メインメニューを開く

ウルバヌス八世の星々(ウルバヌスはっせいのほしぼし)、ラテン語名:ステラエ・ウルバニ・オクタヴィ(Stellae Urbani Octavi)は、ケルンカプチン会修道士スキュルレウス・デ・レイタ (Schyrleus de Rheita) が1643年みずがめ座γ星の近くで新しく発見したと称していた木星の5つの衛星のことである。名称は時のローマ教皇ウルバヌス8世(在位:1623年8月6日 - 1644年7月29日)にちなむ。

スキュルレウスは、ガリレオ衛星と併せて木星には9つの衛星が回っていると主張した。実在しない。

参考文献編集

関連項目編集