エヴリン・グレース・ハートリー(Evelyn Grace Hartley、[1]1937年10月21日 - )は、1953年10月24日アメリカ合衆国ウィスコンシン州ラクロス郡から失踪したティーンエージャーである[2]。彼女の失踪は、2000人にかかわる捜査の口火となった[3][4][5]。彼女の失踪の翌年に、捜査官は、3500人を超える人々を捜査した。2018年現在、彼女の形跡は見つかっていない。

エヴリン・ハートリー(Evelyn Hartley)
生誕エブリン・グレース・ハートリー(Evelyn Grace Hartley)
(1937-11-21) 1937年11月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州ラクロス郡
失踪1953年10月24日(15歳)
ウィスコンシン州ラクロス郡
現況1953年10月24日失踪
住居ウィスコンシン州ラクロス郡
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長5フィート7インチ (1.70 m)
体重126ポンド(約57.2キログラム)ないし128ポンド(58.1キログラム)

失踪編集

1953年10月24日(土曜日)に、ラクロス州カレッジ(La Crosse State College)(現ウィスコンシン大学ラクロス校教授ヴィッゴ・ラスムッセン(Viggo Rasmussen)は、同僚教授の娘エヴリン・ハートリーを、自分の生後20ヶ月の娘の世話をするために雇った[6]。その晩、彼女の父親リチャード・ハートリー(Richard Hartley)は、娘が予定の午後8時30分に到着しなかったので、数回、ラスムッセン家に電話をかけた。だれも出なかった。彼は心配になって、その家まで車を走らせた。彼が到着すると、複数のドアは錠が掛っていて、複数の照明とラジオはついていて、物品が家中に散乱していた。居間の家具は別の場所にずらされていて、ハートリーの教科書も同様であった。彼女の靴は、1つは階上に、1つは階下に、べつべつの部屋にあった。彼の娘の割れためがねは階上にあった。娘は家に居なかった[6]

家の、家の裏側の地階のドアをのぞくすべてのドアは錠がかかっていた。そこの開け放たれた窓は網戸が外されていて、網戸は外壁に立てかけてあった。住宅所有者のものである短い脚立が、開け放れた窓のところにあった。いくつかの窓にはてこ道具を使用した跡があったし、足跡が家の敷地内で見つかった。家の中とヤードの両方から血液が見つかったし、血まみれの手の跡が約100フィートはなれた自動車整備工場とすぐ近くの家にあった。ハートリーが世話をしていた子供は、眠っていて無傷であった[7]

捜査編集

警察は、なにものかがハートリーを裏庭を通らせたが、彼女を地面に落とし、それ以上、彼女を運ばなかった、と考えた。警察はイヌをつかって、クーリー・ドライヴ(Coulee Drive)までの2ブロックにわたる一続きの彼女の臭跡に気づいた。警察は、彼女はおそらくそこで車に乗せられ、連れ去られた、と考えた。或る隣人は警察に、自分たちは1台の車が近隣をくりかえし走り回るのを見たと語り、べつの人物は、自分たちは1時間前に悲鳴が聞こえたと主張した。証人は、これは子供が遊んでいるにすぎないと考えた。事件の2日後、地元市民エド・ホファー(Ed Hofer)は警察に、自分は、車の運転中に、西方向に疾走しているビュイックと衝突しそうになった、と語った。彼は、車内には、男2人と少女1人が居た、と言った。1人の男は運転していて、もう1人の男は少女とともに後部に居た。彼は、3人は試合見物に行くと考えて、なにも考えなかった[6]

数日後、アンダーパンツ、ブラジャー、靴、ジーンズ、そしてジャケットをふくむさまざまな衣服類がさまざまな地点で見つかったが、その多くは血にまみれていた[8][9]。ジャケットに見つかった血液は、ハートリーの血液型と一致した[6]

1953年10月に、共同体の1000人を超える人々が捜索作戦に参加した。捜索者のなかには、州兵、ボーイスカウト、ラ・クロス州カレッジの学生と教員もふくまれた[7]。民間空中哨戒部隊(Civil Air Patrol)とアメリカ空軍の飛行機とヘリコプターもまた、捜索に利用された。車検査計画は、郡内のすべての車を捜索する目的で実行され、ガソリンスタンドの係員は、血液を見つけようと車を点検するように頼まれた。最近の複数の墓が、彼女の遺物が、最近の埋葬とともに埋められたかどうか見極めるためにふたたびあばかれた[3]

1954年3月に、大衆にたいする嘘発見器による試験が、ハートリーの失踪にかんするさらなる情報を得るためにラ・クロス地域の男子ハイ・スクール生にたいしておこなわれた[4]。当局は、1750人の学生と教員を試験する計画をたてたが、試験は論争を引き起こし、約300人が試験されたのちに中止になった[3]

逮捕後、謀殺犯人エド・ゲインは、当時、ラスムッセン(Rasmussen)近隣から数ブロックむこうの親戚を訪れていたため、ハートリー失踪事件の被疑者と見なされた[10]。しかし、警察は、彼の財産の捜索中に、ハートリーの遺物の形跡は見つけなかった。ゲインは、失踪との関わりを否定し、そして2回の嘘発見器による検査を通過した[11]。1957年11月に、当局は、ゲインは、ハートリーおよび1947年に失踪した8歳児ジョージア・ウェックラー(Georgia Weckler)の失踪との関与はない、と発表した[12][13]。ゲインは、精神病院に引き渡され、狂人と宣言され、1984年に死亡したが、それにもかかわらず彼を被疑者と見なしているひともなかにはいる[10]

余波編集

ハートリーの誘拐事件は、ウィスコンシン州の歴史で最大の捜索の1つとなった。彼女を見つけようとする公衆の努力のなかには、チャーリー・プロジェクト(Charley Project)とソディー・デージー・ルーツ・プロジェクト(Soddy-Daisy-Roots Project)もふくまれる。事件の直後の余波のなかで設立された懸賞金基金は6600ドル(equivalent to $62,000 in 2020年で62,000ドル相当)に達し[3] ハートリーの両親は1970年代にオレゴン州ポートランドに移り[14]、いまはふたりともに故人である。

のちの展開編集

2004年に、メル・ウィリアムズ(Mel Williams)という男が、何年もまえにバーで録音したテープを持って名乗り出た。ウィリアムズの目的はバンドの演奏を録音することであったが、2人の男のかわす会話もまた意図しないまま録音された[15]。テープ上で、男の1人は、ハートリーの失踪に関係していた。もう一人の男もまた関係していて、ウィリアムは、彼は犯行直後に自殺した、と考えた。テープ上では、男は、自分はハートリーをウィスコンシン州ラ・ファージ(La Farge)に連れて行き、そこで彼女は殺害され埋められた、と報告した。テープは、関係した男がウィリアムに録音をやめるように命じたとき終わった。ウィリアムズは、自分は録音機が止まったあと何がおこったのか思い出せない、と報告した。関係した2人の男はいまは故人である。ラ・クロス警察署のキャプテン・ミッチ・ブローマー(Captain Mitch Brohmer)は、これらのテープにたいして「われわれはそれを調査しよう」("We'll look into it")と言った。それ以上の展開はなかった[16]

脚注編集

  1. ^ The Doe Network: Case File 1388DFWI”. www.doenetwork.org. 2016年8月30日閲覧。
  2. ^ Evelyn Grace Hartley”. www.nampn.org. 2016年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d Rosso, Jerome (1978年10月22日). “Our Greatest Mystery”. La Crosse Tribune: p. 9. http://archives.lacrosselibrary.org/files/hartley/00120012.jpg 
  4. ^ a b “Lie Detector tests for 2,000 in vanished Girl Case”. The Sun-Herald (Sydney, New South Wales). (1954年5月16日). http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/12638739 
  5. ^ Edmonds, Chris (1953年10月27日). “Baby Sitter Abduction Shocks Town”. Quebec Chronicle-Telegraph. AP (Quebec City, Quebec, Canada). https://news.google.com/newspapers?nid=957&dat=19531027&id=Y_sLAAAAIBAJ&pg=1328,1920148 
  6. ^ a b c d Good, Meaghan Elizabeth. “The Charley Project: Evelyn Grace Hartley”. charleyproject.org. 2016年8月28日閲覧。
  7. ^ a b “Search Pressed for Missing Baby Sitter; Death is Feared”. The Spokesman-Review. AP. (1953年10月27日). https://news.google.com/newspapers?nid=1314&dat=19531027&id=8TBWAAAAIBAJ&pg=2047,7298484 
  8. ^ Schechter, p. 49.
  9. ^ “Bloodstained Pants Found in La Crosse Search Area”. The Daily Reporter. UP. (1953年10月22日). https://news.google.com/newspapers?nid=1907&dat=19531022&id=qWsrAAAAIBAJ&pg=3792,2704950 
  10. ^ a b Evelyn Grace Hartley – The Charley Project” (英語). charleyproject.org. 2018年9月9日閲覧。
  11. ^ Schechter, p. 177.
  12. ^ “Sanity Trial Due Farmer in Murders”. The Victoria Advocate (Victoria, Texas). (1957年11月21日). https://news.google.com/newspapers?nid=861&dat=19571121&id=a6pTAAAAIBAJ&pg=7001,2194001 
  13. ^ Schechter, Harold (2010). Deviant. Simon and Schuster. p. 177. ISBN 978-1-4391-0697-6. https://books.google.com/books?id=uQvYtm-EPTEC&pg=PA177#v=onepage 
  14. ^ White, Bill (1997年2月27日). “Hartley a trace: Whatever happened to young Evelyn Hartley”. La Crosse Tribune: p. A-6. http://archives.lacrosselibrary.org/files/hartley/00150015.jpg 
  15. ^ Old Tape Gives New Clues in Half-Century Old Death of Former Charleston Girl”. Journal Gazette & Times Courier. 2017年10月29日閲覧。
  16. ^ Writer, NATHANIEL WEST, Staff. “Old tape gives new clues in half-century-old death of former Charleston girl” (英語). JG-TC.com. http://jg-tc.com/news/old-tape-gives-new-clues-in-half-century-old-death/article_39f757c9-23d6-5f35-ae47-56809db3483c.html 2017年10月29日閲覧。 

読書案内編集