ウエスト・ロード・ブルース・バンド

ウエスト・ロード・ブルース・バンド (West Road Blues Band) は、1972年に関西で結成されたブルースバンド。日本のブルース・バンドの草分け的存在として、1970年代の国内ブルース・シーンおいて大きな影響力を持った。

ウエスト・ロード・ブルース・バンド
出身地 日本(関西)
ジャンル ブルース
活動期間 1972年 - 1977年
1984年 - 2008年
レーベル バーボン・レコード
アイランド・レコード
Invitation
ZAIN RECORDS
メンバー 永井“ホトケ”隆 (vo.)
塩次伸二 (gt.)
山岸潤史 (gt.)
小堀正 (b.)
松本照夫 (ds.)
旧メンバー 薩摩光二 (sax.)
井出隆一 (p.)
中島正雄 (gt.)

来歴編集

  • 1972年 永井“ホトケ”隆 (vo.)、塩次伸二 (gt.)、山岸潤史 (gt.)、小堀正 (b.)、松本照夫 (ds.)の5人で結成。同年9月、B.B.キングの大阪公演の前座に起用される[1]
  • 1975年 ファースト・アルバム「ブルーズパワー」をリリース。同年、山岸が脱退、薩摩光二 (sax.)と井出隆一 (p.)が加入。
  • 1976年 塩次、薩摩が脱退し、中島正雄 (gt.)が加入する。
  • 1977年 バンド解散。
  • 1984年 オリジナル・メンバーの5人にてバンドを再結成。アルバム「ジャンクション」をリリースした。以後、単発的にライブ活動を行っている。
  • 1995年 山岸がニューオーリンズに移住してからも、彼の一時帰国に合わせる形で度々ライブが組まれた。
  • 2008年10月19日 オリジナル・メンバーの塩次が心不全のため、ツアー先の栃木県佐野市で急逝した[2]

ディスコグラフィー編集

  • 1975年 ブルーズパワー (バーボン)
  • 1975年 ライヴ・イン・キョート (バーボン)
  • 1984年 ジャンクション (Invitation)
  • 1995年 ウエストロード・ライヴ・イン・ニューヨーク (ZAIN)

参照文献編集

外部リンク編集