グッドスマイルカンパニー

株式会社グッドスマイルカンパニーGOOD SMILE COMPANY, INC.、略号:GSC)は日本のフィギュア玩具会社。愛称は「グッスマ」。2012年5月に法人形態を有限会社から変更した[1]

株式会社グッドスマイルカンパニー
GOOD SMILE COMPANY, INC.
Good-Smile-Company.png
種類 株式会社
略称 GSC、グッスマ
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田三丁目16番12号
アキバCOビル 8F
設立 2001年平成13年)5月1日
有限会社グッドスマイルカンパニー)
業種 その他製品
法人番号 6040001076781 ウィキデータを編集
事業内容 玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売
玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負
映像・音楽・イベントの企画・制作
写真撮影・広告・パッケージデザイン制作
アーティストマネジメント
代表者 安藝貴範代表取締役社長
資本金 300万円
(2010年9月30日時点)
売上高 115億0000万円
(2012年9月期)
営業利益 12億9,500万円
(2010年9月期)
経常利益 12億8,500万円
(2010年9月期)
純利益 7億2,300万円
(2010年9月期)
総資産 38億7,000万円
(2010年9月期)
従業員数 50人
(2010年9月30日時点)
決算期 9月30日
主要株主 安藝貴範 100.00%
(2012年5月1日時点)
関係する人物 MAX渡辺マックスファクトリー代表)
外部リンク https://www.goodsmile.info/
テンプレートを表示

概要編集

バンプレストで、子会社芸能事務所ミューラスの担当者だった安藝貴範が、2001年のミューラス解散時に一部の所属タレントの受け皿として創業。当初はイベント運営会社・タレント事務所だった。資本金は仕事で付き合いのあったマックスファクトリー代表のMAX渡辺から借り、芸能関係の仕事も少ないためマックスファクトリーとの提携で食玩の企画・開発、釣具店・フィールドショップ「釣侍」の運営も行っていた(現在は資本関係は離れている)[2]。看板タレントが脱退したことを機にホビー事業を事業の中核に据え、現在は玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売の他、アクセサリー・雑貨の企画・制作・製造・販売、玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負なども行っている。なお、タカラトミーの関連商品なども手掛けている。

フィギュアは自社製品以外に代理店業務として、マックスファクトリー、アルターFREEing海洋堂リボルテックSFOのみ)など各社の商品を扱っている。特にマックスファクトリーとは長らく補佐業務や販売請負を行ってきたことから関係は深く、ワンダーフェスティバルをはじめとする各種展示会・イベントにはマックスファクトリーと共同で出展しており、本社も2012年6月までは千葉県松戸市内に、同年7月からは東京スカイツリーイーストタワーの同一フロアに、2016年1月からは東京都千代田区の同一ビル内に置いている。

自社製品の開発や案内状況などを女性社員の目からアピールする形の「カホタンブログ(旧ミカタンブログ)」「あさのんブログ(現在は終了)」といった広報ブログを展開、関係するメーカーにも積極的にブログを保有させ、情報の広範囲にわたる発信を促してきた。「ユーザーと足並みを揃えた形」の経営方針は、MAX渡辺の「業界随一のホビー好き」が社内に浸透した所以とも言われている。

工業製品であるが、自動化が難しいフィギュアの品質を均一にするため安川電機とフィギュア塗装用ロボットを共同開発している。鳥取県倉吉市の楽月工場は月1万2,000体の製造能力を有しているが、売上の半分以上を占める海外向けの旺盛な需要に応えるため同市内に3倍の生産能力を有する第二工場を2025年より稼働させる計画である[3]

沿革編集

グッスマ星人とぐま子編集

同社のイメージマスコットとして展開されるキャラクター。本来はグッスマ星人の方が公式のマスコットである。

ぐま子は2008年4月1日に公式ブログでエイプリルフールのジョークネタとして公開された「ぐっすまうどん」のマスコットキャラであり、グッスマ星人を女の子に着せたようなデザインをしている。ただし、うどん屋のマスコットという事もあって頭部から延びるツインテール(グッスマ星人の手がモチーフ)は実はうどんである。ぐま子は本来、エイプリルフールネタであったため4月1日限定仕様のはずであったが、社内外から好評を博し、結果的にそのままもう一つのマスコットキャラとして定着している。

なお、グッスマ星人フィギュアはグッドスマイルカンパニーの「名刺」としても用いられている(フィギュアメーカーとしてのアピール。ミカタンが主に用いるため「ミカタン名刺」とも呼ばれている)。

主な商品編集

タレントマネジメント部門「WHOOPEE」編集

俳優・タレント・声優の育成やマネジメント、プロモーションを行なう部門として設立。2012年5月16日をもって閉鎖[12]

過去の所属タレント編集

作品一覧編集

[13]

アニメ編集

グッドスマイルカンパニー編集

タイトル アニメーション制作 備考
2008年 ペンギン娘はぁと ピクチャーマジック
2009年 CANAAN P.A. Works
ティアーズ・トゥ・ティアラ WHITE FOX
2010年 いちばんうしろの大魔王 アートランド
ブラック★ロックシューター Ordet 幹事・ビデオグラム・商品化
探偵オペラ ミルキィホームズ J.C.STAFF
2011年 DOG DAYS セブン・アークス
花咲くいろは P.A.WORKS
異国迷路のクロワーゼ The Animation SATELIGHT
僕は友達が少ない AIC Build
英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION キネマシトラス
+チック姉さん TYOアニメーションズ
バーナムスタジオ
2012年 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 J.C.STAFF
アニメーションスタジオ・アートランド
ブラック★ロックシューター(TVアニメ版) Ordet
サンジゲン
戦姫絶唱シンフォギア サテライト
ベルセルク 黄金時代篇 STUDIO 4℃
TARI TARI P.A.WORKS
うーさーのその日暮らし サンジゲン 幹事・商品化
DOG DAYS' セブン・アークス
2013年 僕は友達が少ないNEXT AIC Build
D.C.III 〜ダ・カーポIII〜 風見学園公式動画部
戦勇。 Ordet
ライデンフィルム
翠星のガルガンティア Production I.G
あいうら LIDENFILMS
幻影ヲ駆ケル太陽 AIC
ファンタジスタドール フッズエンタテインメント
有頂天家族 P.A.WORKS
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! SILVER LINK.
戦姫絶唱シンフォギアG サテライト
2014年 うーさーのその日暮らし 覚醒編 サンジゲン
ライデンフィルム
幹事・商品化
そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- WHITE FOX
Wake Up, Girls! 七人のアイドル Ordet
タツノコプロ
Wake Up, Girls!
キャプテン・アース ボンズ
DRAMAtical Murder NAZ
ヤマノススメ セカンドシーズン エイトビット
テラフォーマーズ LIDENFILMS
天体のメソッド 3Hz
2015年 DOG DAYS'' セブン・アークス・ピクチャーズ
冴えない彼女の育てかた A-1 Pictures
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン TRIGGER
干物妹!うまるちゃん 動画工房
うーさーのその日暮らし 夢幻編 サンジゲン 幹事・商品化
Wake Up, Girls! 青春の影 Ordet
ミルパンセ
ワンパンマン マッドハウス
リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード TRIGGER
Wake Up, Girls! Beyond the Bottom Ordet
ミルパンセ
2016年 宇宙パトロールルル子 TRIGGER 幹事・商品化・配信
刀剣乱舞-花丸- 動画工房
テラフォーマーズ リベンジ LIDENFILMS
TYOアニメーションズ
2017年 リトルウィッチアカデミア TRIGGER
冴えない彼女の育てかた♭ A-1 Pictures
時間の支配者 project No.9 ビデオグラム
活撃 刀剣乱舞 ufotable
干物妹!うまるちゃんR 動画工房
Wake Up, Girls! 新章 ミルパンセ
2018年 働くお兄さん!シリーズ Tomovies 原作・幹事・商品化・配信
グランクレスト戦記 A-1 Pictures
BEATLESS diomedéa
続 刀剣乱舞-花丸- 動画工房
ゴールデンカムイ ジェノスタジオ 第一・二期
ヤマノススメ サードシーズン エイトビット
ハイスコアガール J.C.STAFF 商品化
BEATLESS Final Stage diomedéa
RELEASE THE SPYCE Lay-duce
2019年 盾の勇者の成り上がり キネマシトラス
ケムリクサ ヤオヨロズ スペシャルサンクス
LAIDBACKERS-レイドバッカーズ- Studio五組 商品化
ワンパンマン(第2期) J.C.STAFF
2020年 くまクマ熊ベアー EMTスクエアード
ゴールデンカムイ(第三期) ジェノスタジオ
2022年 咲う アルスノトリア すんっ! ライデンフィルム 配信、海外
RWBY 氷雪帝国 シャフト
くノ一ツバキの胸の内 CloverWorks
ゴールデンカムイ(第四期) ブレインズ・ベース
ヤマノススメ Next Summit エイトビット
未公表 HIGHSPEED Etoile 未公表

グッドスマイルフィルム編集

タイトル アニメーション制作 備考
2018年 こみっくがーるず Nexus 企画・プロデュース・音楽制作・宣伝
色づく世界の明日から P.A.WORKS
ゴブリンスレイヤー WHITE FOX プロデュース・音楽制作・宣伝
メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女- エンカレッジフィルムズ 企画・プロデュース・宣伝
2019年 五等分の花嫁 手塚プロダクション 宣伝プロデュース
まちカドまぞく J.C.STAFF
コップクラフト ミルパンセ プロデュース
ノー・ガンズ・ライフ マッドハウス 音響制作
浦島坂田船の日常 GAINAX京都 プロデュース
BLACKFOX Studio 3Hz 音楽制作
2020年 ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN- WHITE FOX プロデュース・音楽制作・宣伝
グレイプニル PINE JAM プロデュース・音楽制作
ノー・ガンズ・ライフ(第2期) マッドハウス 音響制作
安達としまむら 手塚プロダクション 宣伝協力
2021年 裏世界ピクニック LIDENFILMS
FelixFilm
音楽制作
五等分の花嫁∬ バイブリーアニメーションスタジオ 製作協力
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 ライデンフィルム プロデュース
薄桜鬼 OVA スタジオディーン
Fate/Grand Carnival Lerche 企画・制作
最果てのパラディン Children's Playground Entertainment プロデュース・音楽制作
2022年 失格紋の最強賢者 J.C.STAFF プロデュース
映画 五等分の花嫁 バイブリーアニメーションスタジオ 制作プロデュース・宣伝プロデュース・催事
2023年 解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ エンカレッジフィルムズ プロデュース

ゲーム編集

2016年
  • グランドサマナーズ(配信、宣伝)
2019年
2020年
2021年

その他編集

2016年
2017年

モータースポーツ編集

ラリージャパン
2007年にラリージャパンに参戦したStreetLifeのメインスポンサーとなり、吉井崇博の運転するマシンにグッドスマイルカンパニーのロゴやイメージカラーなどをモチーフにしたカラーリングが施された。
SUPER GT
2008年より初音ミクのイラストをボディにあしらった痛車仕様のGT300マシンで参戦したStudie GLAD Racingのメインスポンサーとなり、2010年からは子会社のグッドスマイルレーシングがチームオーナーとなってこれを継承したチームで参戦している。また、2013年JAFグランプリで行われた「レジェンドカップ」においては冠スポンサーとなり、2014年シリーズの第2戦からはシリーズスポンサーとなっている[14]
小林可夢偉
2010年8月27日F1ドライバーである小林可夢偉と個人スポンサー契約をした。当初の契約は同年の最終戦アブダビGPまでであったが[15][16]、翌2011年もシリーズ最終戦まで契約を延長した[17]2010年の契約では小林のレーシングスーツに会社のロゴが記載されたが、2011年の契約よりヘルメットに会社ロゴが記載される。
フォーミュラ・ニッポン安田裕信
近藤真彦が代表・監督を務めるKONDO Racingと、フォーミュラ・ニッポンでの2012年シーズンのスポンサー契約を締結、マシンにロゴが記載される。同時にドライバーの安田裕信ともパーソナルスポンサー契約を行い、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GT GT500クラスでのスポンサーとなる[18]
レッドブル・エアレース千葉
2015年5月16日、17日に初開催される同大会の開催に参画し、社長の安藝がエグゼクティブプロデューサーを務める[19]。また上位3名に贈られるトロフィーのデザインも担当した[20]

関連・関係する企業編集

関連会社編集

提携・関係会社編集

  • 株式会社マックスファクトリー
    • 株式会社マックスグッドスマイルホールディングス[24]
  • 株式会社ファット・カンパニー
  • 株式会社ネイティブ
  • 株式会社Gift
  • 株式会社TRIKT
  • 株式会社MAGES.
  • 株式会社MEM
  • 株式会社ハイチューブ

出典編集

  1. ^ グッドスマイルカンパニー会社案内(2023年1月15日閲覧)
  2. ^ 「アキバBlog」内の安藝のコラムより。設立10周年。グッドスマイルカンパニーの歴史の前半ですグッドスマイルカンパニーの歴史。 2003年頃のことです
  3. ^ グッドスマイルカンパニー フィギュア、鳥取に新工場 海外向けの需要急伸」『日経産業新聞』2022年12月19日コンテンツ面(5頁)2023年1月15日閲覧※全文は会員限定
  4. ^ a b グッドスマイルカンパニー 会社概要 | 企業情報”. www.goodsmile.info. 2020年10月7日閲覧。
  5. ^ 倉吉にフィギュア製造拠点 県など企業と調印[リンク切れ]読売新聞オンライン(2014年6月27日)
  6. ^ 「ねんどろいど」まんが王国に立つ 鳥取県が工場誘致[リンク切れ]朝日新聞デジタル(2014年12月4日)
  7. ^ 「株式会社アクアマリン」「株式会社イージーエイト」発売商品についてのお知らせ グッドスマイルカンパニー(2020年10月21日)
  8. ^ 株式会社アクアマリン「時崎狂三 決意のafter date style」についてのお知らせ グッドスマイルカンパニー(2020年10月28日)
  9. ^ 株式会社アクアマリン発売商品についてのお知らせ グッドスマイルカンパニー(2020年11月25日)
  10. ^ 「ブライス」製造および製品流通について グッドスマイルカンパニー(2021年12月3日)
  11. ^ ブライスドールの発売元変更のお知らせ クロスワールドコネクションズ(2021年4月6日)
  12. ^ 皆様へご報告[リンク切れ]
  13. ^ 作品一覧”. グッドスマイルカンパニー. 2019年5月21日閲覧。
  14. ^ グッドスマイルカンパニー、日本最高峰のモータースポーツSUPER GTのシリーズスポンサーに!,株式会社グッドスマイルカンパニー,2014年5月2日
  15. ^ “小林可夢偉、グッドスマイルカンパニーとパーソナルスポンサー契約”. F1 Gate.com. (2010年8月27日). http://f1-gate.com/kamui/f1_8882.html 2010年8月27日閲覧。 
  16. ^ “「有限会社グッドスマイルカンパニー」とパーソナルスポンサーシップ契約締結”. 小林可夢偉オフィシャルサイト. (2010年8月27日). http://www.kamui-kobayashi.com/wpcontents/?p=2349 2010年8月27日閲覧。 
  17. ^ “小林可夢偉、クッドスマイルカンパニーとのスポンサー契約を延長”. F1 Gate.com. (2011年1月30日). http://f1-gate.com/kamui/f1_10538.html 2011年1月30日閲覧。 
  18. ^ KONDO RACING、及び、レーシングドライバー安田裕信選手とのスポンサーシップ契約を発表、有限会社グッドスマイルカンパニー、2012年4月12日
  19. ^ レッドブル、世界最速のモータースポーツという「Red Bull Air Race Chiba 2015」を日本初開催,Car Watch,2014年11月27日
  20. ^ 気品漂う千葉大会のトロフィー”. Red Bull Air Race (2015年5月17日). 2015年9月7日閲覧。
  21. ^ 投資対象の活性化と事業拡大を実現しエンタテインメントの未来を拓く”グッドスマイルパートナーズ”設立。,株式会社グッドスマイルパートナーズ,2018年12月11日
  22. ^ 16 directions●株式会社ジュウロクホウイ公式サイト
  23. ^ 新会社「Good Smile Arts Shanghai, Inc.」設立についてのお知らせ
  24. ^ 株式会社マックスグッドスマイルホールディングスの情報|国税庁法人番号公表サイト

外部リンク編集