メインメニューを開く

ウルトラスーパーピクチャーズ

株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ(ULTRA SUPER PICTURES)は、アニメ制作会社サンジゲンOrdetトリガーライデンフィルム、ギャラクシーグラフィックスを傘下に持つ日本の事業持株会社である。

株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ
ULTRA SUPER PICTURES
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
167-0043
東京都杉並区上荻1-2-1
インテグラルタワー17階
設立 2011年8月8日
業種 情報・通信業
法人番号 1011301017904 ウィキデータを編集
事業内容 映像コンテンツ受託、コンテンツ開発制作、ライセンス管理
代表者 代表取締役社長 松浦裕暁
資本金 2億1,000万円
主要株主 株式会社グッドスマイルカンパニー
有限会社マックスファクトリー
株式会社ブシロード
株式会社ニトロプラス
株式会社ピクシブ
主要子会社 株式会社サンジゲン
株式会社Ordet
株式会社トリガー
株式会社ライデンフィルム
株式会社ギャラクシーグラフィックス
関係する人物 安藝貴範大塚雅彦舛本和也里見哲朗(取締役)
山本寛(元取締役、債権者として山本の破産申立を行う)
外部リンク http://uspi.jp/
テンプレートを表示

概要編集

3DCGアニメーションの制作を手がけるサンジゲンと2Dアニメーションの制作を手がけるOrdetトリガーライデンフィルム遊技機等の映像制作を行うギャラクシーグラフィックスの5社を統括する持株会社で、2011年8月にグッドスマイルカンパニーマックスファクトリーブシロードニトロプラスピクシブの5社の出資で設立された[1]。代表取締役社長はサンジゲン代表取締役の松浦裕暁が務める[2]

2011年春頃、当時『ブラック★ロックシューター』の制作をサンジゲンと共同で進めていたOrdetは、大阪を基盤にしたスタジオであるため東京で仕事をすることに不安を感じていた。一方、松浦自身が経営するサンジゲンもこれからの仕事について考えることがあった。さらに、同作の製作・出資に関わっているグッドスマイルカンパニー社長の安藝貴範も様々なアニメ作品に出資する中で思惑があり、そうした中で安藝は松浦に対し「Ordetと合併してみては」と冗談で話したという。その言葉を聞いた松浦が、制作現場における環境の維持・改善などを目的にOrdetと協力体制を築くことになった。さらに、この企画に各企業が賛同したことにより株式会社ウルトラスーパーピクチャーズが設立された。設立の際、各社の特色を活かすために合併という形にはせずホールディングスの形が執られた[3]

事業内容は関連企業による映像コンテンツの受託・コンテンツ開発制作、コンテンツのライセンス管理[2]

映像コンテンツ受託事業・コンテンツ開発制作事業としては、アニメーション制作会社のサンジゲン、トリガー、Ordet、ライデンフィルムがアニメチームを、ニトロプラスとピクシブがシナリオチームを結成し、世界的な市場も意識したコンテンツを制作していく[1]。また、各スタジオが個性を活かした作品を制作するためのバックアップを行い、作品のプロモーションのほか、2013年に放送されたトリガー制作のテレビアニメ『キルラキル』やサンジゲン制作のテレビアニメ『蒼き鋼のアルペジオ』より本格的に関連会社が関わる製作委員会に出資・参加している。さらに、2014年に公開された『アルモニ』ではアニメーションの制作会社としてウルトラスーパーピクチャーズ名義が使用された。

ライセンス管理事業については、各企業によって制作された作品のライセンスを集中管理することによりシナジー効果を生み出し、これによる投資の回収、新たなコンテンツの制作につなげることを目的としている[2]

沿革編集

  • 2006年3月3日 - 株式会社サンジゲン設立
  • 2007年8月10日 - 株式会社Ordet設立
  • 2011年
    • 8月8日 - 株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ設立、サンジゲンとOrdetが傘下に入る
    • 8月22日 - 株式会社トリガー設立。ウルトラスーパーピクチャーズの傘下に入る。
  • 2012年2月 - 有限会社バーナムスタジオと共同で株式会社ライデンフィルムを設立。ウルトラスーパーピクチャーズの傘下に入る。
  • 2014年10月10日 - サミー株式会社と共同で株式会社ギャラクシーグラフィックスを設立。ウルトラスーパーピクチャーズの傘下に入る。
  • 2015年7月 - TOKYO MXBS11にてグループ制作作品を含む短編アニメ3本を包括する30分のアニメ枠『ULTRA SUPER ANIME TIME』を開始、2016年6月終了。
  • 2017年10月10日 - 株式会社SOLA ENTERTAINMENT、ギャラクシーグラフィックス 、東映アニメーションの共同出資により、フルCGアニメーションなどを制作するスタジオ『株式会社TENH ANIMATION MAGIC 』を設立。松浦が取締役副社長を務める[4]
  • 2018年6月1日 - KADOKAWA、サミー、ウルトラスーパーピクチャーズの出資により、デジタル作画と3DCGの映像技術を融合させたハイブリッドデジタルアニメーション制作スタジオ『株式会社ENGI』を共同で設立。松浦が顧問を務める[5]
  • 2019年3月4日 - USPが債権者として申請した元取締役の山本寛の破産申立が受理される。

傘下企業編集

関連企業編集

  • 株式会社TENH ANIMATION MAGIC
  • 株式会社ENGI

制作作品編集

ウルトラスーパーピクチャーズ名義のアニメーション制作作品のみ記載。

Webアニメ編集

アニメーション映画編集

出典編集

外部リンク編集