メインメニューを開く

EneJetエネジェット)とは、JXTGエネルギー(旧・東燃ゼネラル石油)が運営しているENEOSのセルフサービスステーションのブランドである。

EneJet
Express logo.png
General Minamisomakashima SS.jpg
ゼネラルエクスプレス南相馬鹿島給油所
製品種類 ガソリン灯油
使用会社 JXTGエネルギー (所持会社)
使用開始国 日本の旗 日本
主要使用国 日本の旗 日本
使用開始 2001年
関連ブランド ENEOSEssoMobilゼネラル
旧使用会社 東燃ゼネラル石油EMGマーケティング
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

かつてはExpressエクスプレスと呼ばれ、エッソモービル、ゼネラルの後に名称が付いていた。

目次

概要編集

 
エネジェットセルフ天神川エコ・ステーションSS
伊丹産業運営・旧エッソ)

1998年の消防法改正による、セルフサービスガソリンスタンドの解禁によって、東燃ゼネラル石油が2001年に出店を開始。エクスプレスブランド当時は「エッソ」「モービル」「ゼネラル」のサブブランドとして展開されていた。2005年末時点では全国に約550店舗を展開している。「もっとも素早く、簡単なサービスを最もきれいで心地よい設備で提供する」というコンセプトに基づき、誰もがすぐに、気軽に利用できるセルフSSとする戦略を採っている。ドトールコーヒーショップ[1]セブン-イレブンを同じ敷地内に併設する店舗も展開している。また、オイル交換などを行うモービル1センターを併設している店舗もある。

なお、「エッソ」「モービル」「ゼネラル」ブランドのセルフ式ガソリンスタンドであっても、一部スタンドではエクスプレスブランドを称していない所も存在した。また、「ENEOS」ブランドのセルフ式ガソリンスタンドの全てがEneJetブランドではない。

なお、エクスプレスブランドをスタートさせた東燃ゼネラル石油が、JXエネルギーに吸収合併された後も、ブランドは継続して利用されていた。2017年9月5日、傘下の「エッソ」「モービル」「ゼネラル」を統合し「ENEOS」に統一すると発表された[2][3]。2018年10月以降、エクスプレスブランドのスタンドが「ENEOS」に転換された際にコンセプトを引き継いだENEOSのサブブランド「EneJet」に順次転換されてきた[4]

商品・サービス編集

Speedpass

RFIDによるカード決済システム。キーホルダーに装着可能なサイズで、給油機のリーダーにかざせば自動的に手持ちのクレジットカードに代金が請求される仕組み。給油のほか、洗車やコーヒー(ドトールコーヒーショップ併設店のみ)を同時に購入することもできる。店舗によっては給油に利用出来ても洗車には利用出来ない場合がある。2019年6月で新規受付・再発行を終了するが、2019年7月以降はEnekeyに移行予定。なお、2018年10月以降にエッソ・モービル・ゼネラル エクスプレスから転換したENEOS Enejetでは2019年7月以降も当面の間、引き続き利用可能である。

Speedpass+

QUICPaynanacoを使用した電子マネー。Speedpassと形状は異なるが、キーホルダーに装着可能。基本的機能はSpeedpassと同様だが、EneJet以外でも使用できること、電子マネーのnanacoが使えること、請求先が、限られたクレジットカードのみとなることが特徴。Speedpassとともに、2019年6月で新規受付・再発行終了となる。

ENEOSカード/シナジーカード

ガソリンが割安になるクレジットカード。提携先はトヨタファイナンス三菱UFJニコスJCB。Speedpass+に登録可能。[5]

ENEOSハイオク

ENEOS EneJetで販売されているハイオクガソリン。オクタン価100。エクスプレス時代はシナジーF-1と呼ばれていた。[6]

ENEOSレギュラー

ENEOS EneJetで販売されているレギュラーガソリン。オクタン価90。エクスプレス時代はシナジーレギュラーと呼ばれていた。[6]

ENEOS軽油

ENEOS EneJetで販売されている軽油。エクスプレス時代はシナジーディーゼルと呼ばれていた。

EneJet Wash

自動洗車機。ジェット噴射でホコリを吹き飛ばし、きめ細かな泡で洗い上げる「泡ジェット洗車」が特徴。

ビデオポンプ

タッチパネル式給油機。給油の購入だけでなく、洗車、ドトールコーヒーの同時購入(併設店)ができる店もある。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集