エギ・マウラナ・フィクリ

エギ・マウラナ・フィクリインドネシア語: Egy Maulana Vikri2000年7月7日 - )は、インドネシアのサッカー選手。インドネシア代表。ポジションはMFもしくはFW

エギ・マウラナ・フィクリ Football pictogram.svg
Egy Maulana.jpg
名前
本名 エギ・マウラナ・フィクリ
ラテン文字 Egy Maulana Vikri
基本情報
国籍 インドネシアの旗 インドネシア
生年月日 (2000-07-07) 2000年7月7日(22歳)
出身地 メダン
身長 168cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム スロバキアの旗 FKセニツァ
ポジション MF(AMF)/FW(WG)
背番号 17
利き足 左足
ユース
2005-2012 インドネシアの旗 TASBIサッカースクール
2013-2018 インドネシアの旗 SKOラグナン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2018-2021 ポーランドの旗 レヒア・グダニスク 10 (0)
2021- スロバキアの旗 セニツァ 13 (2)
代表歴2
2014-2015  インドネシア U-16 6 (4)
2017-2018  インドネシア U-19 16 (15)
2017-  インドネシア U-23 13 (5)
2018-  インドネシア 11 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年1月5日現在。
2. 2022年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2017年10月にネクスト・ジェネレーション2017に選出された[1]

クラブ歴編集

サッカー一家の生まれで、父がコーチを務めるサッカースクールでサッカーを始めた。U-12年代の大会で名をあげると、中学校からはスポーツ選抜の学校に進んだ。2016年のゴシアカップでは優勝の立役者として最優秀選手に輝いた[2]

2017年末にはタイ・リーグ2チャイナートFCからオファーが来るなど、国外でも知られる存在となった。しかし本人は専ら欧州を希望しており、渡欧してトライアルに参加する事とした[3][4]SLベンフィカスポルティングCPRCDエスパニョールヘタフェCFASサンテティエンヌアヤックス・アムステルダムレギア・ワルシャワ、それに加えてイタリアのクラブからもトライアルの打診を受けた[5][6][7][8]。しかし最終的にはエクストラクラサレヒア・グダニスクがトライアルなしでオファーを出してきたため、彼は選手としての出発点をこのクラブにする事に決めた。

2018年3月11日にレヒア・グダニスクに加入、契約自体は彼が18歳の誕生日を迎えたその日からの3年契約となる[9]。背番号は10番を与えられた[10]。同年12月22日にトップチーム初出場 を記録した[11]。また、翌年のスーパーカップでも途中出場を記録した[12]。しかしトップチームでの出場機会は増えず、2021年6月30日に契約満了で退団する事が発表された[13]

同年8月30日にフォルトゥナ・リーガFKセニツァが1年半延長オプションつきの半年契約で加入を発表[14]。9月12日の試合で移籍後初出場[15]。同月22日の試合ではスターティングメンバーに抜擢された[16]。11月27日には初得点を記録したが、猛吹雪のためにハーフタイムで中断、3日後に行われた後半でも得点を記録した[17][18]。フォルトゥナ・リーガでは週間ベストイレブンに選出された他、アジアサッカー連盟でも週間最優秀選手賞にも輝いた[19][20]

代表歴編集

年代別代表として各年代での出場経歴がある。

U-17代表としては2014年12月に初出場を記録したが[21]、翌年インドネシア代表は活動停止処分を下された[21][22]

U-19代表としては2017年5月31日に第45回トゥーロン国際大会で初出場を記録した。同大会でインドネシアは最下位に終わったものの、彼はブレイクスルー賞を獲得した[2][23][24]。また、2017 AFF U-19選手権では8得点の活躍を見せた[25]

U-23代表としては2017年11月16日に初出場を記録した[26]

A代表初出場は2017年12月2日に行われた2017 アチェ・ワールド・ソリダリティ・ツナミ・カップで初出場、なおこの時の彼は渡欧前で、プロ選手ですらなかった[27]。代表初得点は2021年5月25日に行われたアフガニスタン代表との親善試合であった[28][29]。FIFA公式戦初得点は2021年10月11日のAFCアジアカップ2023予選台湾代表戦であった[30]2020 AFFスズキカップでは準決勝と決勝で得点を記録し、準優勝に貢献した[31]

参考文献編集

  1. ^ Next Generation 2017: 60 of the best young talents in world football”. The Guardian (2017年10月4日). 2018年3月13日閲覧。
  2. ^ a b JawaPos.com. “Egy Maulana, dari Gothia Cup ke Timnas U-19 Indonesia”. 2017年9月7日閲覧。
  3. ^ Wirawan, Randy. “Klub Ini Bisa Menjadi Jembatan Egy Maulana Vikri Menuju Liga Jerman”. 2018年8月14日閲覧。
  4. ^ Klub Australia Ini Ikut Lirik Egy Maulana” (インドネシア語). Bolalob (2017年11月14日). 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ Egy Maulana Pernah Ancam Agen bila Gagal Gabung Klub Eropa” (インドネシア語). Bola (2018年3月20日). 2018年8月14日閲覧。
  6. ^ Media, Kompas Cyber (2017年10月20日). “Real Madrid Menanti Egy Maulana Vikri - Kompas.com”. 2017年10月20日閲覧。
  7. ^ Bola.com (2017年10月27日). “Egy Maulana: Benfica Janji Asuransi, Klub Jerman Gaji Rp 100 Juta”. 2017年10月27日閲覧。
  8. ^ Believe the hype but be patient with Egy Maulana - FOX Sports Asia” (2017年9月28日). 2017年9月28日閲覧。
  9. ^ Media, Kompas Cyber (2018年7月10日). “Klub Polandia Resmi Kontrak Egy Maulana Vikri hingga 2021 - Kompas.com” (英語). KOMPAS.com. https://bola.kompas.com/read/2018/07/10/06460018/klub-polandia-resmi-kontrak-egy-maulana-vikri-hingga-2021 2018年8月16日閲覧。 
  10. ^ Egy Maulana Vikri will become the new player of Lechia Gdańsk”. lechia.pl (2018年3月11日). 2018年3月13日閲覧。
  11. ^ M. Hafidz Imaduddin (2018年12月23日). “Egy Maulana Vikri Debut, Lechia Gdansk Menang Telak”. 2018年12月23日閲覧。
  12. ^ Skład Lechii na Superpuchar Polski”. lechia.pl. 2021年6月30日閲覧。
  13. ^ Robbani, Muhammad (2021年6月30日). “Kontraknya Habis, Egy Maulana Vikri Tinggalkan Lechia Gdansk” (インドネシア語). detikSepakbola. 2021年6月30日閲覧。
  14. ^ Detail Kontrak Egy Maulana Vikri di FK Senica - Durasi Singkat tetapi Ada Klausul Menit Bermain” (インドネシア語). BolaSport.com (2021年9月1日). 2021年9月9日閲覧。
  15. ^ Primanda, Bayu (2021年9月12日). “Egy Maulana's sweet debut brought FK Senica a narrow 1-0 win”. 1news. 2021年9月12日閲覧。
  16. ^ Proud! Egy Maulana Appears 90 Minutes For FK Senica And Makes Assist”. Voi (2021年9月23日). 2021年11月8日閲覧。
  17. ^ Top! Egy Maulana Vikri Scores First Goal at FK Senica”. Archysport (2021年11月27日). 2021年12月6日閲覧。
  18. ^ The Moment Egy Maulana Vikri Scored FK Senica’s Second Goal, Amazing!”. 1news (2021年11月30日). 2021年12月6日閲覧。
  19. ^ Bangga, Egy Maulana Vikri Masuk Team of The Week Liga Slowakia” (インドネシア語). kumparanBOLA (2021年12月2日). 2021年12月6日閲覧。
  20. ^ Egy Maulana Vikri Jadi Pemain Terbaik Asia Pekan Ini, Bek Arsenal Kalah Jauh” (インドネシア語). kumparanBOLA (2021年12月5日). 2021年12月6日閲覧。
  21. ^ a b Laporan Pertandingan: Indonesia U-16 3-2 Vietnam U-16 | Goal.com” (インドネシア語). www.goal.com. 2018年8月16日閲覧。
  22. ^ Timnas Indonesia U-16 Bungkam Jepang U-16 | Goal.com” (インドネシア語). www.goal.com. 2018年8月16日閲覧。
  23. ^ Indonesia exits early but Egy steals limelight in Toulon”. 2017年6月7日閲覧。
  24. ^ The Toulon Tournament 2017 awards” (2017年6月11日). 2017年6月11日閲覧。
  25. ^ INDOSPORT.com (2017年9月17日). “Malaysia Kalah 0-2, Egy Raih Gelar Top Skor Piala AFF U-18”. 2017年9月17日閲覧。
  26. ^ Putra, Gerry. “Cerita Egy Maulana Vikri yang Lakukan Debut Timnas U-23”. 2017年11月16日閲覧。
  27. ^ Indonesia, CNN. “Timnas Indonesia Kalahkan Brunei 4-0”. 2017年12月3日閲覧。
  28. ^ Afghanistan Ungkap Kelemahan Indonesia di Menit Krusial”. www.kompas.id (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。
  29. ^ Resmi, Ini 28 Pemain Timnas Indonesia Untuk Kualifikasi Piala Dunia 2022”. bola.tempo.com. 2021年5月26日閲覧。
  30. ^ Berkat Gol Egy Maulana Vikri, Timnas Indonesia Unggul 1-0 atas Taiwan di Babak Pertama” (インドネシア語). okezone.com (2021年10月11日). 2021年10月11日閲覧。
  31. ^ Man of The Match Kemenangan Timnas Indonesia atas Singapura di Semifinal Piala AFF 2020: Egy Maulana Vikri, Sang Penyelamat” (インドネシア語). bola.com (2021年12月25日). 2021年12月25日閲覧。

外部リンク編集