メインメニューを開く

エスター・デュフロ

フランスの経済学者

エスター・デュフロEsther Duflo, 1972年10月25日 - )はフランス人経済学者で、現在はマサチューセッツ工科大学教授を務めている。マサチューセッツ工科大学では貧困問題と開発経済学を担当しており、マサチューセッツ工科大学のAbdul Latif Jameel Poverty Action Labの創設者の一人である。さらに全米経済研究所のリサーチアソシエイト等も兼任している。2019年にノーベル経済学賞を受賞した。

エスター・デュフロ
Duflo at Pop!Tech 2009.
生誕 (1972-10-25) 1972年10月25日(47歳)
フランスの旗 フランスパリ
国籍 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 マサチューセッツ工科大学
研究分野 開発経済学
母校 パリ高等師範学校
国立社会科学高等研究院
パリ経済学院
マサチューセッツ工科大学
博士課程
指導教員
アビジット・V・バナジー[1]
ヨシュア・アングリスト英語版[1]
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞(2010)
ノーベル経済学賞(2019)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2019年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:世界の貧困を改善するための実験的アプローチに関する功績

彼女の専門は、開発途上国におけるミクロ開発経済学であり、家計行動・教育・ファイナンスへのアクセス・健康・政策評価等も含まれる。

経歴編集

1972年に数学者の父、人道活動を行う医者の母のもと、パリに生まれ、プロテスタント教育を受ける。アンリ4世校を経て、パリ高等師範学校にて歴史学及び経済学、フランス国立社会科学高等研究院にて応用経済学の博士準備過程を修了し、経済学のアグレガシオンを取得。後に配偶者ともなるアビジット・V・バナジー(Abhijit Banerjee)とジョシュ・アングリスト(Joshua Angrist)の指導の下、1999年にマサチューセッツ工科大学にて経済学の博士号を取得。2002年にマサチューセッツ工科大学のテニュアポジションの准教授、2004年より同教授。2012年にアメリカ合衆国市民権を取得。

主な受賞歴編集

著書編集

単著編集

  • Experience, science et lutte contre la pauvreté, (Fayard, 2009).
  • Le Développment Humain (Lutter contre la pauvrete, volume 1), (Le seuil, 2010).
  • La polique de l'autonomie (Lutter contre la pauvrete, volume 2), (Le seuil, 2010).
峯陽一コザ・アリーン訳 『貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス』(みすず書房, 2017年)

共著編集

  • Poor Economics: A Radical Rethinking of the Way to Fight Global Poverty, with Abhijit V. Banerjee , (PublicAffairs, April 2011).
  • Handbook of Field Experiments, Vol.1 and 2, with Abhijit Vinayak Banerjee , (North –Holland (an imprint of Elsevier), 2017).
    • 小林庸平監訳 『政策評価のための因果関係の見つけ方 ランダム化比較試験入門』(日本評論社, 2019年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Duflo, Esther (1999), Essays in empirical development economics. Ph.D. dissertation, Massachusetts Institute of Technology.

外部リンク編集