”. 2018年4月19日閲覧。
  12. ^ Keegan-Michael Key Joins Bryan Cranston, James Franco in 'Why Him?' (Exclusive)”. 2018年4月19日閲覧。
  13. ^ Zack Pearlman Joins James Franco Comedy 'Why Him?' (Exclusive)”. 2018年4月19日閲覧。
  14. ^ Zoey Deutch Books Key Role In ‘Rebel In The Rye’”. 2018年4月19日閲覧。
  15. ^ Ridley Scott’s ‘Alien: Covenant’ Moved Up to Summer 2017”. 2018年4月19日閲覧。
  16. ^ It's Official: Fox's 'Hidden Figures' NASA Film to Get Oscar-Qualifying Limited Release”. 2018年4月19日閲覧。
  17. ^ 'Rogue One' to Top 'Sing', 'Passengers', 'Assassin's Creed' & Many More Over Christmas Weekend”. 2018年4月19日閲覧。
  18. ^ December 23-25, 2016”. 2018年4月19日閲覧。
  19. ^ Why Him?”. 2018年4月19日閲覧。
  20. ^ Why Him?”. 2018年4月19日閲覧。
  21. ^ ‘Rogue One’ & ‘Sing’ Christmas Juggernaut Leaves Room For Specialty Films – Final Weekend Update”. 2018年4月19日閲覧。

外部リンク編集