エバーハルト・ジャバッハ

エバーハルト・ジャバッハ: Everhard Jabach, あるいは Eberhard Jabach, 1618年7月10日-1695年3月9日)は、フランス王国実業家銀行家、美術コレクターである。フランス東インド会社取締役神聖ローマ帝国ケルンで生まれたが、後にフランスに帰化した。

1688年のイアサント・リゴーの肖像画。

生涯編集

エバーハルト・ジャバッハの父は一族の財産を増やし、その後スペイン領ネーデルラントアントウェルペンに銀行を設立した。ジャバッハ自身は1638年にフランスに定住し、1647年にフランス国民として帰化した。1648年にはケルンのアンナ・マリア・デ・グルート(Anna Maria de Groote)と結婚した。彼女は市の評議員の娘であり、彼女との間に4人の子供が生まれた。イギリス美術史家フランシス・ハスケル英語版は、財務総監ジャン=バティスト・コルベールの「工場」を管理するフランス東インド会社の取締役の1人であり、アムステルダムに拠点を置く商社と提携したジャバッハを「裕福な銀行家」と呼んだ。1671年にはジャバッハの財産は200万リーブルと評価されている。今では失われた、タウンハウスあるいはオテル・パルティキュリエール英語版はヌーヴ=サン=マリ通り(rue Neuve-Saint-Merri)にあり、彼はそこで劇を上演した。

コレクション編集

 
シャルル・ルブランの肖像画。カイザー=フリードリヒ美術館版。

ジャバッハは、ラファエロカラッチ兄弟、ルーベンスポール・ブリル英語版アルブレヒト・デューラーシャルル・ルブランニコラ・プッサンによる素描、絵画、彫刻、美術品、ブロンズ像、版画のコレクターとして特に有名である。ジャバッハはこれらのコレクションをイタリアルドヴィージ家英語版のコレクションや、アランデル伯爵トマス・ハワードの未亡人アリシア英語版イングランド国王チャールズ1世、その他のドイツのコレクションおよびルーベンスの遺産から得ている。彼が所有した素描の一部はヴァザーリの有名な『リブロ・デ・ディセーニ英語版』のポートフィリオに由来している。1661年から1662年、および1671年に、ジャヴァッはコレクションの多くをルイ14世に譲渡した。1671年の売却では合計5,000枚の素描を手放しており、現在これらはルーヴルに所蔵されている。

ジャバッハの肖像画は1636年から1637年のアンソニー・ヴァン・ダイクエルミタージュ美術館所蔵)や1688年のイアサント・リゴーを含む当時の著名な芸術家によって描かれ[1]、1660年頃には宮廷画家シャルル・ルブランが一家の肖像画を描いている。ルブランの肖像画は2014年以降はニューヨークメトロポリタン美術館に所蔵されていた。またヴァリアントがベルリンのカイザー=フリードリヒ美術館(現ボーデ美術館)に所蔵されていたが、こちらは第二次世界大戦の戦火で消失している[2]

ジャバッハは清教徒革命で処刑されたチャールズ1世のコレクションがロンドン競売にかけられた際にジュール・マザラン枢機卿代理人を務め、フランスやスペインの国王、あるいは神聖ローマ皇帝の代理人と購入をめぐって競った。ジャバッハは購入にあたってロンドンの代理人、特に Oudancour と呼ばれるフランス商人を用いた。彼は合計20枚を超える非常に質の高い絵画を購入し、これらのほとんどは枢機卿の死後にフランスの王室コレクションに加わった[3]

ジャバッハのコレクションの一側面は、2013年に「ルイ14世の宮廷におけるドイツ人、デューラーからヴァン・ダイクまで:北方芸術のエバーハルト・ジャバッハ・コレクション」として、ルーヴル美術館で開催された展覧会で取り上げられた[4]

絵画編集

ジャバッハが収集した著名な絵画には以下のような作品がある。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Портрет Эверхарда Ябаха (1610-1695)”. エルミタージュ美術館公式サイト. 2020年7月14日閲覧。
  2. ^ British Cede Le Brun Portrait to the Met”. ニューヨーク・タイムズ公式サイト. 2020年7月14日閲覧。
  3. ^ Brotton 2007, p.298-299.
  4. ^ A German at the Court of Louis XIV, From Dürer to Van Dyck: the Everhard Jabach collection of Northern Art”. ルーヴル美術館公式サイト. 2020年7月14日閲覧。

参考文献編集

  • Jerry Brotton英語版, The Sale of the Late King's Goods: Charles I and His Art Collection, 2007, Pan Macmillan, 9780330427098
  • Antoine Schnapper英語版, Curieux du Grand Siècle, Flammarion, 1994.
  • C. Monbeig-Goguel, « Taste and Trade: The Retouched Drawings in the Everhard Jabach Collection at the Louvre », The Burlington Magazine, 1988.
  • Collections de Louis XIV, Paris, Orangerie des Tuileries, 7 octobre 1977 – 9 janvier 1978, p. 10-20 du catalogue qui reproduit un portrait de Jabach dessiné par Le Brun, et son paraphe.
  • L'honneur de la curiosité – de Dürer à Poussin, dessins de la seconde collection Jabach, musée du Louvre, février – avril 2002, catalogue.
  • Philippe Dagen, « De Dürer à Poussin, de merveilleux dessins », Le Monde, 2 février 2002, article non signé ; « Curieux et passionné », Le Monde, 22 février 2002.

外部リンク編集

関連項目編集