エリザ・ボナパルト

マリア=アンナ“エリザ”・ボナパルト=バッチョッキ[1]: Maria-Anna "Élisa" Bonaparte Bacciocchi Levoy, 1777年1月13日 - 1820年8月7日)は、フランス皇帝およびイタリア王であるナポレオン1世の妹[2]フランス帝国の皇女にして、イタリアにおける、ルッカおよびピオンビーノ公国トスカーナ大公国の君主である。エリザは本来の名ではなく愛称であった。夫は同郷コルシカ人のフェリーチェ・バチョッキ

エリザ・ボナパルト
Élisa Bonaparte
トスカーナ大公
Marie Guilhelmine Benoist 001.jpg
マリー=ギエルミーヌ・ブノワによるエリザ・ボナパルトの肖像画
在位 1809年-1814年
別号 ピオンビーノ女公

全名 マリア=アンナ“エリザ”・ボナパルト=バッチョッキ
出生 1777年1月13日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 コルシカ島
死去 (1820-08-07) 1820年8月7日(43歳没)
配偶者 フェリーチェ・バチョッキ
家名 ボナパルト家
王朝 ボナパルト朝
テンプレートを表示

略歴編集

1777年、コルシカ島で生まれる。1784年に当時の女子教育の最高学府であるサン=シール学院(fr)に入学するも、フランス革命による同校閉鎖によって1792年に中退を余儀なくされた。1797年にコルシカの軍人フェリーチェ・パスクヮーレ・バチョッキと結婚した。

1804年にフランス第一帝政が始まるとともに帝国の皇女となり、1806年にはルッカおよびピオンビーノ公国の女公になった。1809年にトスカーナ大公国が復活すると女大公に封じられたが、1814年にナポレオンが失脚するとともにローマに亡命した。 

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ しばしば縮めてマリアンナ(Marianna)とも表記する
  2. ^ 中野京子『中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇』文藝春秋、2016年、84頁。ISBN 978-4-16-390308-8

外部リンク編集

先代:
フランス帝国による統治)
トスカーナ女大公
1809年 - 1814年
次代:
フェルディナンド3世