メインメニューを開く

ウルフ』(原題: Wolf)は、1994年アメリカ映画。脚本のジム・ハリソンが狼化妄想症を患ったという経験が、ストーリーに反映されている。

ウルフ
Wolf
監督 マイク・ニコルズ
脚本 ジム・ハリソン
ウェズリー・ストリック
製作 ダグラス・ウィック
製作総指揮 ニール・A・マクリス
ロバート・グリーンハット
出演者 ジャック・ニコルソン
ミシェル・ファイファー
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 サム・オスティーン
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 COLTRI
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年6月17日
日本の旗 1994年9月23日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000
興行収入 $131,002,597[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

満月の夜、中年の編集者:ウィルは車でを轢いてしまい、道路脇に遺骸を移動させようとしたところ、生きていた狼に手を噛まれ、狼はそのまま逃げ去ってしまった。

ウィルは、出版社の社長から自邸のパーティに招かれ、左遷を言い渡される。後任は彼の部下で、若いスチュアートだった。ショックからか、ウィルは体調不良を感じたところ、社長令嬢のローラがそれを助けた。孤独なローラとの間に、心の交流が生まれる。

帰宅後、丸一日眠ったウィルは、視力・聴力が良くなり、仕事の能率も大幅に上がった。若々しくなったことで自信をつけたウィルは、スチュアートの裏切りに、いよいよ反撃する。ところが、鋭敏になった嗅覚によって、ウィルは妻:シャーロットとスチュアートの不倫関係に気が付く。スチュアートを噛み、妻とは別居しホテルに移り住んだ。そして、左遷を撤回させ、スチュアートを逆に追い落とし、自らクビを言い渡す。

ローラとは親密になるが、ウィルは自分の動物的な行動や、夜の記憶が無いことを不安に感じるようになる。そこで、人狼研究の専門家を訪ね、変身を妨げる護符を譲り受ける。

そんな中、シャーロットが殺害される。ローラと一夜を過ごしたウィルには鉄壁のアリバイがあるはずだった。警察の聴取に応じようとしたローラは、署で会ったスチュアートの様子を見て、全てを悟る。

キャスト編集

受賞・ノミネート編集

備考編集

当初ローラ役にはシャロン・ストーンがあてられていたが、ストーンが降板したため、最終的に ミシェル・ファイファーが演じることとなった[2]

試写会におけるエンディングの評判がよろしくなく、撮り直しになったため、この映画の公開は当初の予定より6か月から8か月ほど遅れた[2]

出典編集

  1. ^ Wolf (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月4日閲覧。
  2. ^ a b Wolf (1994) - Trivia”. 2009年11月19日閲覧。

外部リンク編集