ウシサワラ

サバ科サワラ属の魚の一種

ウシサワラ(牛鰆[1]: Chinese macherel, Chinese seerfish、学名:Scomberomorus sinensis)は、スズキ目サバ科サワラ属硬骨魚。別名:オキサワラ。地方名:オオサワラ(東京・和歌山・高知・九州)、クモサチ・ハザワラ(神奈川)、ホテイサワラ(秋田)、ヤナギサワラ(富山)、ヤマイヌ(福岡)、イヌサワラ(長崎)[3]

ウシサワラ
Naturalis Biodiversity Center - RMNH.ART.191 - Scomberomorus sinensis (Lacépède) - Kawahara Keiga - 1823 - 1829 - Siebold Collection - pencil drawing - water colour.jpeg
分類
: 動物Animalia
: 脊索動物Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: サバ科 Scombridae
亜科 : サバ亜科 Scombrinae
: サワラ族 Scomberomorini
: サワラ属 Scomberomorus
: ウシサワラ S. sinensis
学名
Scomberomorus sinensis (Lacepède,1800)
英名
Chinese macherel[1], Chinese seerfish [2]

分布編集

中国、朝鮮、インドシナ半島[2]。日本国内では秋田以南および千葉以南[3]。沿岸(サワラよりも沖合に生息[3])や河口域に分布するが、メコン川では河口から300キロ上流まで遡上したことがある[2]

形態編集

全長2メートル、体重80キロに達する。

体は側扁し、頭部の背縁は眼の上方で著しくくぼむ。は長く、尖る。体側上部に不明瞭な大型の斑紋が2列並ぶ[3]

側線は単一。第一背鰭後方部下方で急に下降する。また、第一鰓弓の鰓耙が12-15であることにより他のサワラ属と区別できる[2]

背鰭15-17棘条15-17軟条、6-8個の離鰭あり。胸鰭21-23軟条。腹鰭1棘条5軟条。臀鰭16-19軟条、6-7個の離鰭あり[4]

人との関わり編集

食用。ただし日本近海では漁獲量は少ない。輸入したものが粕漬などに利用される。味はサワラに劣る[5]

参考文献編集

  • 『日本大百科全書』3、小学館、1985年4月20日。ISBN 4-09-526003-3
  • 蒲原稔治、岡村収『原色日本海水魚類図鑑(Ⅱ)』保育社、1985年7月31日。ISBN 4-586-30073-6
  • 『魚の事典』能勢幸雄(監修)、東京堂出版、1989年1月30日。ISBN 4-490-10245-3
  • 中坊徹次『日本産魚類検索―全種の同定―』東海大学出版会、1993年10月12日。ISBN 4-486-01250-X
  • 『図説 魚と貝の大事典』望月賢二(監修)、柏書房、1997年5月20日。ISBN 4-7601-1442-4

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本大百科全書 1985, p. 102.
  2. ^ a b c d 能勢 1989, p. 47.
  3. ^ a b c d 蒲原et岡村 1985, p. 17.
  4. ^ 中坊 1993, p. 1148.
  5. ^ 望月 1997, p. 76.