メラニー・ロラン

メラニー・ロラン(Mélanie Laurent, 1983年2月21日 - )は、フランス女優映画監督歌手モデル

メラニー・ロラン
Mélanie Laurent
Mélanie Laurent
2016年撮影
生年月日 (1983-02-21) 1983年2月21日(39歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
身長 157cm
職業 女優映画監督歌手モデル
ジャンル 映画
配偶者 あり
著名な家族 ピエール・ロラン(父)
主な作品
『マイ・ファミリー 遠い絆』
イングロリアス・バスターズ
オーケストラ!
 
受賞
ベルリン国際映画祭
シューティング・スター賞
2007年
セザール賞
有望若手女優賞
2006年 『マイ・ファミリー 遠い絆
その他の賞
テンプレートを表示

来歴編集

1983年2月21日パリで生まれた[1]。父親は声優ピエール・ロラン、母親はバレリーナだった。アシュケナージおよびセファルディムユダヤ人の家系であり、祖父はナチスの迫害を受けた。

1999年、16歳の時にジェラール・ドパルデューに見出され、彼の監督作『Un pont entre deux rives』に出演した。その後、一時は学業に専念したが、2001年ロドルフ・マルコーニ監督の『これが私の肉体』に起用され、ルイ・ガレルジェーン・バーキンエリザベット・ドパルデューと共演した。2002年にはミシェル・ブランが監督した『キスはご自由に』に起用され、同作のヒットと共に注目を浴びた。2006年フィリップ・リオレ監督の『マイ・ファミリー 遠い絆』に主演し、第32回セザール賞有望若手女優賞と第12回リュミエール賞の新人女優賞を受賞した。2007年には第57回ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞した。2009年にはクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』に出演し、ハリウッドにも進出した。同年の『オーケストラ!』は代表作の一つになった。

映画監督としても活動しており、2008年短編De moins en moins』でデビュー。同作は第61回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門に出品された。2011年には初の長編監督作となった『Les adoptés』を発表した。2014年の長編2作目『Respire』は第67回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門で上映された。

私生活編集

2005年から2009年まで俳優のジュリアン・ボワスリエと交際していた。2013年に結婚した男性との間に長男レオを授かった。

フィルモグラフィー編集

出演編集

監督編集

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • En t'Attendant (2011年)

脚注編集

  1. ^ Mélanie Laurent”. Gala. 2015年9月17日閲覧。
  2. ^ “母の死に隠された家族の秘密描くサスペンス「ミモザの島に消えた母」7月公開”. 映画ナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/eiga/news/179005 2016年3月16日閲覧。 

外部リンク編集