メインメニューを開く
 > Speedpass
黒い円筒状のものが、Speedpass Key Tag。キーホルダー型になっている。長さは1.5インチ(3.8cm)で、単4乾電池よりも一回り小さい。

Speedpassスピードパス)とは、エクソンモービルがアメリカ・カナダ・日本で導入している、エクソンモービル系(ENEOSエッソモービルゼネラルエクソンXTOエネルギー)のセルフ式ガソリンスタンドでの給油と、併設されたコンビニでの買い物などに使用できる非接触型決済サービスである。給油機のリーダーにかざすだけで、すぐに給油を開始できるのが特徴である。

目次

概要編集

アメリカでは1997年に導入[1]。キーホルダー型のSpeedpass Key Tagのほかに、車の窓に貼るバッテリー式のSpeedpass Car Tag、TIMEXの腕時計にSpeedpassを内蔵したものなどがある。2003年時点では、系列のガソリンスタンド約7,500ヵ所・マクドナルドなど約440ヵ所[2]で利用することができ、利用者数は約600万人[3]。なおSpeedpassは2019年6月20日にサービス終了予定。2016年にサービスを開始したスマートフォンアプリ型のSpeedpass+への移行を促している[4]

なお、日本では2003年からエクソンモービル有限会社(EMGマーケティングを経て、現在のJXTGエネルギー)が、エクスプレスブランドのガソリンスタンドでサービス開始[5]。なおSpeedpassについては、エネオスブランドの一部のスタンドでは2019年6月にサービス終了予定[6][7]。なおFeliCaを使用したSpeedpass+については継続して使用することができる一方、2019年7月からSpeedpass+と同様のエネオス全店で使えるEneKeyを導入予定[8]

特徴編集

  • スタンドによってはSpeedpassで決済すると割引となるなどの特典がある。
  • 任意のクレジットカードに請求できるので新たにカードを作る必要がない。
  • キーホルダー型であり、携帯が容易。
  • 無料で発行でき、年会費も無料。
  • テキサス・インスツルメンツの TIRIS RFIDによって無線通信を行う。
  • 1回につき15,000円未満、1日あたり4回までの決済制限がある。

注意事項編集

  • 以前はスタンドにて申し込み後に即時発行されるが、約10日後に利用開始の通知ハガキが届くまで利用できなかった(シナジーカードで登録の場合は、発行後すぐに利用可)。後にスタンドに登録アプリを搭載したタブレットが導入され非シナジーカードであっても即日利用可能となっている。
  • 登録のクレジットカードの有効期限が更新されたら、デスクに電話する必要があった(シナジーカードは除く)が、タブレット導入後は何かしらの理由で紐付けが無効となった場合でも殆どケースはスタンドにて現在有効なカードへ変更登録する事で即日対応可能となっている。

Speedpass+編集

 
キーホルダー型のSpeedpass+

2012年7月からサービスを開始し、2013年3月から全国展開[9]。アメリカのスマートフォンアプリ型のSpeedpass+(2016年サービス開始)とは仕組みが異なる。 RFIDタグの代わりにFeliCaが使用されているため、QUICPaynanacoを搭載することができる。これにより、QUICPayに対応するENEOS昭和シェル石油のスタンドでもSpeedpass+を利用できるようになった。また、Shell EasyPayのように「いつもの給油」(デフォルトの油種・数量)を設定できるようになっている(設定は店舗スタッフにより行う)。その一方で、エクスプレスでも一部非対応の店舗があるほか、登録できるクレジットカードに制限があることに注意を要する。

Speedpass plus 開始時より、登録可能であったクレジットカード[5]
  • エクソンモービル提携のシナジーカード(JCB・三菱UFJニコス発行)
  • JCBグループが直接発行する個人向けクレジットカード
  • セブン・カードサービスが発行するクレジットカード(セブンカード・セブンカードプラスなど)
  • トヨタファイナンスが発行するクレジットカード(トヨタ ティーエスキュービック(TS3) カードなど)
後日、登録可能なクレジットカードに追加されたもの
  • Yahoo! JAPAN JCBカード (2014年08月01日より 追加)[10]
  • セディナ発行 OM / OMC 表示あるクレジットカード (2015年11月06日より 追加)[11][12]

脚注編集

  1. ^ A history of the American gas station」『Energy Factor』 Exxon Mobil Corporation、2016年1月9日
  2. ^ Wireless: The Next Generation 」『RIS News』 EnsembleIQ、2003年3月1日
  3. ^ AP通信「『RFID』を導入した非接触型クレジットカード――その安全性は?」『WIRED.jp』 CONDE NAST JAPAN、2003年12月16日
  4. ^ Contactless Gas Payment System」『Exxon Mobil』 Exxon Mobil Corporation
  5. ^ a b EMGマーケティング合同会社・株式会社ジェーシービー「「QUICPay」としても利用できる非接触型決済ツール「スピードパスプラス」を共同開発!」『JCBグローバルサイト』 ジェーシービー、2012年11月13日
  6. ^ 2018年9月時点でエネオスブランドであったスタンドが対象。エッソ・モービル・ゼネラルブランドだったスタンドでは、引き続き使用が可能。
  7. ^ 決済ツールご利用状況のご案内」『JXTGエネルギー』 JXTGエネルギー
  8. ^ 「燃料最新NEWS! JXTGエネルギー 「スピードパス」の後継ツール「EneKey」 利用対象、セルフほぼ全店」『燃料油脂新聞社』 燃料油脂新聞社、2018年9月15日
  9. ^ キーホルダー型の非接触決済サービス「Speedpass」「Speedpass+」を展開」『ペイメントナビ』 TIプランニング 、2015年10月19日
  10. ^ http://notice.yahoo.co.jp/card/archives/quicpay.html
  11. ^ http://www.cedyna.co.jp/info/74_201510261359.html?aid=info
  12. ^ http://www.cedyna.co.jp/use/add/quicpay/speedpassplus/index.html

関連項目編集

外部リンク編集